フランス語で「仲間」を表す単語とフレーズの読み方と発音、意味とは?

仕事の仲間

ここではフランス語で「仲間」を表す単語や関連するさまざまな表現について紹介をしていきます。

「仲間」を表現するときに使うフランス語には、主に3つの単語があります。

【「仲間」を表す3つのフランス語】

  • camarade    男性、女性区別なく仕事の同僚や地域の友人などを表現するときに使う
  • copain      男性同士、女性同士のクラスメートや仲の良いグループを表現したいときに使う
  • compagnon   男性や女性の「連れ」「同伴者」という意味での「仲間」を表現したいときに使う

「仲間」と言っても、長い付き合いや関係性が長い場合もあれば、もっと浅い関係性の場合もあり、その距離感は人それぞれであると思います。

フランス語での会話の中で、付き合いのある「仲間」との関係性を適切に伝えたい場合、3つの単語を覚え、使い分けていくことでコミュニケーションミスによる誤解を防ぐことができますので、ぜひ覚えてみましょう。

 

目次

フランス語で「仲間」を表す単語の読み方と発音

一緒に仕事する仲間

ここではフランス語で「仲間」を表す単語や関連する単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

仲間①

フランス語で

camaradeキャマラハードゥ

という名詞の単語になり、「友達」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲間②(男性)

フランス語で

copainコォパン

という名詞の男性形になり、男性の仲間を表すときに使います。

また、「仲良し」「友達」という意味としても使われる単語です。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲間②(女性)

フランス語で

copineコピーヌ

という名詞の女性形になり、女性の「仲間」を表すときに使います。

また、「仲良し」や女性の「友達」を表すときにも使われる単語です。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲間③

フランス語で

poteポットゥ

という男性名詞の単語になり、「友達」という意味としても使います。

「pote(ポットゥ)」は主に会話などの話し言葉で使われ、「仲間」や「友達」を表すフランクな表現で、若い世代でよく使われる言葉になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲間④(男性)

フランス語で

compagnonコンパニョン

という男性名詞の単語になり、主に男の「仲間」「連れ」「同伴者」という意味として使います。

また文章での表現で「夫」、男性の「伴侶」「愛人」という意味としても使われる単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲間④(女性)

フランス語で

compagneコンパーニュ

という女性名詞の単語になり、主に女性の「仲間」や「同伴者」「連れ」を表すときに使います。

また、文章での表現で「妻」や、女性の「伴侶」「愛人」を表すときにも使われる単語です。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲間意識

フランス語で

camaraderieキャマラハドリィ

という女性名詞の単語になり、「連帯感」「仲間関係」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

仲がいい

フランス語で

copainコォパン

という形容詞の単語になり、主に会話など話し言葉の中で使われることが多い表現になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

フランス語で「仲間」を表す単語「camarade」を使った表現の読み方と発音、翻訳

クラスメイト

ここでは「仲間」を表すフランス語の「camarade」を使った表現やフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

クラスメイト①

フランス語で

camarade de classeキャマラハー ドゥ クラース

という表現になり、「級友」という意味としても使われます。

「classe(クラース)」はクラスの「生徒」や、「クラス」「学級」「教室」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

ルームメイト

フランス語で

camarade de chambreキャマラハー ドゥ ショーンブルフ

という表現になります。

「chambre(ショーンブルフ)」はホテルやアパート、マンションの「部屋」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

職場の仲間

フランス語で

camarade de bureauキャマラハー ドゥ ビュゥロホォ

という表現になり、「仕事の同僚」という意味としても使われます。

「bureau(ビュゥロホォ)」はここでは「会社」「事務所」「オフィス」や「部署」「部課」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

幼なじみ

フランス語で

camarade d’enfanceキャマラハー ドォンフォンス

という表現になり、男性、女性問わず、子供のときからの「仲間」や「友達」を表現するときに使います。

「d’enfance(ドォンフォーンス)」は「子供のときからの」「子供時代からの」という意味の表現になります。

「d’enfance(ドォンフォーンス)」は、前置詞「de(ドゥ)」と「enfance(ォンフォーンス)」の組み合わせで、「de(ドゥ)」の直後の単語の語頭が母音のため、短縮形の「d’」という形に変化しています。

「de(ドゥ)」は起点や出発点を表す「〜からの」「〜から」という意味の前置詞になり、英語の「from」と同じ意味の単語になります。

「enfance(ォンフォーンス)」はここでは「子供時代」「幼少時代」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

遊び仲間①

フランス語で

camarade de jeuキャマラハー ドゥ ジュ

という表現になります。

「jeu(ジュ)」は「遊び」「ゲーム」「競技」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

最高の仲間

フランス語で

meilleurs camaradesメイユール キャマラハードゥ

という表現になります。

「meilleur(メイユール)」はここでは「最も良い」「最高の」「よりよい」という意味の形容詞の単語になり、英語の「best」と「better」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はちら⬇️

 

フランス語で「仲間」を表す単語「copain」を使った表現の読み方と発音、翻訳

女性同士の仲間

ここでは「仲間」を表すもう一つのフランス語の「copain」を使った表現やフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声、カタカナでの読み方を含めて解説していきます。

クラスメイト②

フランス語で

copain de classeコォパン ドゥ クラース

という表現になり、主に男子、男性の「クラスメイト」を表すときに使います。

女性、女子の「クラスメイト」を表すときは女性形の「copine(コピーヌ)」を使い、下記のように表現します。

例文:copine de classe(コピーヌ ドゥ クラース)

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️例文の発音の確認はこちら⬇️

 

ボーイフレンド

フランス語で

petit copainプティ コォパン

という表現になり、「彼氏」という意味としても使います。

「petit(プティ)」はここでは「かわいい」「愛おしい」という親しみを込めた意味の形容詞で、ここでは修飾する名詞「copain(コォパン)」が男性形の名詞であるため、男性形の形になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ガールフレンド

フランス語で

petite copineプティトゥ コピーヌ

という表現になり、「彼女」という意味としても使います。

「petite(プティトゥ)」は形容詞「petit(プティ)」の女性形になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「仲間」を表す単語「compagnon」を使った表現の読み方と発音、翻訳

飼い主の後を追う犬

ここでは「仲間」を表すフランス語の「compagnon」を使った表現やフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

楽しい仲間

フランス語で

compagnons amusantsコンパニョン アミュゾン

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

僚友

フランス語で

compagnon de travailコンパニョン ドゥ トラハヴァイユ

という表現になります。

「travail(トラハヴァイユ)」は「仕事」「勉強」「作業」や「職場」「仕事場」という意味の男性名詞の単語になります。

職場で同じ仕事をしている「仲間」や「仕事仲間」を表現するときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

遊び仲間②

フランス語で

compagnon de jeuコンパニョン ドゥ ジュ

という表現になります。

「jeu(ジュ)」は、ここでは「遊び」「ゲーム」「競技」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

心の友

フランス語で

compagnon par le cœurコンパニョン パァ ル クュール

という表現になります。

「cœur(クュール)」はここでは「心」「本心」という意味の男性名詞の単語になります。

「par(パァル)」は「〜から」という意味の前置詞の単語になります。

ここではそのまま翻訳すると「心からの仲間」「心の通った仲間」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「仲間」「友達」を表すフランス語を使った表現の読み方と発音、翻訳

女性の同僚

ここではフランス語で「仲間」や「友達」を表す単語を使った表現について、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

気の合う仲間

フランス語で

amis amicauxアミィ ザミコ

という表現になります。

「amicaux(アミコ)」は、単数形「amical(アミカャル)」の複数形になり、「友情の込もった」「友好的な」「親切な」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

大切な仲間

フランス語で

chers amisシェール ザミィ

という表現になります。

「chers(シェール)」は、単数形「cher(シェール)」の複数形になり、ここでは「大切な」「貴重な」という意味の形容詞になります。

「cher(シェール)」は、ここでは修飾する名詞「amis(アミィ)」が男性の友達、または男性、女性どちらも含めた友達を表す複数形の名詞の男性形であるため、男性形の形になっています。

女性のみの「大切な友達」を表す表現は以下になります。

例文:chères amis(シェール ザミィ )

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️例文の発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「仲間」を表す単語やさまざまな表現のまとめ

ここではフランス語で仲間を表す単語の「camarade」や「copain」、「compagnon」について紹介してきました。

「仲間」を表現する3つの単語には、大まかに以下の違いがありました。

【「仲間」を表すフランス語の大まかな違い】

  • camarade    男性、女性を意識せず、職場の同僚や古い付き合いの友人などを表現するときに使う
  • copain      男性同士、または女性同士のクラスメートや仲の良いグループを表現したいときに使う
  • compagnon   男性または、女性の「連れ」「同伴者」という意味で「仲間」と表現したいときに使う

このように「仲間」と一言で表すには難しいほど、付き合いの時間の長短、関係性の深浅、お互いの感情などが入り混じり、人それぞれさまざまな関係性が存在します。

フランス語での会話の中で、付き合いのある「仲間」との関係性を適切に伝えたい場合、ここで紹介した3つの単語を覚え、関係性に応じて使い分けていくことで、コミュニケーションミスによる誤解を防ぐことができますので、ぜひ覚えてみましょう。

 

 

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須