フランス語で「牛」を表す単語やさまざまなフレーズの読み方と発音、翻訳とは?

放牧されている牛

ここではフランス語で「牛」を表す単語や「牛」に関連するさまざまな表現やフレーズについて紹介していきます。

フランス人にとって「牛」はとても重要な、なくてはならない家畜という位置付けになっています。

それは牛乳からバター、チーズを作るという点においてはもちろんですが、食材としての牛肉やソースやスープの出汁(だし)として使われることも多く、またファッションや服飾の分野においても、牛革という形で「牛」が活躍しており、人々の生活や命の糧として、非常に重要な役割を担っています。

このように一口に「牛」といっても、乳製品を作るための「牛」、食肉としての「牛」、またそれに伴う「牛」の性別によっても表現する単語が違いますので、それぞれの「牛」を表す単語を覚えていきましょう。

 

フランス語で「牛」を表す単語の読み方と発音、意味

白い3頭の牛

ここではフランス語で「牛」を表すさまざまな単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

牛①

2頭のつがいの牛

フランス語で

bovinボヴァン

という男性名詞の単語になります。

家畜としての「牛」やその性別に関係なく「ウシ」を表現するときに使われる単語です。

英語の「cattle」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

牛②

茶色い牛

フランス語で

bœufブゥフ

という男性名詞の単語になり、「牛」の中でも主に「去勢した牛」「去勢牛」を表す単語になります。

また「牛肉」「牛肉料理」という意味としても使われる単語になり、英語の「beef」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

雄牛

角の生えた雄牛

フランス語で

taureauトロホゥ

という男性名詞の単語になり、去勢をしていない「雄牛」を表すときに使われます。

複数形は「taureaux(トロホゥ)」となります。

英語の「bull」と同じ意味の単語になります。

⬇️taureauの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️taureauxの発音の確認はこちら⬇️

 

雌牛

雌牛

フランス語で

vacheヴァッシュ

という女性名詞の単語になり、「雌の牛」「乳牛用の牛」や「雌牛の肉」「牛革」を表すときに使われます。

英語の「cow」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

仔牛

仔牛

フランス語で

veauヴォ

という男性名詞の単語になり、1才未満までの「仔牛」や「仔牛の肉」を表すときに使われます。

英語の「calf」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

牛の

フランス語で

bovinボヴァン

という形容詞の単語になり、「牛のような」という意味としても使われます。

また修飾する名詞が男性名詞か女性名詞かによって、下記のように変化をします。

【形容詞 bovinの変化】

  • bovin(ボヴァン)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • bovine(ボヴィヌ)    女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話両方で変化に注意しましょう。

⬇️bovinの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️bovineの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「牛」に関連するフレーズの読み方と発音、翻訳

放牧された3頭の牛

ここではフランス語で「牛」に関連する単語やフレーズについて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

食肉牛

フランス語で

bœuf de boucherieブフ ドゥ ブゥシェリ

という表現になり、「食肉用の牛」を表す表現になります。

「boucherie(ブゥシェリ)」は「肉屋」「食肉業」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

乳牛

乳牛

フランス語で

vache laitièreヴァッシュ レティエール

という表現になります。

「laitière(レティエール)」はここでは「乳用の」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞「vache(ヴァッシュ)」が女性名詞のため、形容詞の女性形になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

闘牛の牛

闘牛の牛

フランス語で

taureau de combatトロホゥ ドゥ コンバ

という表現になります。

「combat(コンバ)」は「戦闘」「試合」「闘技」という意味の男性名詞の単語になり、そのまま翻訳をすると「闘技用雄牛」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

闘牛

闘牛

フランス語で

course de taureauxクルフス ドゥ トロホゥ

という表現になります。

「course(クルフス)」はここでは「競争」「争い」という意味の女性名詞の単語になり、そのまま翻訳をすると「雄牛同士の競争」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

種付けの牛

種牛

フランス語で

taureau reproducteurトロホゥ ルホプロホデュクター

という表現になります。

「reproducteur(ルホプロホデュクター)」は「繁殖用の種畜」「繁殖用の家畜」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

牛小屋

牛舎

フランス語で

bouverieブゥヴリィ

という女性名詞の単語になり、「牛舎」という表現でも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

牛飼い

放牧された牛

フランス語で

bouvierブゥヴィエ

という名詞の単語になり、この単語で表現しようとする「牛飼い」の性別が男性か女性かにより、下記のように変化します。

【名詞 bouvierの変化】

  • bouvier(ブゥヴィエ)    男性形  男性の牛飼いを表すときの形
  • bouvière(ブゥヴィエール)   女性形  女性の牛飼いを表すときの形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話両方で使うときに注意しましょう。

⬇️bouvierの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️bouvièreの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「牛」を表す単語やフレーズのまとめ

放牧されている牛

ここではフランス語で「牛」を表す単語や「牛」に関連するさまざまなフレーズ、表現について紹介をしてきました。

フランス人にとっての「牛」は、さまざまな部分においてとても重要な役割を担っています。

それは種類が豊富なチーズやバターなどの乳製品やその消費量、また食材としての牛肉という点においてもすぐに理解ができると思います。

そのため、乳製品を作るために飼育されている「牛」や食肉としての「牛」など、その役割ごとに表現が異なっており、大きく分けると下記の単語で表現されます。

【役割による牛を表す単語】

  • bovin(ボヴァン)   「牛」全般を表す、または家畜として「牛」を表すときに使う
  • bœuf(ブフ)        食肉としての「牛」や「牛肉」を表すときに使う
  • vache(ヴァッシュ)    乳製品を作る「牛」や「乳牛」を表すときに使う

同じ「牛」でもそれぞれの役割によって、このように表現する単語が全く変わってきますので、しっかりと覚えていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須