フランス語で自己紹介のあと「よろしくお願いします」と伝えるフレーズとは?

よろしくお願いしますの握手

ここではフランス語で「よろしくお願いします」と伝えるフレーズについて紹介をしていきます。

日本人の感覚で会話する場合、初めて会う人に自己紹介をしたあと、「よろしくお願いします!」と伝えたり、相手に何かをお願いする場面や、良きに取りはからってくれることを期待するとき、「よろしくお願いします」と伝える習慣があると思います。

このような場面において、フランス語で「よろしくお願いします」と伝えるためには、どのようなフレーズ、単語を使えばいいのかわかりませんよね。

自己紹介のときに「よろしくお願いします」とフランス語で伝えるフレーズ、相手に何かをお願いしたり、依頼をするときに伝えるフランス語の「よろしくお願いします」のフレーズと、その使い方、翻訳、発音の音声、カタカナでの読み方について紹介し、解説をしていきます。

フランス語で「よろしくお願いします」と伝えるフレーズ

フランス語には、日本語と同じ意味で使う「よろしくお願いします」に相当するフレーズはありませんが、日本語に翻訳したときに「よろしくお願いします」と近い意味になり、その気持ちを伝えることができるフレーズはあります。

しかし、フランス語で「よろしくお願いします」に相当するフレーズに込められた意味や気持ちは、日本人が使う意味とは少し異なりますので、この違いをしっかりと理解した上で使うと、より良いコミュニケーションができるのではと思います。

具体的にどのような違いがあるのかというと、日本人が使う「よろしくお願いします」には、特別な意味がこめられていない、社交辞令のような使い方をするケースがかなり多いのではないかと思います。

しかしフランス人が使う「よろしくお願いします」にあたるのフレーズには、それなりの意味が込められている、と考えて良いと思います。

ここでは各場面で使われるフランス語の「よろしくお願いします」に込められた意味や気持ちも含めて紹介し、解説をしていきます。

 

フランス語で「よろしくお願いします」と自己紹介で使えるフレーズ

真上から見た会議デスクの様子

ここではフランス語で自己紹介をするとき、「よろしくお願いします!」と伝えるフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

初対面で自己紹介をしたあとの日本人の感覚では、ほぼ必ずと言っていいほど「よろしくお願いします」や「よろしく!」と伝え、その「よろしくお願いします」に特に意味を持たせて使っていることは少ないのではないかと思います。

しかしフランス人の感覚では、初対面で自己紹介して、「よろしくお願いします」に相当するフレーズを言うときは、その相手に「またお会いしたい。」、「これからも付き合いが続くことを願っている。」という意味が込められていることが多いと考えて良いです。

そのため、フランス人が「よろしくお願いします!」と初対面の相手に言われた場合、「あ、この人はこれからも自分との付き合いを望んでいるんだ」という受け取り方をすると思います。

このような感覚をしっかりと理解した上で、フランス語で「よろしくお願いします!」を効果的に使っていきましょう。

はじめまして、よろしくお願いします。

握手を求めて手を出す写真

フランス語で

Enchanté.アォンシャンテ

Enchantée.アォンシャンテ

という単語になります。

「はじめまして」という意味合いが強く、初対面の相手との挨拶でとてもよく使われます。

「Enchanté」は「とてもうれしい」「大変満足です」という意味の単語なので、初対面の相手への自己紹介のときに使うと「あなたにお会いできてとてもうれしいです」という気持ちが伝わるフレーズです。

「Enchanté」と「Enchantée」は、男性が使うのか、女性が使うのかによって使い分けがされます。

【男性と女性の使い分け】

  • Enchanté   あなたが男性の場合
  • Enchantée    あなたが女性の場合

どちらも発音は同じなので、会話の中でこの違いを意識する必要はありませんが、手紙やメールなど、文章で使う場合には気をつけて使い分けができるといいですね。

⬇️Enchantéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️Enchantéeの発音の確認はこちら⬇️

 

よろしくお願いします。

フランス語で

Merci d’avance.メルスィ ダヴァンス

という表現になり、「よろしく頼みます」という意味としても使われます。

「d’avance(ダヴァンス)」は「前もって」「先に」「あらかじめ」という意味の単語なので、そのまま翻訳すると「前もってお礼を言っておきます」という意味となり、日本語のニュアンスでは、「よろしくお願いします」というフレーズになります。

相手に何かをお願いするとき、最後に「Merci d’avance(メルスィ ダヴァンス)」と使うことができ、会話の中で使えるのはもちろんですが、Eメール、手紙、文書でも使うフレーズです。

英語の電子メール、手紙の文末などで使われることがある、「thanks in advance」や「thank you in advance」と同じ意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

 

フランス語で「よろしくお願いします」とお願い・依頼するフレーズ

上目使いで見つめる少女

ここでは、相手に何かをお願いするときにフランス語で「よろしくお願いします」と伝えるためのフレーズについて、日本語の翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

相手に何かをお願いをしたり、依頼するときに使う「よろしくお願いします」は、フランス語においても日本語においても、意味、使い方ともに同じ認識で問題ないと思います。

ここではフランス語の「よろしくお願いします」を使って、相手にお願いをしたり、依頼をするときに、気を付けるべきマナーも含めて紹介していきます。

お願いします。

フランス語で

S’il vous plaît.シル ヴ プレ

という表現になり、「よろしくお願いします」という意味でもとてもよく知られ、よく使われるフレーズです。

相手に何かを頼みごとをしたり、お願いしたあとなどに使うことの多いフレーズです。

フランスでは子どものころから人に何かを頼みごとをしたり、お願いするときには、必ず「S’il vous plaît.」を付けるようにしつけられており、幼い頃からマナーとして身についている方がほとんどです。

「vous(ヴ)」を使っているフレーズなので、お店の店員、レストランやホテルのスタッフ、まだ人間関係が浅い相手や年配、年上の方に対してのコミュニケーションで活躍するフレーズです。

また、レストランなどでお店のスタッフを呼ぶとき、日本語では「すいません!」と声をかけることが多いと思いますが、このようなとき、フランスでは「S’il vous plaît!(シル ヴ プレ)」と使います。

フランスのレストランなどでお店のスタッフを呼びたいとき、「S’il vous plaît.(シル ヴ プレ)」を覚えておくととても役に立つと思います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

お願い!

フランス語で

S’il te plaît.シル トゥ プレ

という表現になり、「頼む!」という意味としても使われ、家族や親しい友人、子どもとのコミュニケーションで使うことの多いフレーズです。

こちらは「tu/te(テュ/テ)」を使っているフレーズであるため、家族や親しい友人、子どもなど人間関係ができている相手とのコミュニケーションで使うのに適したフレーズです。

人間関係ができている間柄であっても、こちらから見て相手が年上、または年配の方であれば「S’il vous plaît.(シル ヴ プレ)」を使うほうが失礼がないと思います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

よろしくお願いします。

フランス語で

Je compte sur vous.ジュ コーント スュル ヴー

というフレーズとなり、「お願いします」という意味としても使われます。

このフレーズは、「あなたを頼りにしています」「あなたに期待してます」「あなたのことをあてにしています」という、相手への依存の気持ちが少し含まれたニュアンスになります。

本気で相手に何かをお願いしたいときに使うと気持ちが伝わりやすいフレーズになりますが、使い方を間違えてしまうと相手に重い印象を与えてしまう可能性があるので気をつけて使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

 

フランス語で「よろしくお願いします」と電子メール・手紙で使うフレーズ

電子メールを打つ少女

ここでは電子メールや手紙、文書等で使うフランス語の「よろしくお願いします」に相当する単語、フレーズについて、日本語の意味と翻訳からフランス語を紹介し、カタカナでの読み方と発音の音声を含めて解説していきます。

電子メールや手紙、文書などの結びの言葉として友人や家族宛てだけでなく、ビジネスの場面でも使うことができるフレーズを紹介していきますので、フランス人の友人や取引先、お客様宛てに手紙や電子メールを書くときにはぜひ使ってみましょう。

よろしく

フランス語で

Cordialement.コォディアルマン

という単語になり、「心から」という意味でも使われ、手紙や電子メールの文末で使われることが多い単語です。

英語の電子メールや手紙の文末に使われている、「Regards」や「Best regards」に相当するフレーズとなります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

心を込めて

フランス語で

Cordialement votre.コォディアルマン ヴォトフ

という表現となり、「よろしくお願いします」という意味としても使われます。

相手への親愛の気持ちを込めて、手紙や電子メールの末尾に使われることの多いフレーズです。

英語の電子メール、手紙の文末に書かれている「Sincerely」や「Sincerely yours」に相当するフレーズとなります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

誠意を込めて

フランス語で

Cordialement sincèrement.コォディアルマン サンセルハマン

という表現となり、「よろしくお願いいたします」という意味としても使われるフレーズです。

相手への敬意、親愛の気持ちを込めて手紙や電子メールの末尾で使われることの多いフレーズです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

よろしくお願いします。

フランス語で

Je vous remercie d’avance.ジュ ヴ ルメルスィ ダヴァンス

というフレーズになります。

このフレーズは電子メールや手紙だけでなく、会話においても使われることの多いフレーズです。

そのまま日本語に翻訳すると、「私はあなたが〜してくれると信じて先に感謝します」という気持ちが込められており、相手に何かをお願いしたいとき、「期待にこたえてくれると信じて感謝します」という気持ちや願いを伝えたいときに使われるフレーズです。

【活用の例文】

Je vous remercie d’avance de votre coopération.ジュ ヴ ルメルスィ ダヴァンス ドゥ ヴォトフ コォペラスィヨン

「ご協力いただけると信じて感謝します」「何とぞよろしくお願いいたします」という意味のフレーズです。

上記例文のような使い方もできますので、場面に合わせて適切な単語を入れて使ってみましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️活用の例文の発音の確認はこちら⬇️

 

 

フランス語で「よろしくお願いします」と伝えるフレーズのまとめ

ここではフランス語で「よろしくお願いします」と伝えるためのさまざまなフレーズと、それによって相手に伝わる気持ちについて紹介し、解説をしてきました。

フランス語には日本語の「よろしくお願いします」と同じ意味を持ったフレーズはありませんが、日本語に翻訳したときに「よろしくお願いします」に相当するフレーズはいくつかあります。

それらフレーズには、自分のお願いを相手に丁寧に伝えるという役割や、自分の気持ちをしっかりと相手に届けるための役割があると認識していただければ良いと思います。

【フランス語の「よろしくお願いします」に込められた3つ役割】

  • 自分のお願いを相手に丁寧に届けたいという想いを伝える役割
  • 自分のお願いをしっかりと相手に聞いて欲しいという想いを伝える役割
  • コミュニケーションの相手と今後もより良い関係を続けていきたいという想いを伝える役割

フランス語の「よろしくお願いします」それぞれのフレーズには、上記3つ役割があることを理解して、あなたの気持ちをしっかりと伝えるために使ってみましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須