1週間の「曜日」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味とは?

1週間の手帳

ここでは1週間7日の「曜日」を表すフランス語の単語や、「曜日」や1週間に関連するさまざまな表現について紹介していきます。

フランス語で1週間の「曜日」を表す単語は、天体の名前にちなんで付けられています。

曜日(日本語) 曜日(フランス語) 略形 由来の天体と言葉
月曜日 lundi Lun / Lu / L Lune(月)
火曜日 Mardi Mar / Ma Mars(火星)
水曜日 Mercredi Mer / Me Mercure(水星)
木曜日 Jeudi Jeu / Je / J Jupiter(木星)
金曜日 Vendredi Ven / Ve / V Venus(金星)
土曜日 Samedi Sam / Sa / S Saturne(土星)
日曜日 Dimanche Dim / Di / D Dominica(主の日、安息日)

フランス語で「曜日」を覚えるときには、由来となっている天体の名前も含めて覚えていくと忘れにくくなると思いますので、ぜひ一緒に覚えていきましょう。

 

フランス語で1週間の「曜日」を表す単語の読み方と発音

1週間の予定調

ここでは1週間の7日間それぞれの「曜日」を表すフランス語について、日本語の読み方からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

月曜日

濃いめのカフェラテ

フランス語で

lundiランディ

という男性名詞の単語になり、省略形は「L」や「Lu」、「Lun」のいずれかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Lun」になります。

月曜日を表す「lundi(ランディ)」は、天体の「月」を表すフランス語「lune(リュヌ)」と「曜日」を表すラテン語の「dies(ダァイズ)」の組み合わせから成り立っています。

【lundiの成り立ち】

  • lundi(ランディ) = lune(リュヌ) + dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

火曜日

フランス語で

mardiマァルディ

という男性名詞の単語になり、省略形は「Mar」や「Ma」のどちらかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Mar」になります。

火曜日を表す「mardi(マァルディ)」は、惑星の「火星」を表す単語「mars(マァス)」と「曜日」を表すラテン語の「dies(ダァイズ)」の組み合わせから成り立っています。

【mardiの成り立ち】

  • mardi(マァルディ) = mars(マァス) + dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

水曜日

路面電車

フランス語で

mercrediメルクレディ

という男性名詞の単語になり、省略形は「Mer」や「Me」のどちらかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Mer」になります。

水曜日を表す「mercredi(メルクレディ)」は、太陽に最も近い惑星である「水星」を表す単語「mercure(メルキュール)」と「曜日」を表すラテン語の「dies(ダァイズ)」の組み合わせから成り立っています。

【mercrediの成り立ち】

  • mercredi(メルクレディ) = mercure(メルキュール) + dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

木曜日

フランス語で

jeudiジュディ

という男性名詞の単語になり、省略形は「Jeu」や「Je」、「J」のどちらかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Jeu」になります。

木曜日を表す「jeudi(ジュディ)」は、太陽系の中で最も大きな惑星である「木星」を表す単語「jupiter(ジュピテェール)」と「曜日」を表すラテン語の「dies(ダァイズ)」の組み合わせから成り立っています。

【jeudiの成り立ち】

  • jeudi(ジュディ) = jupiter(ジュピテェール) + dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

金曜日

砂浜を歩く親子

フランス語で

vendrediヴァォンドレディ

という男性名詞の単語になり、省略形は「Ven」や「Ve」、「V」のどちらかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Ven」になります。

金曜日を表す「vendredi(ヴァォンドレディ)」は、太陽系の中で最も地球に近い惑星である「金星」を表す単語「venus(ヴニュ)」と「曜日」を表すラテン語の「dies(ダァイズ)」の組み合わせから成り立っています。

【vendrediの成り立ち】

  • vendredi(ヴァォンドレディ) = venus(ヴニュ) + dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

土曜日

フランス語で

samediサムディ

という男性名詞の単語になり、省略形は「Sam」や「Sa」、「S」のどちらかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Sam」になります。

土曜日を表す「samedi(サムディ)」は、太陽系の中で2番目に大きく、巨大なガスの惑星である「土星」を表す単語「saturne(サテュルヌ)」と「曜日」を表すラテン語の「dies(ダァイズ)」の組み合わせから成り立っています。

【samediの成り立ち】

  • samedi(サムディ) = saturne(サテュルヌ) + dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

日曜日

肩車をされている子供

フランス語で

dimancheディマォンシュ

という男性名詞の単語になり、省略形は「Dim」や「Di」、「D」のどちらかで表記されていますが、一般的によく使われる省略形は、3文字の「Dim」になります。

日曜日を表す「dimanche(ディマォンシュ)」は、ラテン語で「主の日」、「日曜日」という意味の「dies dominica(ダァイズ ドミニカ)」の「dominica(ドミニカ)」の部分のみが由来になっています。

【dimancheの成り立ち】

  • dimanche(ディマンシュ) = dies dominica(ダァイズ ドミニカ) – dies(ダァイズ)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

曜日

フランス語で

jour de la semaineジュール ドゥ ラ スメーヌ

という表現になり、1週間の「曜日」という意味で使います。

「jour(ジュール)」は、ここでは「1日」や日付としての「日」「曜日」という意味の男性名詞の単語になります。

「semaine(スメーヌ)」は、「週」「1週間」や「平日」「ウィークデー」、催事や行事、イベントなどを期間限定で行うときの「〜週間」「〜ウィーク」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「曜日」に関連するフランス語の単語やさまざまな表現の読み方と発音、翻訳

手帳

ここではフランス語で1週間の「曜日」に関連するフランス語の単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

毎週

フランス語で

hebdomadaireエブドマデール

という形容詞または男性名詞の単語になります。

形容詞としては、「毎週」「週ごとの」「週一回の」という意味になります。

男性名詞としては、「週刊誌」や「週刊紙」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

今週

フランス語で

cette semaineセッツ スメェーヌ

という表現になります。

「cette(セットゥ)」は「この」「あの」「その」という指示形容詞になります。

「semaine(スメェーヌ)」は、「1週間」「週」や「平日」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

来週

波打ち際の女性

フランス語で

la semaine prochaineラ スメェーヌ プロホシェーヌ

という表現になります。

「semaine(スメェーヌ)」は、「1週間」「週」や「平日」という意味の女性名詞の単語になります。

「prochaine(プロホシェーヌ)」は、週や曜日、日、月、年などについて「今度の」「この次の」「次の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「semaine(スメェーヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 prochainの変化】

  • prochain(プロホシャン)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • prochaine(プロホシェーヌ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっておりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️prochainの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️prochaine発音の確認はこちら⬇️

 

翌週

フランス語で

la semaine suivanteラ スメェーヌ スュィヴァォントゥ

という表現になります。

「suivante(スュィヴァォントゥ)」は、「後に続く」「次の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「semaine(スメェーヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 suivantの変化】

  • suivant(スュィヴァォン)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • suivante(スュィヴァォントゥ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️suivantの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️suivanteの発音の確認はこちら⬇️

 

先週

フランス語で

la semaine dernièreラ スメェーヌ デルフニェール

という表現になります。

「dernière(デルフニェール)」は「この前の」や「最後の」「最近の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「semaine(スメェーヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 dernierの変化】

  • dernier(デルフニェ)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • dernière(デルフニェール)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なっておりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dernierの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dernièreの発音の確認はこちら⬇️

 

週末

週末の親子

フランス語で

week-endウィークェンド

という表現になり、「週末」「週末の休暇」という意味で使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

祝日

祝祭日のディナー

フランス語で

jour fériéジュール フェリエ

という表現になります。

「férié(フェリエ)」は、「休日の」「祝祭日の」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

今日は何曜日ですか?

フランス語で

Quel jour sommes-nous?ケェル ジュール ソンム ヌゥ

という表現になります。

「quel(ケェル)」は、「何」「どれ」「どの」という意味の疑問を表す形容詞になり、英語の「what」や「which」と同じ意味の単語になります。

「sommes-nous(ソンム ヌゥ)」は、「私たちは〜」という意味になりますが、英語で表現をするとわかりやすくなります。

「sommes-nous(ソンム ヌゥ)」を英語で表現すると、「are we」となり、文全体を英語で表現すると以下のようになります。

  • フランス語  Quel jour sommes-nous?
  • 英語     What(Which) day are we?

となり、「今日は何曜日ですか?」という疑問文になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

今日は何曜日?

フランス語で

On est quel jour?オン エ ケェル ジュール

という表現になり、友達同士や家族など、関係性が近い人同士で使うのに適した表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

今日は木曜日です

フランス語で

Nous sommes jeudi aujourd’huiヌゥ ソンム ジュディ オゥジュルゥデュイ

という表現になります。

「aujourd’hui(オゥジュルゥデュイ)」は「今日」「今日は」や「本日」「本日は」、「現在では」という意味の副詞になり、英語の「today」と同じ意味の単語になります。

他の曜日を表現したいときは、木曜日という意味の単語「jeudi(ジュディ)」の代わりに、他の曜日を表す単語を入れて使ってください。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

木曜日です

フランス語で

On est jeudiオン エ ジュディ

という表現になります。

他の曜日を表現したいときは、木曜日を表す単語「jeudi(ジュディ)」の代わりに、表現したい曜日の単語を入れて使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「曜日」を表す単語や関連する表現のまとめ

ここでは1週間の「曜日」を表すフランス語の単語やその単語の由来、また「曜日」に関連するさまざまな表現について紹介してきました。

フランス語で「曜日」を表す単語は、日曜日以外の曜日は天体の名前にちなんでいます。

「曜日」の単語を覚えるときには、由来になっている天体の名前も一緒に覚えてみましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須