「トマト」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味とは?

さまざまな種類のトマト

ここでは、野菜の「トマト」を表すフランス語の単語や、関連するフランス語の表現、フレーズについて紹介していきます。

フランスのスーパーマーケットやマルシェでは、夏になると数多くのトマトが店頭に並びます。

色や大きさ、形から、味や食感まで幅広い種類のトマトがあり、作りたい料理に合わせてそれぞれのトマトを使い分けています。

「トマト」を表すフランス語の単語や表現を覚えるのに併せて、フランスにはさまざまな種類のトマトがあることも知っておくだけでも面白いと思います。

 

「トマト」を表すフランス語の単語の読み方と発音

お皿に盛ったトマト

ここでは野菜の「トマト」を表すフランス語の単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

トマト①

トマト

フランス語で

tomateトマトゥ

という女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

トマト②

フランス語で

la tomateラ トマトゥ

という女性名詞の単語になり、特定の「トマト」を表現するときに使います。

「la(ラ)」は女性名詞に付く定冠詞になり、目の前にあるものや、すでに会話や文章などで登場したものを指す働きとして使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

プチトマト

プチトマト

フランス語で

tomate ceriseトマトゥ スリーズ

という表現になり、「チェリートマト」や「ミニトマト」という表現としても使います。

「cerise(スリーズ)」は「さくらんぼ」という意味の女性名詞の単語になります。

日本でいう「プチトマト」が、フランス語で「tomate cerise(トマトゥ スリーズ)」と表現されるのは、フランスの「プチトマト」が、酸味と甘みのバランスがとてもよく、パリッとした皮の食感で、まるでさくらんぼのようであるから、であるようです。

フランスの「プチトマト」には30種ほどの種類があり、色が赤いものや黄色いもの、形が円形のものから細長い楕円形の形までさまざまです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「トマト」に関連するフランス語の表現の読み方や発音、意味

マルシェの店頭に並ぶトマト

ここでは野菜の「トマト」に関連するフランス語のフレーズや表現について、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

完熟トマト

完熟のトマト

フランス語で

tomate mûreトマトゥ ミュール

という表現になり、「熟れたトマト」という意味としても使います。

「mûre(ミュール)」は野菜や果物などが「熟した」「熟れた」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「tomate(トマトゥ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 mûrの変化】

  • mûr(ミュール)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • mûre(ミュール)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️mûrの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️mûreの発音の確認はこちら⬇️

 

青いトマト

青いトマト

フランス語で

tomate verteトマトゥ ヴェルトゥ

という表現になり、「熟れていないトマト」という意味としても使います。

「verte(ヴェルトゥ)」はここでは「熟していない」「熟成していない」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「tomate(トマトゥ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 vertの変化】

  • vert(ヴェール)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • verte(ヴェルトゥ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️vertの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️verteの発音の確認はこちら⬇️

 

熟れていないトマト

熟していない青いトマト

フランス語で

tomate pas mûreトマトゥ パ ミュール

という表現になり、「熟していないトマト」という表現としても使います。

「pas(パ)」はここでは「〜ない」という否定の表現の副詞になります。

「mûre(ミュール)」は「熟した」「熟れた」という意味の形容詞になり、「pas mûre(パ ミュール)」で「熟していない」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

トマトジュース

トマトジュース

フランス語で

jus de tomateジュ ドゥ トマトゥ

という表現になります。

「jus(ジュ)」は「ジュース」や「(果物の)汁」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

トマトソース

トマトソース

フランス語で

sauce à la tomateソォース ア ラ トマトゥ

という表現になります。

「sauce(ソォース)」は料理の「ソース」という意味の女性名詞の単語になります。

「à la(ア ラ)」を付けず単純に「sauce tomate(ソォース トマトゥ)」と表現することもできます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

トマトピューレ

トマトピューレ

フランス語で

purée de tomatesピュレ ドゥ トマトゥ

という表現になります。

「purée(ピュレ)」は、野菜などを煮て、裏ごしをした料理の「ピューレ」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

トマトペースト

フランス語で

pâte de tomateパァ ドゥ トマトゥ

という表現になります。

「pâte(パートゥ)」はここでは「ペースト状のもの」「練り状のもの」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

トマトケチャップ

ケチャップとフライドポテト

フランス語で

ketchup aux tomatesケチャップ オ トマトゥ

という表現になります。

「ketchup(ケチャップ)」はそのまま「ケチャップ」を意味する男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「トマト」を表すフランス語の単語や表現のまとめ

ここでは野菜の「トマト」を表すフランス語の単語や、「トマト」に関連する表現やフレーズについて紹介してきました。

フランスのスーパーマーケットやマルシェでは、夏になると形や大きさ、色など、さまざまな種類の「トマト」が店頭に並べられます。

見た目の違いだけでなく、味や食感、含まれる水分の違いなどもさまざまあり、作りたい料理に合わせて使い分けています。

「トマト」が旬の時期である夏頃にフランスを訪れたときには、ぜひフランスの「トマト」を楽しんでみて、味わってみてください。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須