「久しぶり」と伝えるフランス語と関連する表現の読み方と発音、翻訳とは?

久しぶりに会った友達

ここでは「久しぶり」と伝えるフランス語の表現や、「久しぶり」に関連するさまざまなフランス語の表現について紹介していきます。

以前会ったことがあるフランス人の友人や仲間と長い期間を経て再会したとき、「久しぶり」や「久しぶりですね」とフランス語で伝えたい場面があるかと思います。

そのような場面で役に立つ「久しぶり」とフランス語で伝えるフレーズ、表現を覚えて使ってみましょう。

 

フランス語で「久しぶり」と伝える表現の読み方と発音

ブランコに座って話す二人の女性

ここでは「久しぶり」と伝えるフランス語の表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

久しぶり

フランス語で

Ça fait longtempsサ フェ ロンタォン

という表現になります。

「ça(サ)」は、ここではその場の状況や、漠然とした推測できることを指す役割として使われており、英語の「it」や「this」「that」と同じ役割の単語になります。

「fait(フェ)」は、ここでは客観的な事実を意味する役割で使われています。

「longtemps(ロンタォン)」は「長期間」「長い間」「久しく」という意味の副詞になり、英語の「for a long time」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

お久しぶりです①

久しぶりに会った二人の女性

フランス語で

Ça fait un bailサ フェ アン バイュ

という表現になります。

「bail(バイュ)」は、長い「期間」という意味の男性名詞になり主に会話の中で使うときの意味になります。

他にマンションなどの「賃貸借契約」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

お久しぶりです②

フランス語で

On ne vous a plus vuオン ヌ ヴ ザ プリュ ヴュ

という表現になり、そのまま翻訳すると「私たちはしばらく会っていない」という意味になります。

「on(オン)」は、ここでは特定の人を表す役割で、主に会話の中で「私たちは」「私は」や「あなたたちは」「彼は」「彼女は」という意味で使われます。

「ne・・plus〜」で「もう〜ない」という意味の表現になります。

「vu(ヴュ)」は、ここでは「見ること」という意味の男性名詞の単語になります。

t⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

お久しぶりです③

フランス語で

Ça fait un sacré bail !サ フェ アン サクレ バイュ

という表現になります。

「sacré(サクレ)」は、名詞の前で「すごい」「とんでもない」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「bail(バイュ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 sacréの変化】

  • sacré(サクレ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • sacrée(サクレ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️sacréの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️sacréeの発音の確認はこちら⬇️

 

「久しぶり」に関連するフランス語の表現の読み方と発音、翻訳

白い家の窓から顔を出すおばあちゃん

ここではフランス語で「久しぶり」という表現に関連するさまざまなフレーズについて、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

お久しぶりですね

フランス語で

Il y a longtemps que je ne vous ai pas vuイリヤ ロンタォン ク ジュ ヌ ヴ ゼ パ ヴュ

という表現になります。

「il(イル)」は、ここでは非人称主語の役割で使われている代名詞になり、英語の「it」と同じ働きの単語になります。

「je(ジュ)」は「私は」という意味の人称代名詞になります。

「・・ne〜pas」は「〜ない」という意味の否定を表す表現になります。

「ai(エ)」は「avoir(アヴォワール)」が原形になり、ここでは状態を表現する「〜である」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

久しぶりにお会いできて嬉しいです

フランス語で

Je suis heureux de vous revoirジュ スュィ ズゥルゥ ドゥ ヴ ルフヴォワール

という表現になります。

「heureux(ウゥルゥ)」は「〜が嬉しい」「幸せな」「〜で喜んでいる」という意味の形容詞になります。

「revoir(ルフヴォワール)」は「〜に再会する」「〜を再び訪れる」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

久しぶりに会いましたね

フランス語で

Je t’ai rencontré après un longtempsジュ テ ラォンコントレ アプレヘ ザォン ロンタォン

という表現になります。

「rencontré(ラォンコントレ)」は「rencontrer(ラォンコントレ)」が原形になり、「〜に出会う」、偶然に「〜に会う」「めぐり会う」という意味の動詞になります。

「après(アプレ)」は、時間や期間を対象として「〜のあとで」「〜を経て」「〜ののちに」という意味の前置詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

久しぶりに会いに行きます

フランス語で

Je vais te voir pour la première fois depuis longtempsジュ ヴェ トゥ ヴォワ プゥ ラ プルフミェール フォワ ドゥピュイ ロンタォン

という表現になります。

「voir(ヴォワール)」は、ここでは人に「会う」「再び会う」という意味の動詞になります。

「pour(プゥル)」は「〜ゆえに」「〜なので」という意味の前置詞になります。

「la première fois(ラ プルフミェール フォワ)」は「初めて」「最初に」という意味の表現になります。

「depuis(ドゥピュイ)」は、ここでは過去のとある時点から「〜から」「〜以来」という意味の前置詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「久しぶり」という表現のまとめ

ここではフランス語で「久しぶり」と伝えるための表現や、「久しぶり」という表現に関連するさまざまなフレーズについても紹介してきました。

長い間会う機会がなかった友人や知人、さまざまな事情で長い時間を経て、友人や家族、仲間に再会したとき、フランス語で「久しぶり」と伝えるにはなんて言ったらいいのか、と困ることがあるかもしれません。

そのような場面や状況で使える表現やフレーズを厳選して紹介していますので、ぜひ覚えてみましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須