【厳選12選】フランス語の人生に役立つ偉人が残した名言集

本を読むスパイダーマン

ここでは過去の偉大な人物が残した名言について、フランス語で紹介をしていきます。

普段の生活の中でさまざまなチャレンジをしていたり、日々自分の成長のために勉強を続けていると、偉人や成功者が残した言葉をふと目にしたときに、心が軽くなったり、目の前に少し光が差し込むような経験をすることがあると思います。

今日の自分より明日の自分を成長させるために努力しているときに役立つ名言について、フランス語で学んでいきましょう。

目次

【人生編①】心が強くなるフランス語の名言

ここでは人生において、知っていると心強い偉人が残した名言について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

人生における後悔とは、やりたいことをやらなかった後悔だけだ

フランス語で

Dans la vie on ne regrette que ce qu’on n’a pas faitダォン ラ ヴィ オン ヌ ルグレットゥ ク ス クォン ナ パ フェ

という表現になり、ジャンコクトーが残した名言になります。

「dans(ダォン)」は英語の「in」「into」と同じ意味、役割の単語になり、ここでは「〜の中で」「〜において」という意味になります。

「vie(ヴィ)」は「人生」「一生」「生涯」という意味の女性名詞の単語になります。

「regrette(ルグレトゥ)」は「regretter(ルグレテ)」が原形になり、「〜を悔やむ」「〜を後悔する」「〜を残念に思う」という意味の動詞になります。

「fait(フェ)」は、発生した「事」「事実」「行為」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

一つの悪い経験の方が良い助言よりも価値がある

フランス語で

Une mauvaise expérience vaut mieux qu’un bon conseilユヌ モヴェズ エクスペリアォンス ヴォ ミユ キャン ボン コンセイユ

という表現になり、ポールバレリーが残した名言になります。

「une(ユヌ)」は「1つの」「1人の」という意味の名詞になり、ここでは女性形の形になっています。

「mauvaise(モヴェーズ)」は経験として「悪い」「つらい」「苦しい」「悲しい」「不幸な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「expèrience」が女性名声であるため女性形の形になっています。

「expérience(エクスペリアォーンス)」は「経験」「体験」という意味の女性名詞になります。

「vaut(ヴォ)」は「valoir(ヴァロワール)」が原形になり、「〜する価値がある」という意味の動詞になります。

「mieux(ミユ)」は「より良い」「最も良い」という意味の副詞になります。

「bon(ボン)」は「良い」「優れた」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「conseil(コンセイユ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

「conseil(コンセイユ)」は「アドバイス」「助言」「忠告」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

試練なき人生は勝ち取るに値しない

フランス語で

Une vie sans examen ne vaut pas la peine d’être vécueユヌ ヴィ サォン エグザマン ヌ ヴォ パ ラ ペーヌ デトル ヴェキュ

という表現になり、ソクラテスが残した名言になります。

「sans(サォン)」は「〜なしに」「〜がない」という意味の前置詞になります。

「examen(エグザマン)」は「試験」「テスト」という意味の男性名詞の単語になります。

「ne(ヌ)」は否定を表す単語で、「ne 〜 pas」の形で「〜のない」「〜ない」という意味になります。

「peine(ペーヌ)」は「苦労」や精神的な「苦痛」「苦しみ」「悲しみ」という意味の女性名詞の単語になります。

「vécue(ヴェキュ)」は「現実の」「実際にあった」「経験された」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

【人生編②】心が軽くなるフランスの偉人が残した名言

切り立った山を見上げる女性

ここでは人生において、辛いときや壁にぶつかったときに知っていると心が軽くなる偉人が残した名言について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

失敗には1つのやり方しか存在しない、それは成功する前に諦めること

フランス語で

Il n’y a qu’une façon d’échouer, c’est abandonner avant d’avoir réussiイル ニ ヤ キュヌ ファソン デシュエ セ タバォンドネ アバォン ダヴォワ レユスィ

という表現になり、クレマンソーが残した名言になります。

「façon(ファソン)」は「やり方」「流儀」「仕方」という意味の女性名詞になります。

「d’échouer(デシュエ)」は「de + échouer」の組み合わせになり、ここでは前置詞「de(ドゥ)」の直後の単語の語頭が母音であるため、エリズィヨンとなり「d’échouer(デシュエ)」の形になっています。

「de(ドゥ)」は英語の「to」と同じ働きになり、不定詞とくっついて「〜すること」という意味を持ちます。

「échouer(エシュエ)」は「失敗する」という意味の動詞になります。

「abandonner(アバォンドネ)」は「〜を放棄する」「〜を断念する」という意味の動詞になります。

「avant(アヴァン)」は「avant + de + 不定詞」の組み合わせで「〜する前に」という意味で使います。

「d’avoir(ダヴォワール)」は「de + avoir」の組み合わせになり、ここでは前置詞「de(ドゥ)」の直後の単語の語頭が母音であるためエリズィヨンとなり、「d’avoir(ダヴォワール)」の形になっています。

「avoir(アヴォワール)」は「〜である」という意味で状態を表す動詞になります。

「réussi(レユスィ)」は「成功した」「よくできた」「うまくいった」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

私たちの人生は努力を払ったものの価値になる

フランス語で

Notre vie vaut ce qu’elle nous a coûté d’effortsノォトル ヴィ ヴォ ス ケル ヌー ア クテ デフォル

という表現になり、フランソワモーリックが残した名言になります。

「notre(ノォトル)」は「私たちの」「我々の」という意味の所有を表す形容詞になります。

「nous(ヌー)」は一般的な人間を指して「私たち」という意味の人称代名詞になります。

「coûté(クテ)」は「coûter(クテ)」が原形になり、人に苦痛や損失などを「支払わせる」「被らせる」という意味の動詞になります。

「effort(エフォール)」は「頑張り」「努力」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

止まない雨はない

フランス語で

Après la pluie, le beau tempsアプレ ラ プリュィ ル ボウ タォン

という表現になります。

「après(アプレ)」は「〜のあとで」という意味の前置詞になり、英語の「after」と同じ意味の単語になります。

「pluie(プリュィ)」は「雨」「雨降り」という意味の女性名詞の単語になります。

「beau(ボウ)」は「美しい」「晴れた」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「temps(タォン)」が男性名詞であるため、男性形になっています。

「temps(タォン)」はここでは「天気」「気候」という意味の男性名詞になり、「beau temps(ボウ タォン)」で「晴天」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

【恋愛編】心が強くなるフランスの偉人が残した名言

自転車に乗る2人の男女

ここでは恋愛において、知っていると心強いフランスの偉人が残した名言について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

香水をつけない女性に未来はない

フランス語で

Une femme sans parfum est une femme sans avenirユヌ ファム サォン パルファン エ テュヌ ファム サォンズ アヴニール

という表現になり、ココシャネルが残した名言になります。

「femme(ファム)」は「女性」「女」「成人した女性」という意味の女性名詞になります。

「sans(サォン)」は「〜なしで」「〜がなければ」という意味の前置詞になります。

「parfum(パルファン)」は「香り」「香水」という意味の男性名詞になります。

「avenir(アヴニール)」は「未来」「将来」という意味の男性名詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

何かを愛すること、それはその何かと老いることを受け入れること

フランス語で

Aimer un être, c’est accepter de vieillir avec luiエメ ア ネートル セ タクセプテ ドゥ ヴィエイール アヴェク リュィ

という表現になり、カミュが残した名言になります。

「aimer(エメ)」は人を対象に「〜を愛する」という意味の動詞になります。

「accepter(アクセプテ)」は「〜を受け入れる」「〜受容する」という意味の動詞になります。

「vieillir(ヴィエイール)」は「老いる」「年をとる」「老後を過ごす」という意味の動詞になります。

「avec(アヴェク)」は「〜と一緒に」「〜とともに」という意味の前置詞になります。

「lui(リュイ)」は「それ自体」や「彼(彼女)に」という意味の代名詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

生きる、それは愛するを学ぶこと

フランス語で

Vivre, c’est apprendre à aimerヴィーヴル セ タプラォンドル ア エメ

という表現になります。

「vivre(ヴィーヴル)」は「生きる」「生活する」「人生を享受する」という意味の動詞になります。

「apprendre(アプラォーンドル)」は「〜を学ぶ」や知識や情報など「〜を得る」「〜を知る」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

【勉強編】心が強くなるフランス語の名言

本に囲まれて勉強する女性

ここでは勉強や学習という点において、視野が広がる偉人が残した名言について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

良い人からは良い教訓が得られる

フランス語で

Des gens de bien viennent les bonnes leçonsデ ジャン ドゥ ビヤン ヴィエンヌ レ ボンヌ ルソン

という表現になり、アリストテレスが残した名言になります。

「gens(ジャン)」は「人々」「世間の人々」「一般的な人間」「他人」という意味の男性名詞になります。

「viennent(ヴィエンヌ)」は「venir(ヴニール)」が原形になり、ここでは考えなどが「浮かぶ」「得る」「現れる」という意味の動詞になります。

「leçons(ルソン)」は「教訓」「忠告」や「授業」「レッスン」という意味の女性名詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

疑いは智慧の始まり

フランス語で

Les doute est le commencement de la sagesseレ ドゥートゥ エ ル コマォンスマォン ドゥ ラ サジェス

という表現になり、アリストテレスが残した名言になります。

「doute(ドゥートゥ)」は「疑惑」「疑い」「迷い」という意味の男性名詞になります。

「commencement(コマォンスマォン)」は「初め」「始まり」という意味の男性名詞になります。

「sagesse(サジェス)」は「知恵」「英知」「賢明さ」「慎重さ」という意味の女性名詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

教育の根は苦いがその果実は甘い

フランス語で

L’education a des racines amères mais ses fruits sont douxレデュカスィヨン ア デ ラスィーヌ アメール メ セ フリュイ ソン ドゥー

という表現になり、アリストテレスが残した名言になります。

「education(エデュカスィヨン)」は「教育」「教養」「しつけ」という意味の女性名詞になります。

「racine(ラスィーヌ)」は「根」「根源」「根本」という意味の女性名詞になります。

「amère(アメール)」は「苦い」「つらい」「厳しい」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「racine(ラスーヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

「mais(メ)」は「だが」「しかし」や「でも」「ところで」という意味の接続後になります。

「fruit(フリュイ)」は「フルーツ」「果物」「果実」や「利益」「成果」という意味の男性名詞になります。

「sont(ソン)」は「être(エトル)」が原形になり、「〜である」「〜になる」という意味の動詞になり、英語の「be動詞」と同じ働きの単語になります。

「doux(ドゥー)」は「甘い」「甘美な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「fruit(フリュイ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の名言に関するまとめ

ここでは世界の偉大な人物や思想家、成功者が残してきた名言について、厳選した12の言葉をフランス語で紹介してきました。

日々自分の目標を達成するため、努力をし続けている人にとって、過去の偉人や成功者が残していった言葉は、何よりの励みになり、心の栄養になり、また頑張る力を与えてくれます。

紹介している名言を読みながら、フランス語を学んで身につけていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須