フランス語で「コーヒー(珈琲)」を表す単語やフレーズの読み方と発音、意味とは?

白いカップに入ったエスプレッソコーヒー

ここではフランス語で「コーヒー(珈琲)」を表す単語やさまざまな表現について、紹介していきます。

フランス人の生活にとって「コーヒー」は欠かすことのできない存在であり、それはフランスの街中のいたるところに「カフェ」があり、多くのフランス人が「コーヒー」を楽しんでいます。

フランスでは、「コーヒー」には心を落ち着かせたり、精神を安定させ、集中力を高める作用や消化促進の作用があると言われていて、ランチ後、仕事に入る直前に濃い目の「コーヒー」を飲むことがフランス人の定番になっています。

「コーヒー」と言っても、フランスでは「エスプレッソコーヒー」が主流であるため、メニューにある「café」を頼むと、「エスプレッソコーヒー」が出てくるため、知らないと困惑することもあるかと思います。

フランスの「コーヒー」文化や日本との違いを知りながら、「コーヒー」に関連する単語や表現を覚えていきましょう。

 

目次

フランス語で「コーヒー(珈琲)」を表す単語の読み方と発音

マシンで入れるエスプレッソ

ここではフランス語で「コーヒー」を表す単語や関連する単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

コーヒー(珈琲)

コーヒー

フランス語で

caféカャフェ

という男性名詞の単語になり、「カフェ」「喫茶店」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

一杯のコーヒー

フランス語で

une tasse de caféユヌ タァス ドゥ カャフェ

という表現になります。

「tasse(タァス)」は取手がついた「カップ」、また「カップ1杯分」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒー色の

フランス語

caféカャフェ

という形容詞の単語になり、修飾する名詞が男性名詞であっても女性名詞であっても変化しません。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒー豆

コーヒー豆

フランス語で

grains de caféグラン ドゥ カャフェ

という表現になります。

「grain(グラン)」は、果実の「粒」、穀物などの「種子」、粒状の「実」という意味の男性名詞の単語になります。

「de(ドゥ)」はここでは「〜の」という意味の前置詞になり、英語の「of」と同じ働きになります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

豆の状態のコーヒー

フランス語で

café en grainsカャフェ ォン グラン

という表現になります。

「en(ォン)」は、「〜(の状態)に」「〜(の状態)の」という物の状態を表現する時に使う前置詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

豆を挽いたコーヒー

豆を挽いたコーヒー

フランス語で

café mouluカャフェ ムゥリュ

という表現になります。

「moulu(ムゥリュ)」は「粉にした」「粉末の」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞「café(カャフェ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 mouluの変化】

  • moulu(ムゥリュ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • moulue(ムゥリュ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️mouluの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️moulueの発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒーの木

コーヒーの木

フランス語で

caféierカャフェイェ

という男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒー園

フランス語で

caféièreカフェイェール

という女性名詞の単語になり、「コーヒー工場」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「コーヒー(珈琲)」の種類を表すフランス語の表現の読み方と発音、意味

カフェラテのアートを作るバリスタ

ここでは「コーヒー」の種類を表現するフランス語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

エスプレッソコーヒー

淹れたてのエスプレッソ

フランス語で

café expressカャフェ エクスプレス

という表現になります。

フランスでは「コーヒー」というと、「エスプレッソコーヒー」のことになり、カフェやレストランのメニューにある「café(カャフェ)」を頼むと「エスプレッソコーヒー」が出てきます。

「express(エクスプレス)」は「エスプレッソコーヒー」という意味の男性名詞の単語になり、この単語だけでも「エスプレッソコーヒー」を表すことができます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

アメリカンコーヒー

薄めたエスプレッソ

フランス語で

café allongéカャフェ アロンジェ

という表現になり、エスプレッソコーヒーをお湯でコーヒーになります。

日本で良く飲まれているドリップコーヒーの味に似ていますが、ドリップコーヒーより少し濃く、シンプルですっきりとした味わいです。

「allongé(アロンジェ)」はここでは水やお湯などで「薄めた」「割った」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞「café(カャフェ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 allongéの変化】

  • allongé(アロンジェ)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • allongée(アロンジェ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

また、「アメリカンコーヒー」はお店のメニューによっては下記のように表記されていることもあります。

【アメリカンコーヒーの表記例】

  • café américaine(カャフェ アメリケーヌ)
  • café long(カャフェ ロング)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️allongéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️allongéeの発音の確認はこちら⬇️

⬇️café américaineの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️café longの発音の確認はこちら⬇️

 

濃いエスプレッソ

フランス語で

café serréカャフェ セレェ

という表現になり、通常のエスプレッソよりも少ないお湯の量で抽出した濃い目のエスプレッソを表します。

「serré(セレェ)」はここではコーヒーが「濃い」という意味の形容詞の単語になり、修飾する名詞「café(カャフェ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

【形容詞 serréの変化】

  • serré(セレェ)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • serrée(セレェ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ブラックコーヒー

ブラックコーヒー

フランス語で

café noirカャフェ ノワールフ

という表現になります。

「noir(ノワールフ)」は「黒い」「ブラックの」という意味の形容詞になり、話し言葉の中では「noir(ノワールフ)」だけで「ブラックコーヒー」を表すこともあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

カフェオレ

カフェオレ

フランス語で

café au laitカャフェ オゥ レ

という表現になり、コーヒーにミルクを混ぜた飲み物を全般的に表すときに使われ、フランスでは「朝の飲み物」という認識で知られています。

「lait(レ)」は「牛乳」「ミルク」という意味の単語になり、ここではそのまま翻訳すると「ミルク入りのコーヒー」という意味になります。

フランスのレストランやカフェでは、「コーヒー」に混ぜるミルクの量によりメニューが分かれているため、「café au lait(カャフェ オ レ)」というメニューがありません。

日本の「カフェオレ」と同じものを飲みたいときは、後に紹介する「café crème(カャフェ クレヘム)」と注文しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

カフェ・ノワゼット

フランス語で

café noisetteカャフェ ノワゼットゥ

という表現になり、ミルク入りのエスプレッソを表し、スプーン1杯くらいの少量のミルクを入れたエスプレッソコーヒーになります。

「noisette(ノワゼットゥ)」はここでは「ごく少量のミルクを入れたコーヒー」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

カフェ・クレーム

カフェクレーム

フランス語で

café crèmeカャフェ クレヘム

という表現になり、「café noisette(カャフェ ノワゼットゥ)」よりもミルクを多く入れたコーヒーを表し、日本で親しまれている「カフェオレ」を表します。

フランスのカフェやレストランで、「カフェオレ」を飲みたいと思ったとき、「café crème(カャフェ クレヘム)」を頼みましょう。

「crème(クレヘム)」は「乳脂」「クリーム」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

アイスコーヒー

アイスコーヒー

フランス語で

café glacéカャフェ グラッセ

という表現になります。

「glacé(グラッセ)」は氷などで「冷やした」「とても冷たい」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「café(カャフェ)」が男性名詞の単語になるため、男性形の形になっています。

【形容詞 glacéの変化】

  • glacé(グラッセ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • glacée(グラッセ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️glacéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️glacéeの発音の確認はこちら⬇️

 

ドリップコーヒー

ドリップコーヒー

フランス語で

café filtreカャフェ フィルトルフ

という表現になります。

「filtre(フィルトルフ)」は「フィルター」「濾過器(ろかき)」という意味の男性名詞の単語で、「filtre(フィルトルフ)」だけで「ドリップコーヒー」を表すこともあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

カフェインレスコーヒー

フランス語で

café décaféinéカャフェ デカフェィネ

という表現になります。

「décaféiné(デカフェィネ)」は「カフェイン抜きのコーヒー」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「コーヒー(珈琲)」に関連するフランス語の読み方と発音、意味

コーヒーを淹れているポットとマグカップ

ここでは「コーヒー」に関連するフランス語の単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

カフェの店主

カフェ

フランス語で

cafetierカフェティエ

という名詞の男性形の単語になり、男性の「カフェの店主」を表すときに使い、「喫茶店のオーナー」という意味としても使います。

表現する対象が男性なのか女性なのかによって、下記のように変化します。

【名詞 cafétierの使い分け】

  • cafétier(カフェティエ)     男性名詞  カフェの店主が男性のときの形
  • cafetière(カフェティエール)    女性名詞  カフェの店主が女性のときの形

男性名詞と女性名詞で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️cafétierの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️cafetièreの発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒーポット

フランス語で

cafetièreカフェティエール

という女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒーカップ

コーヒーカップ

フランス語で

une tasse à caféユヌ タァス ア カャフェ

という表現になります。

「tasse(タァス)」は取手がついた「カップ」、また「カップ1杯分」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒーミル

コーヒーミル

フランス語で

moulin à caféムゥラン ア カャフェ

という表現になります。

「moulin(ムゥラン)」はここでは「ミル」「粉砕器(ふんさいき)」「粉挽き器」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「コーヒー」を表す単語を使ったフレーズの読み方と発音、翻訳

ここでは「コーヒー」を表すフランス語を使った表現やフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

コーヒーをください

フランス語で

Un café, s’il vous plaît.アン カャフェ スィル ヴ プレ

という表現になります。

「s’il vous plaît(スィル ヴ プレ)」は「お願いします」というときに非常によく使う表現で、誰かに何かを頼むとき、お願いするときに丁寧な表現にする、非常に便利なフレーズです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

薄めのコーヒーをください

フランス語で

Un café allongé, s’il vous plaît.アン カャフェ アロンジェ スィル ヴ プレ

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

アイスコーヒーはありますか?

フランス語で

Vous auriez un café glacé?ヴ ゾゥリエ アン カャフェ グラッセ

という表現になります。

「auriez(オゥリエ)」は「〜がある」「〜を持っている」という意味の「avoir(アヴォワール)」が原型となる動詞です。

ここでは「vous auriez 〜 ?(ヴ ゾゥリエ)」で「〜はありますか?」「〜を持っていますか?」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒーも同時にお願いします。

フランス語で

Je vais prendre un café en même temps.ジュ ヴェ プホーンドル アン カャフェ ォン メェム トォン

という表現になります。

「prendre(プホーンドル)」はここでは食事や飲み物などを「食べる」「飲む」「とる」という意味の動詞の単語になります。

「même(メェム)」は「同じ」「同一の」という意味の形容詞、「temps(トォン)」はここでは「時」「時間」という意味の男性名詞になります。

「même temps(メェム トォン)」で「同じとき」「同時に」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「コーヒー(珈琲)」を表す単語やフレーズのまとめ

ここではフランス語で「コーヒー」を表す単語や関連する単語、また「コーヒー」を表すフランス語を使ったさまざまなフレーズや表現について紹介してきました。

フランスの「コーヒー」は「エスプレッソコーヒー」とほぼ同じ意味です。

そのため、フランスのカフェで 「café」を注文すると、普通にエスプレッソコーヒーが出てきます。

もし日本のドリップコーヒーのようなコーヒーを飲みたいと思ったら、エスプレッソをお湯で薄めた「café allongé(カャフェ アロンジェ)」を注文しましょう。

「コーヒー」に関連するフランス語を覚えるときには、フランスのコーヒー事情や日本との違いについても一緒に覚えていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須