「ルージュ(rouge)」はフランス語でどんな意味の言葉?

白い壁の口紅の後

ここでは「ルージュ(rouge)」というフランス語の言葉について、どんな意味の言葉なのか、関連する言葉にはどんな言葉があるのか紹介していきます。

 

「ルージュ(rouge)」はフランス語で「赤」「口紅」という意味の言葉

赤いショーウィンドウ

フランス語の「ルージュ(rouge)」という言葉について詳しく紹介していきます。

rougeルージュ

色などが「赤い」や人の顔が「紅潮した」「赤い」、金属などが「赤く焼けた」という形容詞としての意味、「赤色」「赤」や「口紅」、「赤い絵の具」や「赤ワイン」、会計や帳簿の「赤字」という男性名詞としての2つの意味があります。

形容詞の「ルージュ(rouge)」は、修飾する名詞が男性名詞、女性名詞どちらでも変化はせずそのままの形で使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「ムーランルージュ」はフランス語の言葉!その本当の意味とは?

ムーラン・ルージュ

ここでは「ムーランルージュ(Moulin Rouge)」という言葉について、詳しく紹介していきます。

Moulin-Rougeムーラン ルージュ

フランス語で「赤い風車」という意味の言葉になります。

そして「ムーランルージュ(Moulin-Rouge)」は、フランスのパリ市内、モンマルトルにあるとても有名なキャバレーの名前としてよく知られていて、屋根に赤い風車がある建物は、フランスの観光スポットの1つとしても知られています。

ムーランルージュは、パリで万国博覧会が開催され、エッフェル塔が開業したのと同じ1889年に開業し、第一次世界大戦、第二次世界大戦中も営業を続け、現在まで130年以上にわたって営業を続けているキャバレーです。

ムーランルージュの長い歴史の中で活躍した有名人は数多く存在し、世界的に有名なところではフランク・シナトラやエルヴィス・プレスリーなどがいます。

またムーランルージュのショーを観覧に訪れた有名人では、イギリスのエリザベス女王など各国の国賓の方々も数多く訪れていて、今でも世界的に有名なパリの観光スポットになっています。

「moulin(ムーラン)」は「風車」「水車」や「水車小屋」、「粉砕器」、会話の中で車や航空機の「エンジン」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「ルージュ(rouge)」に関連するフランス語の言葉や表現

口紅を塗る女性の横顔

ここでは「ルージュ(rouge)」というフランス語に関連する言葉や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて紹介していきます。

口紅

口紅を塗る女性の口元

フランス語で

rouge à lèvresルージュ ア レーヴル

という表現になります。

「lèvres(レーヴル)」は「lèvre(レーヴル)」の複数形になります。

「lèvre(レーヴル)」は「口元」「唇」という意味の女性名詞になり、ほとんどの場合、複数形で使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

リップスティック

フランス語で

bâton de rougeバトン ドゥ ルージュ

という表現になります。

「bâton(バトン)」は「棒」「杖」や「指揮棒」「棒状のもの」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

赤ワイン(ヴァンルージュ)

赤ワインのボトルとグラス

フランス語で

vin rougeヴァン ルージュ

という表現になります。

「vin(ヴァン)」は「ワイン」「ぶどう酒」やワインにだけでなく一般的な「お酒」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「赤」という意味の言葉「ルージュ(rouge)」のまとめ

ここではフランス語の「ルージュ(rouge)」という言葉について、関連する言葉も含めて紹介し、解説をしてきました。

「ルージュ」という言葉は、歌の歌詞や題名の中の言葉や小説や映画のセリフの中の言葉として、また商品名や映画やドラマの作品名などとして日本でもよく目にします。

しかし「ルージュ(rouge)」が本当の意味でどこの国で使われている言葉なのか、知っていた人は数少なかったのではないかと思います。

「ルージュ(rouge)」という言葉について知ることで、今までよりもしっかりと物事の意味や理由を理解できるようになるので、ぜひ覚えていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須