「光(ひかり)」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味とは?

朝日の光

ここでは「光(ひかり)」を表すフランス語の単語や、「光(ひかり)」に関連するさまざまなフランス語の表現について紹介していきます。

フランス語で「光(ひかり)」を意味する単語は大きく、「lumière(リュミエール)」と「clarté(クラルテ)」と「briller(ブリヒィエ)」の3つがあります。

3つの単語には以下のような表現の違いがあります。

【フランス語で「光」を意味する3つの単語の表現の違い】

  • lumière(リュミエール)  自然の光や電球や蛍光灯の光を表現するときに使う単語
  • clarté(クラルテ)     光の明るさや明かり、光そのものを表現するときに使う単語
  • briller(ブリヒィエ)      光の反射による輝きや人の表情が明るくなるという表現をするときに使う単語

フランス語で「光(ひかり)」を表すときに、上記で紹介した3つの単語とその表現の違いをしっかりと覚えておくことで、会話や文章で伝えたいことを正しく相手に伝えることができるようになり、コミュニケーションが円滑になります。

 

フランス語で「光(ひかり)」を表す単語の読み方と発音

森の中に差し込む光

ここでは「光(ひかり)」を表すフランス語の単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

光①

フランス語で

lumièreリュミエール

という女性名詞の単語になり、「日光」や「明かり」「照明」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

光②

フランス語で

clartéクラルテ

という女性名詞の単語になり、「明かり」や「輝き」「光沢」「明るさ」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

光に照らされた

光に照らされた女性

フランス語で

lumineuxリュミヌゥ

lumineuseリュミヌゥーズ

という形容詞単語になり、「光の」「光る」や、表情や顔色が「晴れやかな」「輝くような」という意味でも使います。

2つの単語の使い分け方は以下の通りになります。

【形容詞 lumineuxの使い分け方】

  • lumineux(リュミヌゥ)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • lumineuse(リュミヌゥーズ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️lumineuxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️lumineuseの発音の確認はこちら⬇️

 

光る

フランス語で

luireリュイール

という動詞の単語になり、「輝く」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「光(ひかり)」に関連するフランス語の表現の読み方と発音、意味

電球の光

ここではフランス語で「光(ひかり)」に関連するさまざまな表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

希望の光

希望の光

フランス語で

lumière d’espoirリュミエール デスポワール

という表現になります。

「espoir(エスポワール)」は「希望」「望み」や「期待」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

星の光

星の光

フランス語で

lumière de étoilesリュミエール ドゥ エトワル

という表現になります。

「étoile(エトワル)」はここでは夜空に輝いている「星」という意味で使っています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

太陽の光

 

太陽の光

フランス語で

lumière du soleilリュミエール デュ ソレイユ

という表現になります。

「soleil(ソレイユ)」は「太陽」「日光」「日なた」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月の光

月の光

フランス語で

clair de luneクレィア ドゥ リュヌ

という表現になります。

「clair(クレィア)」はここでは「光」「明かり」という意味の男性名詞の単語になります。

「lune(リュヌ)」は「月」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

キラキラ輝く

掌の上の金色のラメ

フランス語で

brillerブリヒィエ

という動詞の単語になり、「光る」や人の能力や才能が「秀でる」「際立つ」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

光り輝く

フランス語で

resplendirレスプラォンディール

という動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

自然光

林に差し込む自然の光

フランス語で

lumière naturelleリュミエール ナテュレル

という表現になります。

「naturelle(ナテュレル)」は「自然の」「自然界の」「天然の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「lumière(リュミエール)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 naturelの変化】

  • naturel(ナテュレル)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • naturelle(ナテュレル)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️naturelの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️naturelleの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「光(ひかり)」を表す単語や表現のまとめ

ここではフランス語で「光(ひかり)」を表す単語や、「光(ひかり)」に関連するさまざまなフランス語の表現について紹介してきました。

フランス語には、「光(ひかり)」を表す単語が3つあり、「lumière(リュミエール)」と「clarté(クラルテ)」と「briller(ブリヒィエ)」で、それぞれの単語を使うことで伝えられる意味の違いは以下のようになります。

【フランス語で「光」を表す3つの単語の意味合いの違い】

  • lumière(リュミエール)  自然の光や電球や蛍光灯の光を表現するときに使う単語
  • clarté(クラルテ)     光の明るさや明かり、光そのものを表現するときに使う単語
  • briller(ブリヒィエ)      光の反射による輝きや人の表情が明るくなるという表現をするときに使う単語

フランス語で「光(ひかり)」を表す単語を使った表現をするとき、上記3つの単語の意味合いの違いをしっかりと理解することで、会話や文章などで伝えたいことを相手に正しく伝えることができるので、ぜひ覚えてみましょう。

 

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須