フランス語で「水」を表す単語やフレーズの読み方と発音、意味とは?

透き通った水

ここではフランス語で「水」を表す単語や関連する単語やフレーズ、また「水」を表すフランス語を使ったさまざまな表現について紹介していきます。

「水」と言っても、飲める水、飲めない水であったり、海の水、川の水、水道の水など、いくつか「水」の種類があり、それぞれの表現が存在します。

また、レストランで「水」が欲しいとき、無料の水と有料の水がありますので、どちらを頼みたいのかをはっきりとお店の人に伝える必要があります。

ここではそれぞれの「水」を表す単語や表現を紹介していきますので覚えてみましょう。

 

目次

フランス語で「水」を表す単語と関連する単語の読み方と発音

さざ波の美しい水色の水面

ここではフランス語で「水」を表す単語や関連する単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

フランス語で

eauオォ

という女性名詞の単語になり、川や海、湖などの「水」、「雨」、食べ物の「水分」、「化粧水」という意味としても使われる単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水(複数形)

フランス語で

eauxオォ

という女性名詞の単語の複数形になり、複数形で使われるときは、水のある「湖」「海」、水が出ている「噴水」、「温泉」、船の「航路」という意味として使われます。

単語の発音は、単数形の「eau(オォ)」と同じになります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水(水そのもの)

フランス語で

l’eauロォ

という表現になります。

「l’eau(ロォ)」は女性名詞につく定冠詞「la(ラ)」がついており、直後の単語「eau(オォ)」の語頭が母音のため、短縮形の「l’」という形になっています。

ここでの定冠詞は、概念としての「水」を表すとき、すでに知られているもの、目の前にあるものを表す役割になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水(一定の量の水)

グラスの中の水

フランス語で

de l’eauドゥ ロォ

という表現になります。

ここでは数えられない名詞(不可算名詞)につく部分冠詞の「de la(ドゥ ラ)」が付き、「la(ラ)」の直後の単語の語頭が母音で始まるため、短縮形の「de l’」という形になっています。

ここでの部分冠詞は、食べ物の一部を食べる、飲み物の一定量を飲む、または一定量の「水」を表現するための役割を持っています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「水」の種類を表すさまざまな表現の読み方と発音、意味

川の流れ

ここではフランス語の「水」の種類を伝えるさまざまな表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて紹介していきます。

飲料水

グラスの水を飲む女性

フランス語で

eau potableオォ ポターブル

という表現になり、「飲み水」という意味としても使われます。

「potable(ポターブル)」は水が「飲用に適した」という意味の形容詞の単語になり、名詞の性が男性名詞か女性名詞かによって変化しない形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

飲めない水

フランス語で

eau non potableオォ ノン ポターブル

という表現になります。

「non(ノン)」はここでは「否定」の意味をとなり、ここでは「non potable(ノン ポターブル)」で「飲用ではない」「飲めない」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水道水

水道から流れる水

フランス語で

eau de robinetオォ ドゥ ロホビネ

という表現になります。

「robinet(ロホビネ)」はここでは水道の「蛇口」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

普通の飲み水

机の上のグラスの水

フランス語で

eau plateオォ プラートゥ

という表現になります。

「plate(プラートゥ)」はここでは水が「炭酸ガスを含んでいない」「普通の」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞「eau(オォ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 platの変化】

  • plat(プラ)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • plate(プラートゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話で使うときに注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️platの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️plateの発音の確認はこちら⬇️

 

ミネラルウォーター

ボトル入りのミネラルウォーター

フランス語で

eau minéraleオォ ミネラハル

という表現になります。

「minérale(ミネラハル)」は「鉱物の」「鉱物質の」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 minéralの変化】

  • minéral(ミネラハル)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • minérale(ミネラハル)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️minéralの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️minéraleの発音の確認はこちら⬇️

 

炭酸水

炭酸水

フランス語で

eau gazeuseオォ ガズゥーズ

という表現になり、「ガス入りの水」という意味としても使われます。

「gazeuse(ガズゥーズ)」はここでは飲み物が「炭酸ガス入りの」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 gazeuxの変化】

  • gazeux(ガズゥ)    男性形  男性名詞を修飾する形
  • gazeuse(ガズゥーズ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️gazeuxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️gazeuseの発音の確認はこちら⬇️

 

地下水

フランス語で

eau souterraineオォ スゥテラレヘーヌ

という表現になります。

「souterraine(スゥテラレヘーヌ)」は「地下の」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞であるため、女性系の形になっています。

【形容詞 souterrainの変化】

  • souterrain(スゥテラハン)    男性形  男性名詞を修飾する形
  • souterraine(スゥテラレヘーヌ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペルと発音ともに異なりますので、文章と会話で使うときに変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️souterrainの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️souterraineの発音の確認はこちら⬇️

 

軟水

フランス語で

eau douceオォ ドゥース

という表現になり、「淡水」「真水」という意味としても使われます。

「douce(ドゥース)」は「甘い」「マイルドな」「優しい」「穏やかな」「柔らかい」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 douxの変化】

  • doux(ドゥー)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • douce(ドゥース)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペルと発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️douxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️douceの発音の確認はこちら⬇️

 

硬水

フランス語

eau dureオォ デュール

という表現になります。

「dure(デュール)」は「硬い」「固い」の他に、「難しい」「苦しい」「厳しい」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 durの変化】

  • dur(デュール)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • dure(デュール)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️durの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dureの発音の確認はこちら⬇️

 

海水

綺麗な海と白い砂浜

フランス語で

eau de merオォ ドゥ メェール

という表現になります。

「mer(メェール)」は「海」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

川の水

川の流れ

フランス語で

eau couranteオォ クラホーントゥ

という表現になり、「流水」「水道の水」「流れる水」という意味としても使われます。

「courante(クラホーントゥ)」はここでは「流れる」という意味の形容詞の単語になり、他に「普通の」「日常の」「今の」「現在の」という意味もあります。

ここでは「courante(クラホーントゥ)」が修飾する名詞「eau(オォ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 courantの変化】

  • courant(クラホン)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • courante(クラホーントゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️courantの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️couranteの発音の確認はこちら⬇️

 

雨水

雨の中傘をさして歩く二人

フランス語で

eau de pluieオォ ドゥ プリュイ

という表現になります。

「pluie(プリュイ)」は「雨」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水源

水源

フランス語で

point d’eauポワン ドォ

という表現になり、砂漠などの「水場」という意味としても使われます。

「point(ポワン)」はここでは「地点」「点」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

湧水

フランス語で

eau de sourceオォ ドゥ スルフス

という表現になり、「わき水」という意味としても使われます。

「source(スルフス)」はここでは川の「水源」「源泉」「泉」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

冷水

ピッチャーの冷たい水

フランス語で

eau froideオォ フロワッドゥ

という表現になり、「冷たい水」「冷えた水」を表すときに使います。

「froide(フロワッドゥ)」はここでは「冷たい」「冷えた」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 froidの変化】

  • froid(フロワ)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • froide(フロワッドゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️froidの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️froideの発音の確認はこちら⬇️

 

温水

温水の蛇口

フランス語で

eau chaudeオォ ショッドゥ

という表現になり、「温かい水」「温めた水」を表すときに使われます。

「chaude(ショッドゥ)」はここでは「温かい」「熱い」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「eau(オォ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 chaudの変化】

  • chaud(ショ)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • chaude(ショッドゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️chaudの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️chaudeの発音の確認はこちら⬇️

 

熱湯

カップに熱湯を注いでいるところ

フランス語で

eau bouillanteオォ ブイヤーントゥ

という表現になり、「沸騰したお湯」という表現としても使われます。

「bouillante(ブイヤーントゥ)」はここでは「沸騰している」「煮えたぎっている」「非常に熱い」という意味の形容詞となり、ここでは修飾する名詞「eau(オォ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 bouillantの変化】

  • bouillant(ブイヤン)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • bouillante(ブイヤーントゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️bouillantの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️bouillanteの発音の確認はこちら⬇️

 

温泉水

温泉水

フランス語で

eaux thermalesオォ テェアマル

という表現になります。

「tharmale(テェアマル)」は「温泉の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「eaux(オォ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 thermalの変化】

  • thermal(テェアマル)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • thermale(テェアマル)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️thermalの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️thermaleの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「水」に関連するさまざまな表現の読み方と発音、翻訳

ここでは「水」に関連するフランス語のさまざまな表現について、日本語の翻訳、意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

化粧水

化粧水

フランス語で

eau de toiletteオォ ドゥ トゥワレットゥ

という表現になり、「オードトワレ」という意味としても使われます。

「toilette(トゥワレットゥ)」はここでは「化粧」「洗面」「身支度」という意味の女性名詞の単語になり、他に「トイレ」「お手洗い」「洗面所」を表すときにも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ローズウォーター

ローズウォータの小さなボトル

フランス語で

eau de roseオォ ドゥ ロホーズ

という表現になります。

「rose(ロホーズ)」は「バラの花」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水道局

フランス語で

service des eauxセルフヴィス デ ゾォ

という表現になります。

「service(セルフヴィス)」はここでは役所や企業などの「部局」「課」、また「公的業務」「公共機関」という意味のダン英名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水道管

組み上げ式の水道管

フランス語で

conduite d’eauコンデュイットゥ ドォ

という表現になります。

「conduite(コンデュイットゥ)」はここでは水などを通す「導管」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水滴

水滴

フランス語で

goutte d’eauグゥットゥ ドォ

という表現になります。

「goutte(グトゥットゥ)」は「しずく」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

噴水①

噴水

フランス語で

jet d’eauジェ ドォ

という表現になります。

「jet(ジェ)」はここでは液体やガスなどの「噴出」「噴射」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

噴水②

噴水

フランス語で

fontaineフォンテェーヌ

という女性名詞の単語になり、「水飲み場」「給水所」、自然の「湧き水」「泉」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

池

フランス語で

pièce d’eauピエス ドォ

という表現になります。

「pièce(ピエス)」はここでは「1個の」「1片の」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水面

フランス語で

surface de l’eauスュルファス ドゥ ロォ

という表現になります。

「surface(スュルファス)」はここでは「表面」「水面」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ウォーターサーバー

フランス語で

distributeur d’eauディストリビュトゥール ドォ

という表現になります。

「distributeur(ディストリビュトゥール)」は「販売機」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

排水

フランス語で

eaux uséesオォ ズュゼェ

という表現になり、「汚水」という意味としても使われます。

「usée(ユゼェ)」はここでは「使用済みの」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞「eaux(オォ)」が女性名詞の単語になるため、女性形の形になっています。

【形容詞 uséの変化】

  • usé(ユゼェ)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • usée(ユゼェ)    女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️uséの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️uséeの発音の確認はこちら⬇️

 

 

「水」を表すフランス語を使ったさまざまなフレーズの読み方と発音、翻訳

ここでは「水」という意味のフランス語を使ったさまざまなフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

水をください

フランス語で

De l’eau, s’il vous plaît.ドゥ ロォ スィル ヴ プレ

という表現になります。

レストランやカフェでこのフレーズで「水」を頼むと、有料のミネラルウォーターが出てくるので注意して使いましょう。

また、「s’il  vous plaît(スィル ヴ プレ)」は「〜をください」「〜をお願いします」のように、相手に何かを頼んだり、依頼をするときに非常によく使う表現になりますので、覚えておきましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水をください(無料)

フランス語で

Une carafe d’eau, s’il vous plaît.ユヌ キャラハフ ドォ スィル ヴ プレ

という表現になります。

「carafe(キャラハフ)」は水やワインを入れるガラスの瓶の「カラフ」という意味の女性名詞の単語で、「デキャンタ」や「ピッチャー」のことになります。

レストランやカフェで無料の水が欲しいときのフレーズになります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水をどうぞ

フランス語で

Voilà de l’eauヴォワラ ドゥ ロォ

という表現になります。

「voilà(ヴォワラ)」は「それが〜である」や「どうぞ」という意味の副詞の単語になります。

レストランやカフェの店員が「水」を持ってきてくれたや、あなたが誰かに「水」を差し出すときに適切な表現です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水を飲む

フランス語で

boire de l’eauボワールフ ドゥ ロォ

という表現になります。

「boire(ボワールフ)」はここでは「〜を飲む」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「水」を表す単語やフレーズのまとめ

ここではフランス語で「水」を表す単語や関連するさまざまな表現、フレーズについて紹介してきました。

「水」と一言で言っても、飲める水、飲めない水やお店で売っている水、サービスの中で無料でもらえる水など、さまざまあり、適切な場面で正しく伝えることが必要になります。

違いを理解はしていても、相手に伝えるとき明確に言葉にして伝えてあげないと、コミュニケーションミスが発生します。

それぞれの「水」を表す言葉をしっかりと覚え、必要とするもの、伝えたいことをしっかりと伝えられるようにしましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須

Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/unicon/france-love.com/public_html/wp-content/themes/shaper/lib/common.php on line 240