フランス語で「虹色」や「虹」を表す単語やフレーズ、その発音と読み方とは?

ここではフランス語で「虹」や「虹色」を表す単語、またさまざまなフレーズについて紹介していきます。

フランス語で「虹」に関連する単語は2つがあります。

【「虹」に関連する単語】

  • arc-en-ciel(アルカンシエル) 「虹」を表すときに最もよく使われる単語
  • irisé(イリゼ)          「虹色の」という色を表すときに使われる単語

「虹」を表すフランス語として一番よく知られており、よく使われているのは「arc-en-ciel(アルカンシエル)」ですが、「irisé(イリゼ)」という単語があることも覚えておくと便利です。

 

フランス語で「虹色」や「虹」を表す単語とその発音や読み方

古城にかかる虹

ここではフランス語で「虹色」や「虹」を表す「アルカンシエル」という単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

虹①

青空にかかる虹

フランス語で

arc-en-cielアルクォンスィエル

という男性名詞の単語になり、「虹色」を表すときにも使われます。

「arc(アルク)」は「弓」や「弧」「アーチ」という意味の男性名詞、「ciel(スィエル)」は「空」「天」という意味の男性名詞の単語になります。

そのまま翻訳すると「空にかかるアーチ」という表現になります。

「arc-en-ciel(アルク オン スィエル)」を「虹」という単語として使うとき、各単語の間の「-」は必須になります。

また、発音をカタカナで表記すると「arc-en-ciel(アルク オン スィエル)」となりますが、実際に発音するときには「arc-en-ciel(アルクォンスィエル)」となります。

これは語末の子音とその直後の単語の語頭の母音がくっついて発音されるためで、フランス語では「enchaînement(アンシェヌマン)」と呼ばれる現象です。

「enchaînement(アンシェヌマン)」は「連鎖」「連続」「つながり」という意味があり、発音で「enchaînement(アンシェヌマン)」が働くのは、子音で終わった単語の直後の単語の語頭が母音で始まることが原則になります。

ここでは「arc(アルク)」の語末が子音「c」、「en(オン)」の語頭「e」が母音であるため、このルールが当てはまります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹②

フランス語で

l’arc-en-cielラルクォンスィエル

という単語になります。

「arc-en-ciel(アルクォンスィエル)」に定冠詞「le(ル)」が付いた形で、「le(ル)」の直後の単語「arc(アルク)」が母音から始まるため、「l’」という省略形となり、「l’arc-en-ciel(ラルクォンスィエル)」となります。

定冠詞は「特定されるもの」を伝えるときに付き、ここでは「目の前にあるもの」「すでに話題に上がっているもの」「世界で一つしかないもの」を表現するときに使います。

ここでは目の前に出ている「虹」を表すときや、会話の話題に上がっている「虹」を表すときに「l’arc-en-ciel(ラルクォンスィエル)」を使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹色の①

滝にかかる虹

フランス語で

arc-en-cielアルク オン スィエル

という形容詞の単語になり、修飾する名詞が男性名詞か女性名詞かに関係なく変化はしません。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹色の②

虹色のマグカップ

フランス語で

iriséイリゼ

という単語になります。

【形容詞 iriséの変化】

  • irisé(イリゼ)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • irisée(イリゼ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️iriséの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️iriséeの発音の確認はこちら⬇️

 

虹色に輝かせる

フランス語で

iriserイリゼ

という動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹色に輝く

虹が描かれた風景画

フランス語で

s’iriserシリゼ

という動詞の単語になり、「虹色になる」という表現でも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹色の輝き

フランス語で

irisationイリザスィヨン

という女性名詞の単語になり、「玉虫色の輝き」という表現としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「虹」に関連するフランス語の単語とさまざまなフレーズ

虹色の花畑

ここではフランス語で「虹」という言葉に関連したフレーズや、「虹」を表す単語を使ったさまざまなフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

虹の7色

虹色の通路

フランス語で

les sept couleurs de l’arc-en-cielレ セット クレォー ドゥ ラルクオンスィエル

という表現になります。

「sept(セット)」はここでは「7つ」という名詞、「couleur(クレォー)」はここでは「色」「カラー」という意味の女性名詞の単語になり、「sept couleurs(セット クレォー)」で「7色」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹彩

フランス語で

irisイリス

という男性名詞の単語になり、他に「あやめ」という花を表すときにも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹色の光

プリズマに反射した虹色の光

フランス語で

lumière iriséeルミエール イリゼ

という表現になります。

「lumière(ルミエール)」はここでは「日光」や「光」という意味の女性名詞の単語になります。

形容詞「irisé(イリゼ)」が修飾する名詞の「lumière(ルミエール)」は女性名詞であるため、女性形の「irisée(イリゼ)」に変化しています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ニジマス

ニジマス

フランス語で

arc-en-cielアルク オン スィエル

という単語になります。

英語では「Rainbow Trout」という表現、日本語の漢字では「虹鱒」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虹が出ている

滝にかかる虹

フランス語で

Il y a un arc-en-cielイリ ヤ アン ナルクオンスィエル

という表現になります。

「il y a(イリ ヤ)」はここでは「〜がある」という動詞の意味があり、ここでは「虹がある」という表現で使われています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月の虹

月明かりの虹

フランス語で

arc-en-ciel de luneアルクオンスィエル ドゥ リュヌ

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「虹」や「虹色」を表す単語やフレーズのまとめ

ここではフランス語で「虹」や「虹色」を表す単語やさまざまなフレーズについて紹介してきました。

フランス語で「虹」や「虹色」を表す単語は「arc-en-ciel(アルカンシエル)」と「irisé(イリゼ)」の2つがあり、よく使われるのは「arc-en-ciel(アルカンシエル)」です。

「虹」を表す単語は2つのあることも一緒に覚えて使ってみましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須