フランス語で「チーズ」を表す単語やさまざまなフレーズの読み方と発音、スペル

蔵で熟成中のチーズ

ここではフランス語で乳製品の発酵食品である「チーズ」を表す単語やフレーズ、また「チーズ」の種類を表す単語や表現について紹介していきます。

チーズはワインやパンと同じように、フランスの食文化、食生活に欠かすことのできないもので、フランスの一般家庭ではほぼ毎日食卓にチーズや、チーズを使った料理が並び、高級なフレンチのフルコースでもメニューの1つとして必ず提供されます。

フランスには数多くの種類のチーズがあり、作る土地や製法によって味も種類もさまざまです。

チーズの歴史はとても古く、チーズが最初に生まれたのは西ヨーロッパのイタリアだとされていて、イタリアに次いで古い歴史があるのはフランスです。

フランスで最も古い歴史のあるチーズは約2000年の歴史があり、そのチーズはカンタルというチーズとロックフォールというチーズだとされています。

このように歴史が古く、数多くの種類のフランスのチーズだけでなく、その他の代表的なチーズについてのフランス語の表現も覚えてみましょう。

目次

フランス語で「チーズ」を表す単語とその発音や読み方、スペル

ネズミ捕りに仕掛けたチーズ

ここではフランス語で「チーズ」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

チーズ

フランス語で

fromageフォマージュ

という男性名詞の単語になります。

1つの村に1種類のチーズがあると言われるほど、フランスにはチーズの種類がとてもたくさんあり、その数は400種類を数えるほどと言われています。

そのため、フランス料理のフルコースではチーズのプロが厳選したチーズがメインディッシュの後にデザートという位置づけで提供されます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「チーズ」に関連するさまざまな単語やフレーズ

チーズ屋のショーウインドウ

ここではフランス語で「チーズ」に関連するさまざまな単語やフレーズ、また「チーズ」を表すフランス語の単語を使ったフレーズについて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて紹介していきます。

チーズ職人

チーズ専門店

フランス語で

fromagerフォマージェ

という名詞の働きと形容詞の働きを持つ単語となり、名詞の場合「チーズ屋」「チーズ製造業者」をあらわすときにも使われ、形容詞の場合「チーズ販売の」「チーズ製造の」「チーズの」という意味として使われます。

名詞の場合「チーズ職人」が男性である場合と女性である場合、また形容詞の場合、修飾する名詞の性が男性名詞であるときと女性名詞であるとき、下記のように変化します。

【名詞および形容詞 fromagerの変化】

  • fromager(フォマージェ)   男性形  名詞では男性のチーズ職人を表し、形容詞として男性名詞を修飾する形
  • fromagère(フォマージェル)   女性形  名詞では女性のチーズ職人を表し、形容詞として女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話両方で使うときに変化に気をつけて使いましょう。

⬇️fromagerの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fromagèreの発音の確認はこちら⬇️

 

チーズ製造所

チーズ工場

フランス語で

fromagerieフォマージェリ

という女性名詞の単語になり、「チーズ販売所」「チーズ製造業」を表すときにも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

チーズケーキ

チーズケーキ

フランス語で

le gâteau au fromageル ギャトー オゥ フォマージュ

という表現になります。

「gâteau(ギャトー)」は「ケーキ」「菓子」という意味の男性名詞の単語で、主に卵、小麦粉、バターを使って作るお菓子やケーキを表します。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

レアチーズケーキ

丸いレアチーズケーキ

フランス語で

le gâteau au fromage fraisル ギャトー オゥ フォマージュ フレ

という表現になります。

「frais(フレ)」はここでは「新鮮な」「保存や加工をしていない」「生の」という意味の形容詞です。

ここでは修飾する名詞「fromage(フォマージュ)」が男性名詞のため、形容詞は男性形となっており、変化は以下の通りとなります。

【形容詞 fraisの変化】

  • frais(フレ)      男性形  男性名詞を修飾する形
  • fraîche(フレッシュ)     女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルと発音ともに異なりますので、文章と会話両方で使うとき、変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fraisの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fraîcheの発音の確認はこちら⬇️

 

ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキ

フランス語で

le gâteau au fromage cuitル ギャトー オゥ フォマージュ キュイ

という表現になります。

「cuit(キュイ)」は食べ物が「焼けた」「煮えた」という意味の形容詞となり、ここでは修飾する名詞「fromage(フォマージュ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

【形容詞 cuitの変化】

  • cuit(キュイ)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • cuite(キュイットゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルと発音ともに異なりますので、文章と会話両方で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️cuitの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️cuiteの発音の確認はこちら⬇️

 

チーズ入りのオムレツ

チーズオムレツ

フランス語で

omelette au fromageオムレット オゥ フォマージュ

という表現になります。

「omelette(オムレッ)」は「オムレツ」という意味の女性名詞の単語です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

チーズの盛り合わせ

チーズ盛り合わせ

フランス語で

plateau de fromagesプラトゥ ドゥ フォマージュ

という表現になります。

「plateau(プラトゥ)」はここでは「トレー」「お盆」「皿」という意味の男性名詞の単語になります。

そのまま翻訳すると「お皿の上に盛られたチーズ」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語でフレッシュなチーズの種類の表現や発音、読み方

フレッシュチーズをカットしている職人

ここではフランス語で熟成せずに食べる「チーズ」の種類を表すフレーズについて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

非熟成チーズ

フランス語で

fromage non affinéフォマージュ ノン アフィネ

という表現になり、「熟成していないチーズ」を表すときに使われます。

「affiné(アフィネ)」は「affiner(アフィネ)」が原形となる動詞で、ここでは「熟成された」という意味の過去分詞の意味、形になっています。

「non affiné(ノン アフィネ)」で「熟成していない」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フレッシュチーズ①

フレッシュチーズのオリーブオイルがけ

フランス語で

fromage fraisフォマージュ フレ

という表現になり、「新鮮なチーズ」「生のチーズ」を表すときに使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フレッシュチーズ②

フランス語で

fromage à pâte fraîcheフォマージュ ア パト フレッシュ

という表現になります。

「pâte(パト)」はここでは「チーズの質」という意味の女性名詞の単語になり、「à pâte fraîche(ア パト フレッシュ)」で「新鮮な質」「新鮮な状態」という意味になります。

ここではそのまま翻訳をすると「新鮮な状態のチーズ」という意味となります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

白チーズ

白いクリーム状のチーズ

フランス語で

fromage blancフォマージュ ブロン

という表現になります。

「blanc(ブロン)」はここでは「白い」という意味の形容詞の単語になり、修飾する名詞の「fromage(フォマージュ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 blancの変化】

  • blanc(ブロン)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • blanche(ブロンシュ)  女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

カッテージチーズ

カッテージチーズ

フランス語で

cottageコテージ

という男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

モッツァレラチーズ

まな板の上でモッツァレラチーズをカットしている

フランス語で

mozzarellaモッザレラ

という女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で熟成チーズの種類の表現とその発音や読み方

チーズ屋の店頭

ここでは熟成していないチーズやそのチーズの種類を表すフランス語について、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

熟成チーズ

熟成中のチーズ

フランス語で

fromage fermentéフォマージュ フェルモンテ

という表現になります。

「fermenté(フェルモンテ)」は「発酵した」という形容詞の単語となり、ここでは修飾する名詞「fromage(フォマージュ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 fermentéの変化】

  • fermenté(フェルモンテ)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • fermentée(フェルモンテ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fermentéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fermentéeの発音の確認はこちら⬇️

 

青カビのチーズ

1/4カットのブルーチーズ

フランス語で

fromage à pâte persilléeフォマージュ ア パト ペルセイェ

という表現になります。

「persillée(ペルセイェ)」はここでは「(チーズが)青カビの生えた」という意味の形容詞となり、「à pâte persillée(ア パト ペルセイェ)」で「青カビが生えた状態」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ブルーチーズ①

フランス語で

fromage persilléフォマージュ ペルセイュ

という表現になり、「persillé(ペルセイュ)」だけで「ブルーチーズ」を表すこともあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ブルーチーズ②

ブルーチーズ

フランス語で

fromage bleuフォマージュ ブルゥ

という表現になります。

「bleu(ブルゥ)」はここでは「青い」という意味の形容詞の単語で、ここでは修飾する名詞「fromage(フォマージュ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

【形容詞 bleuの変化】

  • bleu(ブルゥ)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • bleue(ブルゥ)    女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️bleuの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️bleueの発音の確認はこちら⬇️

 

ゴルゴンゾーラチーズ

ゴルゴンゾーラチーズ

フランス語で

gorgonzolaゴルゴンゾーラ

という男性名詞の単語となります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

白カビのチーズ①

白カビのチーズ

フランス語で

fromage à croûte fleurieフォマージュ ア クルートゥ フルゥリィ

という表現になります。

「croûte(クルートゥ)」はここでは「チーズの外皮」「表面」という意味の女性名詞、「fleurie(フルゥリィ)」は「花模様の」「花で飾られた」という意味の形容詞になります。

「à croûte fleurie(ア クルートゥ フルゥリィ)」で「花のような表面」「花模様の外皮」という表現になります。

「fleurie(フルゥリィ)」は、ここでは修飾する名詞「croûte(クルートゥ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 fleuriの変化】

  • fleuri(フルゥリィ)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • fleurie(フルゥリィ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときには変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fleuriの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fleurieの発音の確認はこちら⬇️

 

白カビのチーズ②

フランス語で

fromage à pâte molle à croûte fleurieフォマージュ ア パト モゥル ア クルートゥ フルゥリィ

という表現になります。

「molle(モゥル)」は「mou(ムゥ)」が原形の「柔らかい」という意味の形容詞で、ここでは修飾する名詞「pâte(パト)」が女性名詞となるため、女性形の形になっています。

【形容詞 mouの変化】

  • mou(ムゥ)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • mol(モゥル)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • molle(モゥル)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性名でスペルは全て異なりますが、発音は「mou(ムゥ)」のみ異なりますので、文章と会話で使うときにそれぞれ変化に気をつけて使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️mouの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️molの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️molleの発音の確認はこちら⬇️

 

カマンベールチーズ

1/2にカットされたカマンベール

フランス語で

camembertキャモンベール

という男性名詞の単語になります。

カマンベールチーズは日本でも有名なチーズで、もとはフランス北部のノルマンディ地方のカマンベール村で作り方が確立されたチーズになり、1791年にブリー地方が出身であるマリー・アレルという農家の婦人が初めて作ったと言われるチーズです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ブリーチーズ

ブリーチーズ

フランス語で

brieブリィ

という単語になります。

ブリーチーズはフランスのブリー地方で1,000年以上前に作られた白カビのチーズで、モー村で作られた「ブリ・ド・モー」が最も有名です。

濃厚な味わいがあり癖の少ないチーズなので、フランス人だけでなく世界中の人々に愛され、好まれているチーズの1つです。

白カビのチーズとしてカマンベールよりも歴史は古く、ブリーチーズの製法を元にカマンベールチーズが作られたとされています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で堅いチーズの種類の表現とその発音や読み方

店頭に並ぶハードチーズ
ここではハードタイプやセミハードタイプのチーズやその種類について、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

ハードタイプのチーズ

硬いチーズ

フランス語で

fromage à pâte dureフォマージュ ア パト デュール

という表現になります。

「dure(デュール)」はここでは「硬い」「固い」という意味の形容詞で、ここでは修飾する名詞「pâte(パト)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

「à pâte dure(ア パト デュール)」で「硬い状態」「硬い質」という意味の表現になります。

【形容詞 durの変化】

  • dur(デュール)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • dure(デュール)    女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️durの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dureの発音の確認はこちら⬇️

 

グリュイエールチーズ

グリュイエールチーズ

フランス語で

gruyèreグリュィエール

という単語になります。

グリュイエールチーズはスイス産のチーズで、その中で最も人気があり、スイスのエメンタールチーズと並ぶ生産量を誇り、別名「スイスの女王」とも呼ばれる由緒正しきチーズです。

グリュイエールチーズの名前の由来は、スイス西部のフリブール州にあるグリュイエール村で作られたことにあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

パルメザンチーズ

熟成中のパルメザンチーズ

フランス語で

parmesanパルムゾン

という男性名詞の単語になります。

パルメザンチーズはイタリアを代表するチーズの1つで、「パルミジャーノ・レッジャーノ」という名で親しまれているイタリアチーズの王様と呼ばれる存在になっています。

イタリアのレッジョ・エミリアやパルマ、モデナなど、ロンバルディア州やエミリア・ロマーニャ州の村で作られていることが名前の由来になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

セミハードタイプのチーズ

フランス語で

fromage à pâte demi-dureフォマージュ ア パト ドゥミ デュール

という表現になります。

「demi(ドゥミ)」は「半分の」「中途半端な」という意味の形容詞となり、「à pâte demi-dure(ア パト ドゥミ デュール)」は「中途半端な硬さの質」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ゴーダチーズ

棚で熟成中のゴーダチーズ

フランス語で

goudaゴゥダァ

という男性名詞の単語になります。

ゴーダチーズはオランダ産の代表的なチーズの1つで、オランダチーズの60%の生産量を誇り、オランダのロッテルダム近郊のゴーダという街で作られたのが起源とされています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

チェダーチーズ

フランス語で

cheddarシェダー

という男性名詞の単語になります。

チェダーチーズはイギリスを代表するチーズの1つで、現在世界で最も生産量が多く、イギリスだけでなくアメリカやオーストラリア、カナダ、ニュージーランドでも生産されています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「チーズ」に関連するその他のフレーズとその意味や読み方、発音

テーブルの上のチーズとワイン

ここでは「チーズ」に関連するフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

クリームチーズ

クリームチーズ

フランス語で

fromage a la cremeフォマージュ ア ラ クレヘム

という表現になります。

「creme(クレヘム)」はここでは「クリーム状のチーズ」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

プロセスチーズ

お店に並ぶプロセスチーズ

フランス語で

fromage à pâte fonduフォマージュ ア パト フォンデュ

という表現になります。

「fondu(フォンデュ)」はここでは「溶けた」「溶かした」という意味の形容詞となり、「fromage fondu(フォマージュ フォンデュ)」でも「プロセスチーズ」を表現するフレーズとして使われます。

また「fondu(フォンデュ)」は、女性名詞の単語で「チーズフォンデュ」という意味を表すときにも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

牛の乳のチーズ

フランス語で

fromage de vacheフォマージュ ドゥ ヴァッシュ

という表現になります。

「vache(ヴァッシュ)」は「雌牛」を表す女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

山羊のチーズ

フランス語で

fromage de chèvreフォマージュ ドゥ シェーヴフ

という表現になります。

「chèvre(シェーヴフ)」は「雌ヤギ」「ヤギ」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羊のチーズ

フランス語で

fromage de brebisフォマージュ ドゥ ブルビ

という表現になります。

「brebis(ブルビ)」はここでは「雌羊」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水牛のチーズ

フランス語で

fromage de buffleフォマージュ ビュッフ

という表現になります。

「buffle(ビュッフ)」は「水牛」という意味の男性名詞の単語となります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「チーズ」を表す単語やさまざまなフレーズのまとめ

ここではフランス語で「チーズ」を表す単語や「チーズ」に関連するさまざまなフレーズについて紹介してきました。

フランスは「チーズの王国」と言われるほど数多くのチーズが国内で作られており、フランスの人々にとってチーズはワインやパンと同様に欠かせないものとなっています。

チーズはフランスの食文化、食生活になくてはならないものという存在になっています。

フランス産のチーズだけでなく、他の国で作られているチーズのフランス語表現も含めて覚えていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須