フランス語で「蜂蜜(はちみつ)」を表す単語とフレーズの読み方や発音、意味とは?

蜂蜜の入った瓶3つ

ここではフランス語で「蜂蜜(はちみつ)」を表す単語や「はちみつ」に関連するさまざまなフレーズ、表現について紹介していきます。

フランス国内では1年間に約4万トンもの「はちみつ」が消費されていて、この消費量はヨーロッパ内でも最も多く、1人あたり年間約600グラム消費していることになります。

フランスでは南の地方で養蜂業が行われており、そこでは伝統的な農業の1つになっており、特にモンペリエ近くのクルノンセックという街は「はちみつのエデン」と呼ばれるほど養蜂が盛んで、「はちみつ祭り」が開催されているほどです。

フランスにおいて、ミツバチが自然に作り出す蜜のみ「Miel(ミエル)」と表記することができると法律で定められているため、販売するときに「100%」や「純粋」「オーガニック」などとあえて表記する必要がない、または表記していないのが特徴です。

フランスには日本とはまた違った味わいの「はちみつ」や、食文化が発達したフランスならではの「はちみつ」もありますので、フランスに旅行に行ったときなど、お土産に購入してみてはいかがでしょうか。

 

フランス語で「蜂蜜(はちみつ)」を表す単語の読み方や発音、意味

ハニーディップについた蜂蜜

ここではフランス語で「はちみつ」を表す単語や関連する単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

蜂蜜(はちみつ)

フランス語で

mielミエル

という男性名詞の単語になり、「蜜」という表現としても使われます。

また「miel(ミエル)」は、「くそっ!」や「ちくしょう!」というときにも使われることがありますので、「はちみつ」という意味以外にこのような使い方もある、ということを覚えておいた方が良いかもしれません。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蜜のような

瓶に入った蜂蜜を掬っている

フランス語で

mielléミエレェ

という形容詞の単語になり、色や味、香りが「蜜のような」という意味になります。

また、修飾する名詞が男性名詞なのか女性名詞なのかによって、下記のように変化をします。

【形容詞 mielléの変化】

  • miellé(ミエレェ)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • miellée(ミエレェ)    女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うとき、変化に注意しましょう。

⬇️mielléの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️mielléeの発音の確認はこちら⬇️

 

蜜の味のする

フランス語で

mielleuxミエルゥ

という形容詞の単語になり、「蜜のにおいのする」という表現でも使われます。

また、言葉や態度などが「いやに優しい」「親しげな」という意味としても使われる単語です。

「mielleux(ミエルゥ)」は修飾する名詞が男性名詞か、女性名詞かによって下記のように変化をします。

【形容詞 mielleuxの変化】

  • mielleux(ミエルゥ)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • mielleuse(ミエルゥズ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️mielleuxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️mielleuseの発音の確認はこちら⬇️

※上記発音はmielleuxと同じですが、実際には「mielleuse(ミエルゥズ)」が正しい発音になります。

 

フランス語で「はちみつ」に関連する単語やフレーズの読み方、発音、翻訳

お店で売られているはちみつ

ここではフランス語で「はちみつ」に関連する単語やフレーズについて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

蜂の巣①

ハチの巣箱

フランス語で

rucheルーシュ

という女性名詞の単語になり、主にミツバチの「巣」「巣箱」を表すときに使われます。

「ruche(ルーシュ)」で表現するミツバチの「巣」とは、養蜂で飼っているミツバチの「巣箱」やその中にあるミツバチの「巣」を表現する単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蜂の巣②

蜂の巣

フランス語で

rayon de mielレィヨン ドゥ ミエル

という表現になり、みつばちの「巣」の1つの巣穴を表すときに使われます。

「rayon(レィヨン)」はここでは蜂の巣の1つ1つの「密房」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

みつばち①

花の周りを飛ぶミツバチ

フランス語で

abeilleアベイユ

という女性名詞の単語になり、英語の「bee」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

みつばち②

巣箱の中のミツバチの集団

フランス語で

ruchéeルゥシェ

という女性名詞の単語になり、1つの巣箱の中の「ミツバチ」の集合体を表現するときに使われる単語です。

「abeille(アベイユ)」は1匹の「ミツバチ」を表すとき、「ruchée(ルゥシェ)」は巣箱の中にいる、女王バチや働きバチなど全て含めた「ミツバチ」を表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

女王バチ

巣の中心の女王バチ

フランス語で

abeille reineアベイユ レェーヌ

という表現になります。

「reine(レェーヌ)」は「王妃」「女王」という意味の女性名詞の単語で、この単語1語で「女王バチ」または「女王アリ」を表す単語として使われることもあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

働きバチ

働きバチ

フランス語で

ouvrièreウゥヴリエール

という女性名詞の単語になり、「働きアリ」という意味としても使われる単語になります。

この単語が女性名詞である理由は、「働きバチ」が全て雌のミツバチであるためです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

養蜂場

巣箱の蜂の巣を持つ人

フランス語で

rucherルゥシェ

という男性名詞の単語になり、ミツバチの巣箱が数多く設置してある全部の巣箱を集合体として「巣箱」と表すときにも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

養蜂

養蜂する人

フランス語で

apicultureアピカルチュール

という女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

養蜂家

養蜂家

フランス語で

apiculteurアピキュルター

という名詞の単語になり、表現する「養蜂家」が男性なのか、女性なのかによって、下記のように変化します。

【名詞 apiculteurの変化】

  • apiculteur(アピキュルター)   男性形  男性の養蜂家を表すときの形
  • apicultrice(アピキュルトリス)    女性形  女性の養蜂家を表すときの形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話両方で変化に注意して使いましょう。

⬇️apiculteurの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️apicultriceの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「はちみつ 」を表す単語を使ったフレーズの読み方と発音、意味

巣から取り出した蜂蜜

フランス語で「はちみつ」を表す単語を使った表現やフレーズについて、日本語の翻訳や意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

蜂蜜色

スプーンから皿に滴るはちみつ

フランス語で

couleur de mielクルェー ドゥ ミエル

という表現になります。

「couleur(クルェー)」は「色」「カラー」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蜜のように甘い

フランス語で

doux comme le mielドゥ コォム ル ミエル

という表現になります。

「comme(コォム)」はここでは「〜のような」「〜と同じような」という比較や比喩の意味として使われる前置詞になります。

「doux(ドゥ)」はここでは「甘い」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「miel(ミエル)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 douxの変化】

  • doux(ドゥ)    男性形  男性名詞を修飾する形
  • douce(ドゥース)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形、女性形で発音、スペルともに異なっているので、文章と会話の両方で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️douxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️douceの発音の確認はこちら⬇️

 

ハネムーン

ハネムーン

フランス語で

lune de mielリュンヌ ドゥ ミエル

という表現になり、「蜜月」という意味でも使われます。

「lune(リュンヌ)」は「月」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

塩はちみつ

フランス語で

miel de selミエル ドゥ セル

という表現になります。

「sel(セル)」は「塩」という意味の男性名詞の単語になります。

フランスのブリュターニュには、ゲランドの塩田で取れる塩を使った「塩はちみつ」というものがあり、非常に美味しいと評判になっています。

楽しみ方としては、ブリーチーズやヤギのチーズにかけて食べたり、そのチーズをバゲットにのせて一緒に食べるとおいしさがさらに引き立ち、格別の味わいとなります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「蜂蜜(はちみつ)」を表す単語とフレーズのまとめ

ここではフランス語で「蜂蜜(はちみつ)」を表す単語や「はちみつ」に関連するさまざまなフレーズや表現について紹介してきました。

フランスの南の地方では、養蜂は伝統的な農業の1つになっており、フランスにおける「はちみつ」の消費量は、年間約4万トン、1人あたり約600グラムになり、ヨーロッパの中で最も多い消費量になっています。

「はちみつ」はフランスで「Miel(ミエル)」と表記され、マルシェやデパートなどで売っています。

フランスでは、「Miel(ミエル)」と名前をつけることができるのは、ミツバチが花から作り出す自然な蜜を採取したもののみ、という法律があります。

そのため、あえて「オーガニック」や「純粋」という言葉を添えるまでもなく、「Miel(ミエル)」として売られているものは「オーガニック」という意識が浸透しています。

「はちみつ」は体に良く、好きな方も多いと思います。

日本の「はちみつ」もとても美味しいですが、食文化の発達したフランスの「はちみつ」も楽しんでみてはいかがでしょうか。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須