「音楽用語」に関するフランス語の読み方と発音、意味とは?

音楽関連の部屋

ここではフランス語で音楽に関連する「音楽用語」を表すときに使うさまざまな単語や表現について紹介していきます。

ここで紹介する「音楽用語」は、普段の生活の中でよく使う音楽用語の単語や音楽のジャンルについて、フランス語で伝えるときに使う単語や表現について紹介していきますので、ぜひ覚えて使えるようにしていきましょう。

 

よく使うフランス語の「音楽用語」の単語の読み方と発音、意味

仲間同士で楽しむ風景

ここではフランス語の「音楽用語」に関連する単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

音楽

フランス語で

musiqueミュズィック

という女性名詞の単語になり、他に「音楽作品」や「楽曲」「曲」「メロディ」「楽団」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

楽器

部屋に置かれた楽器

フランス語で

instrumentアンストリュマォン

という男性名詞になり、他に「道具」「器具」「手段」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ヘッドフォンをつけた女性

フランス語で

noteノォットゥ

という女性名詞の単語になり、主に音符が表す「音」「音符」、ピアノなどの「キー」「鍵」という意味になります。

また「note(ノォットゥ)」は「メモ」「通達」「文書」や「勘定書」「伝票」、また声などの「トーン」、絵などの「色調」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音符

フランス語で

note de musiqueノォットゥ ドゥ ミュズィック

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で

chansonシャォンソン

という女性名詞になり、小鳥などの「歌声」「さえずり」、風や川のせせらぎなどの「快い音」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

楽譜

フランス語で

morceauモォルソォ

という男性名詞になり、「小曲」や楽曲の「一節」という意味でも使います。

また「morceau(モォルソォ)」は、食べ物などの「一片」「一切れ」や食肉などの「部位」、「断片」「1個」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

作曲

フランス語で

compositionコンポズィスィヨン

という女性名詞になり、創作された「作品」や「創作」という意味になります。

また「composition(コンポズィスィヨン)」は、「構成」「編成」「成分」や小、中学校、高校の「試験」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

楽譜

楽譜

フランス語で

partitionパァルティスィヨン

という女性名詞になり、「譜面」「楽曲」「総譜」という意味になります。

また「partition(パァルティスィヨン)」は、国や領土の「分割」、「区切り」「パーティション」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

リズム

フランス語で

rythmeリィトゥム

という男性名詞になり、音楽の「リズム」「拍子」や運動や生活の中で規則性のある動きの「テンポ」「速さ」「ペース」、文章などの「調子」、詩の「韻律」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

テンポ

フランス語で

tempoテンポォ

という男性名詞になり、音楽などの「速度」「調子」「速さ」「リズム」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

メロディ

フランス語で

mélodieメロディ

という女性名詞になり、曲の「旋律」「調べ」や詩などの「韻律」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コンサート

コンサート会場

フランス語で

concertコンセェール

という男性名詞になり、「演奏会」という意味でも使います。

また、複数形の「concerts(コンセェール)」の場合、「楽団」「合奏団」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽のジャンルを表すフランス語の「音楽用語」の読み方と発音、意味

レコードのジャケット

ここでは音楽のジャンルを表すフランス語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

ポップス

フランス語で

popsポォップス

という女性名詞になり、「ポップミュージック」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ロックンロール

ロックのレコード

フランス語で

rock’n’rollロォッケンロォール

という男性名詞になり、「ロックンロール」という意味になり、「rock and roll(ロォック アェンド ロォール)」で表すこともあります。

また会話の中で、「常識に反した」「騒然とした」という意味の形容詞としての意味で使うこともあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ジャズ

ジャズバンド

フランス語で

jazzジャズ

という男性名詞になり、「ジャズバンド」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

クラシック

クラシックコンサート

フランス語で

classiqueクラスィック

という男性名詞になり、「クラシック音楽」の他に、ギリシャ・ローマの「古典作家」、フランスの「古典的名作」という意味でも使います。

また「classique(クラスィック)」は形容詞として、「古典の」「古典的な」「古典主義の」「よくある」「ありきたりな」と意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ヒップホップ

フランス語で

hip hopイィプ オォップ

という男性名詞になります。

また、形容詞として「ヒップホップの」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

オルタナティブ

フランス語で

alternativeアルテァナティーヴ

という女性名詞になり、「代わるもの」「交互に入れ替わること」という意味でも使います。

オルタナティブミュージックとは、商業主義的な音楽や人気の音楽とは一線を画す先進的な音楽のことを指します。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ゴスペル

ゴスペルを歌う人々

フランス語で

gospelゴォスペル

という男性名詞になり、「ゴスペルソング」という意味でも使います。

ゴスペルとは、キリスト教の讃美歌に対し、一般大衆の間で生まれた福音唱歌のことになります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

レゲエ

レゲエの歌手

フランス語で

reggaeレゲェ

という男性名詞になります。

また形容詞で「レゲエの」という意味でも使うことがあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ラップ

フランス語で

rapラァップ

という男性名詞になり、「ラップミュージック」という意味で使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ダンス

DJとホールの人々

フランス語で

danceダァンス

という女性名詞になり、「ダンスミュージック」という意味で使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「音楽用語」に関連する単語や表現のまとめ

ここでは普段の会話や生活の中でよく使う「音楽用語」を表すフランス語の単語や表現について紹介してきました。

ここでは専門的な音楽の言葉ではなく、日常会話の中で使うことがある音楽に関連する言葉や音楽のジャンルを表す言葉について紹介していますので、しっかりと覚えてコミュニケーションの中で使えるようにしていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須