「香水」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味とは?

香水の店

ここでは「香水」を表すフランス語の単語や関連するさまざまな表現について紹介していきます。

「香水」という意味で使うフランス語の単語や表現には4つがあります。

【「香水」という意味で使うフランス語】

フランス語 カタカナ読み 香料の濃度 持続時間目安
parfum パルファン 15〜30% 5〜7時間
eau de parfum オゥ ドゥ パルファン 10〜15% 5〜7時間
eau de toilette オゥ ドゥ トゥワレットゥ 5〜10% 3〜4時間
eau de Cologne オゥ ドゥ コローニュ 2〜5% 1〜2時間

香料の濃度と香りの持続時間によって使う単語や表現が異なりますので、4つの言葉を覚えるのに併せて、それぞれの違いも一緒に覚えてみましょう。

 

フランス語で「香水」を表す単語の読み方を発音

シャネルの香水

ここではフランス語で「香水」という意味で使ういくつかの単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

香水①

フランス語で

parfumパルファン

という男性名詞の単語になり、「香り」「芳香」やお菓子や食べ物の「風味」、他に物事を例えるときの「雰囲気」「印象」という意味でも使います。

「parfum(パルファン)」は、香料の濃度が15〜30%と高く、香りが持続する時間も5〜7時間と長く持続する香水になります。

濃度が高いため、少しの量でも深い香りを楽しむことができ、長持ちするのが特徴です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

香水②

シャネルの香水の瓶

フランス語で

eau de parfumオゥ ドゥ パルファン

という表現になります。

「eau(オゥ)」は、「水」という意味の女性名詞になり、特にここでは「化粧水」「薬用液」という意味で使っています。

「eau de parfum(オゥ ドゥ パルファン)」は、香料の濃度が10〜15%になり、香りの持続時間が5〜7時間になります。

濃度が比較的高いので深い香りを長時間楽しむことができますが、香料濃度が少し低いため、「parfum(パルファン)」より価格が安いのが特徴です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

香水③

フランス語で

eau de toiletteオゥ ドゥ トゥワレットゥ

という表現になり、他に「化粧水」や「オードトワレ」という意味でも使います。

「eau de toilette(オゥ ドゥ トゥワレットゥ)」は、香料の濃度が5〜10%になり、香りが持続する時間が3〜4時間になるため、日常生活で使う香水としておすすめです。

「toilette(トゥワレットゥ)」は「身支度」、特に「化粧」「洗顔」や女性の「身なり」「服装」「装い」という意味の女性名詞になります。

また、複数形「toilettes(トゥワレットゥ)」の場合は「トイレ」「お手洗い」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

香水④

フランス語で

eau de Cologneオゥ ドゥ コローニュ

という表現になり、特に「オーデコロン」という意味で使います。

「eau de Cologne(オゥ ドゥ コローニュ)」は、香料の濃度が2〜5%になり、香りが持続する時間は1〜2時間になるため、普段の生活の中で軽く使うのに適した香水になります。

「Cologne(コローニュ)」は「ケルン」というドイツの都市を表す固有名詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「香水」に関連するフランス語の表現の読み方と発音、意味

シャネルのバッグを持つ女性

ここでは「香水」に関連するさまざまなフランスの単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をして行きます。

香り①

調香の場所

フランス語で

odeurオドゥール

という女性名詞になり、「香り」や「におい」という意味で使います。

「odeur(オドゥール)」は「香り」や「におい」を表す一般的な単語になり、どんな「香り」「におい」を表すときにも使うことができる単語です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

香り②

フランス語で

fragranceフラグラォンス

という女性名詞になり、「かぐわしさ」「芳香」という意味でも使い、主に文章などで使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

香水の瓶

棚に置かれた香水の瓶

フランス語で

flacon de parfumフラコン ドゥ パルファン

という表現になります。

「flacon(フラコン)」は香水やお酒、リキュールの「小瓶」や「入れ物」「ガラス瓶」「フラスコ」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

香水店

香水店

フランス語で

parfumerieパルヒュムリ

という女性名詞になり、他に「化粧品店」や香水や化粧品の「製造業」「製造工場」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

良い香りのする

ラベンダー畑ではしゃぐ女性

フランス語で

parfuméパルフュメ

parfuméeパルフュメ

という形容詞になり、「芳香を放つ」や「香水をつけた」という意味でも使います。

2つの単語の使い分けは以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • parfumé(パルフュメ)   男性名詞を修飾するときの形
  • parfumée(パルフュメ)    女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️parfuméの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️parfuméeの発音の確認はこちら⬇️

 

香水をつける

フランス語で

se mettre du parfumス メェートル デュ パルファン

という表現になります。

「mettre(メェートル)」は、ここでは「〜をつける」「〜を塗る」「〜を身につける」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「香水」を表す単語や表現のまとめ

ここではフランス語で「香水」を意味する単語や表現、またそれぞれの言葉が表す香水の違いについて紹介をしてきました。

「香水」を表すフランス語の単語や表現は4つあります。

【「香水」という意味で使うフランス語】

  • parfum(パルファン)           香りの持続時間が長く、外出のときに適している
  • eau de parfum(オゥ ドゥ パルファン)     香りの持続時間が長く、外出のときに適している
  • eau de toilette(オゥ ドゥ トゥワレットゥ)   香りの持続時間が中程度で日常使いに適している
  • eau de Cologne(オゥ ドゥ コローニュ)   香りの持続時間が短く、シャワー後に適している

使用用途や香料の濃度による香りの持続時間で使う単語や表現が異なります。

「香水」を表す4つの言葉を覚えるときには、それぞれの違いや用途も一緒に覚えて使い分けられるようにしましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須