フランス語で「時間」を表す言葉や「時刻」の言い方の表現の読み方と発音、意味とは?

椅子の上の時計

ここではフランス語で「時間」や「時刻」を表す言葉や表現について紹介をしていきます。

今日本ではスマホや電気製品などに時計が付いていたりして、いつでもどこでも時間が分かる便利な世の中になり、人に時間を聞くような場面がかなり少ないと思います。

しかし海外に旅行したときは、生活環境の違いや時差の関係などで時間を確認する場面や人に尋ねる場面が多かれ少なかれ出てくるかと思います。

特にフランスではフランス語を話せると何かと助かる場面が多くあると思います。

フランス語で『いま、何時ですか?』と時刻を聞いたり、街中で困っている人に不意に時間を聞かれたときにしっかりと答えてあげられるよう、最低限の表現は使えるようにしておきたいですよね。

ここではフランス語で「時間」を表す言葉と「時刻」の伝え方についてわかりやすく紹介していきますので、しっかりと見に付けて使えるようにしていきましょう。

目次

フランス語で「時間」「時刻」を表すときに使う基本的な単語の読み方と発音

機械式の時計

ここではフランス語で「時間」や「時刻」を表すときに使う基本的な単語3つについて、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

時(じ)

フランス語で

heureアー

という女性名詞になり、時刻を表示するときは「数字+heure」と使います。

1時を表すとき以外は「heures」と複数形で表記しますが発音は「heure」と同じになります。

また、時刻を表すときに略して「数字+h」と表記されることもあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

分(ふん)

フランス語で

minuteミニュトゥ

という女性名詞の単語になります。

時間の単位において「分」を意味し、かかる時間を表したり、必要な時間を伝えたりするのに使いますが、時刻を表現するときには、「munite(ミニュトゥ)」という単語は文末で省略されます。

また時刻を表すときに略して「数字+min.」と表記されることもあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

秒(びょう)

秒針

フランス語で

secondeスゴンドゥ

という女性名詞になります。

時間の単位「秒」を表す単語になり、タイム計測など時間を細かく言い表すときに使割れますが、時刻を表現するときには「seconde(スゴンドゥ)」という単語も使われません。

表記は英語と似ているため、「seconde」の「con」の箇所の発音を間違いやすいので気をつけて覚えましょう。

また、表現を略して「数字+sec.」と表記されることもあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で12時間制で「時間」を伝える表現の読み方と発音、意味

丸い壁掛け時計

ここではフランス語の日常会話で時間を表すときによく使う12時間制の表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

時刻(12時間制) フランス語 カタカナ読み 発音
0:00 minuit ミニュイ
1:00(※) un heure ユナー
2:00 deux heures ドゥザー
3:00 trois heures トワザー
4:00 quatre heures カトラー
5:00 cinq heures サンカー
6:00 six heures シザー
7:00 sept heures セッター
8:00 huit heures ユイッター
9:00 neuf heures ナヴァー
10:00 dix heures ディザー
11:00 onze heures オンザー
12:00 midi ミディ

※1時は「heure」と単数形で表記し、それ以外の時間は「heures」と複数形で表記しますが、発音に変化はありません。

 

フランス語で24時間制で「時間」を伝える表現の読み方と発音、意味

世界の時間

ここでは24時間制で正確な時間を伝えるときに使うフランス語の表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

24時間制の表現は、12時間制の時間の表現と比べて読み方や発音が少し複雑になりますので、丁寧に見ていきましょう。

特に「2時」を表す「deux heures(ドゥザー)」と「12時」を表す「douze heures(ドゥーザー)」の発音の違いに気をつけて練習しましょう。

時刻(12時間制) フランス語 カタカナ読み 発音
0:00 minuit ミニュイ
1:00 un heure ユナー
2:00 deux heures ドゥザー
3:00 trois heures トワザー
4:00 quatre heures カトラー
5:00 cinq heures サンカー
6:00 six heures シザー
7:00 sept heures セッター
8:00 huit heures ユイッター
9:00 neuf heures ナヴァー
10:00 dix heures ディザー
11:00 onze heures オンザー
12:00 douze heures ドゥーザー
13:00 treize heures トレザー
14:00 quatorze heures カトルザー
15:00 quinze heures カンザー
16:00 seize heures セザー
17:00 dix-sept heures ディセッター
18:00 dix-huit heures ディズュイッター
19:00 dix-neuf heures ディズナヴァー
20:00 vingt heures ヴァンター
21:00 vingt-et-une heures ヴァンテユナー
22:00 vingt-deux heures ヴァンドゥザー
23:00 vingt-trois heures ヴァントワザー
24:00 vingt-quatre heures ヴァンカトラー

 

12時間制と24時間制で細かい時間を伝える表現の違いと気をつけるべきポイント

24時間表示の時計と白い壁

ここではフランス語の「12時間制」と「24時間制」で時間を伝えるときに注意すべき表現の違いや気をつけるべきポイントについて、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

「12時間制」と「24時間制」の時間表現は、大まかに以下のように使い分けると覚えておくと参考になります。

【2つの時間制の使い分けの場面】

  • 12時間制  大まかに時間を伝えるとき
  • 24時間制  誤解なく時間を伝えたいとき

 

12時間制で時間を伝えるときによく使う表現

日常生活でよく使われる12時間制での時刻の伝え方は、15分、30分、45分をざっくり伝える表現を使います。

15分

15分を指す時計

フランス語で

quartカー

という男性名詞の単語になり、「4分の1」という意味のになります。

アナログ時計を見たとき、60分を4分割したイメージで「15分」と伝え、「数字+heure(s)+et quart (アー エ カ-)」という表現になります。

【15分の表現例】

  • 11時15分  onze heure et quart(オンザー エ カー)

上記のフレーズは直訳すると「11時と4分の1」になり、つまり「11時15分」と訳すことができます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️表現例の発音の確認はこちら⬇️

 

30分

30分を指すスマホアプリの時計

フランス語で

demiドゥミ

demieドゥミ

という形容詞になり、「半分」や「2分の1」という意味の単語になります。

日本語の「〜時半」と同じ表現をフランス語で表現するには、「heure(s)」のうしろに「 et+demi(e)(エ ドゥミ)」をつけることで「〜時半」「〜時30分」を伝えることができます。

2つの単語の使い分けは以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • demi(ドゥミ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • demie(ドゥミ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

【30分の表現例】

  • 12時30分  midi et demi (ミディ エ ドゥミ)
  • 0時30分   minuit et demi(ミニュイ エ ドゥミ)
  • 1時30分    une heure et demie (ユナ― エ ドゥミ)
  • 6時30分   six heures et demie(シザー エ ドゥミ)

それぞれの例文の発音は以下になります。

⬇️demiとdemieの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️midi et demiの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️minuit et demiの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️une heure et demieの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️une heure et demieの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️six heures et demieの発音の確認はこちら⬇️

 

45分

2本の木に挟まった45分を指す時計

フランス語で

moins le quartムワン ル カー

という表現になり、「〜時15分前」という意味でも使います。

「moins(ムワン)」は「マイナス(-)」という意味の前置詞になり、「moins le quart(ムワン ル カー)」は、次の時刻からひき算をして「〜時15分前」と伝える表現になり「〜時45分」という表現で使います。

【45分の表現例】

  • 9時45分(10時15分前)    dix heures moins le quart(ディザー ムワン ル カー)
  • 午前11時45分(12時15分前)    midi moins le quart (ミディ モワン ル カー)
  • 午後11時45分(0時15分前)  minuit moins le quart(ミニュイ モワン ル カー)

⬇️moins le quartの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dix heures moins le quartの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️midi moins le quartの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️minuit moins le quartの発音の確認はこちら⬇️

 

時間を表すときによく使うフランス語で「〜時〜分前」と伝えるときに使う表現

ここではフランス語で「〜時〜分前」と表現したいときのフレーズについて、5分刻みの時間を例に取り、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

フランス語では、12時間制で時刻を伝えるとき、時計の長針が30分を過ぎると「〜時〜分前」という表現を使い、カウントダウン方式で時間を表現します。

1時35分

1時35分くらいを指す時計

フランス語で

deux heures moins vingt-cinqドゥザー ムワン ヴァン サンク

という表現になり、直接翻訳すると「2時25分前」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

1時40分

1時40分を指す腕時計

フランス語で

deux heures moins vingtドゥザー ムワン ヴァン

という表現になり、直接翻訳すると「2時20分前」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

1時45分

1時45分を指す時計

フランス語で

deux heures moins le quartドゥザー ムワン ル カー

という表現になり、直接翻訳すると「2時15分前」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

1時50分

1時50分くらいを指す壁掛け時計

フランス語で

deux heures moins dixドゥザー ムワン ディス

という表現になり、直接訳すと「2時10分前」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

1時55分

1時55分を指すアプリの時計

フランス語で

deux heures moins cinqドゥザー ムワン サンク

という表現になり、直接訳すと「2時5分前」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「午前」「午後」「夜の」という表現をつけて明確に時間を表す方法

ピンクと薄緑色の壁と時計

ここではフランス語で時間を明確に伝えたいとき「午前」や「午後」、「夜〜時」と表現する方法について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

この表現は主に「12時間制」で時間を表現するとき、それが夜なのか昼なのか明確にしたいときに使います。

午前

フランス語で

du matinデュ マタン

という表現になります。

「du(デュ)」は男性名詞につく部分冠詞になり、抽象名詞や気体、液体など数が定まらないようなものを表す名詞の前につきます。

「matin(マタン)」は「朝」や「午前」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

午後

フランス語で

de l’après-midiドゥ ラプレ ミディ

という表現になります。

「après-midi(アプレ ミディ)」だけでも「午後」や「昼」という意味で使いますが、「午後〜時」と時間を明確に伝えるときは「時間+de l’après-midi(ラプレ ミディ)」という形で使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

夜(の)

フランス語で

du soirデュ ソワー

という表現になります。

「du(デュ)」は数えられない名詞の男性名詞の前につく部分冠詞になります。

「soir(ソワー)」は「夜」「夕方」、また「午後」や文語表現中では「晩年」「たそがれ」という意味で使う男性名詞になります。

「夕方〜時」や「夜〜時」と時間を明確に伝えるときに「時間+du soir(デュ ソワー)」の形で使います。

「du soir(デュ ソワー)」と「de l’après-midi(ラプレ ミディ)」の使い分けは、午後5時くらいを目安にそれよりも早く、正午までの時間帯は「de l’après-midi(ラプレ ミディ)」、午後5時以降は「du soir(デュ ソワー)」を使うと覚えておくと便利です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

12時間制で時間を明確に伝えるための表現文例

ここでは時間を明確に伝えるための表現フレーズ例について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

午前8時です

フランス語で

Il est huit heures du matinイレ ユイッター デュ マタン

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

午後2時です

フランス語で

Il est deux heures de l’après-midiイレ ドゥザー ドゥ ラプレ ミディ

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

夜の10時です

フランス語で

Il est dix heures du soirイレ ディザー デュ ソワー

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

 

「午前」や「午後」をつけて時間を明確に伝える表現は、目の前にいる相手との共通認識の中で今が午前中なのか、午後なのか、夜なのか明確になっていることが多いため、現在の時刻を伝えるという目的で使われることはありません。

しかし、過去や未来のことを話したり、説明をする中で時間を明確にして話をするときにはよく使う重要な表現となりますのでしっかりと覚えておきましょう。

 

着いたのは午前1時でした

フランス語で

Nous sommes arrivés à une heure du matinヌ ソム ザリヴェ ア ユナー デュ マタン

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

電車は夜の9時発です

フランス語で

Le train partira à neuf heures du soirル トラン パーティラ ア ナヴァー デュ ソワー

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

24時間制で細かい時間を伝えるときの表現

24時間制の時間表現は、相手に細かく正確な時刻を伝えるために使われます。

公式の場で使われることが多いのですが、もちろん日常でもよく使われる時間表現です。

フランス語で1~59までの数詞を覚えればすぐに使える表現法ではありますが、以下の注意点に気をつけて使いましょう。

【24時間制で時間を伝えるときの注意点】

24時間制で時刻を伝える場合、12時間制の時間表現で「〜分」を表すときに使う「et demie」「 et quart」「moins le quart」 「moins」は使えませんので、間違えないように注意して覚えましょう。

以下に誤った使い方をした表現例と正しい表現例と紹介します。

  • 13時45分   quatoize heures moins le quart(カトルザー ムワン ル カー)

「quatoize heures(カトルザー)」は24時間制の時間表現であるため、「15分前」という表現の「moin le quart(ムワン ル カー)」と併用できません。

従って正しく「13時45分」を伝えるときは以下の表現になります。

  • 13時45分   treize heures quarante-cinq(トレザー カラォントゥサン)

また、24時を表すvingt-quatre heures(ヴァンカトラー)という表現は時刻を伝える目的で使うことはなく、日付が変わったことを表す「0時 zéro heure(ゼロ ウー)」や「il est minuit(イレ ミニュイ)」を使うので覚えておきましょう。

 

フランス語で「時間」「時刻」を細かく伝えたいときに使う基本表現と数字

細かい時間を表示する時計

ここでは、ここまで学んだ時間表現を使って時刻を伝えるための基本的な表現について日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

時間表現において、以下の表現の型をしっかりと覚えましょう。

【時間表現の基本の型】

  • ◯時△分です    Il est + ◯ heure(s)+△

上記は12時間制でも24時間制でも使える基本の型になります。

 

3時15分です

フランス語で

Il est trois heures et quartイレ トワザー エ カー

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

15時15分です

フランス語で

Il est quinze heures quinzeイレ カンザー カンズ

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

11時25分前です(10時35分)

フランス語で

Il est onze heures moins vingt-cinqイレ オンザー ムワン ヴァンサンク

という表現になり、「11時25分前」という意味になり「10時35分」を表すときに使います。

フランス語では英語や日本語で使われる「~時~分過ぎ」という表現は使わず、「〜時〜分前」という表現を使います。

「〜時〜分前」という表現は12時間制で時刻を伝えるときにのみ使える表現になり、時計の長針が30分を過ぎてから使う表現になります。

【12時間制でのみ使える時間表現の型】

  • ◯時△分前です    Il est + ◯ heure(s) moins + △

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ここからは時間の単位「分」の表現について、1〜59分まで日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

普段の生活の中でフランス語で何回も使うように心がけ、しっかりと覚えて正しい発音で言えるようにしましょう。

時間 フランス語 カタカナ読み 発音
1分 une minute ユヌ ミニュトゥ
2分 deux minutes ドゥ ミニュトゥ
3分 trois minutes トワ ミニュトゥ
4分 quatre minutes カトル ミニュトゥ
5分 cinq minutes サン ミニュトゥ
6分 six minutes シス ミニュトゥ
7分 sept minutes セット ミニュトゥ
8分 huit minutes ユイッ ミニュトゥ
9分 neuf minutes ヌフ ミニュトゥ
10分 dix minutes ディ ミニュトゥ
11分 onze minutes オンズ ミニュトゥ
12分 douze minutes ドゥーズ ミニュトゥ
13分 treize minutes トレーズ ミニュトゥ
14分 quatorze minutes カトーズ ミニュトゥ
15分 quinze minutes カーンズ ミニュトゥ
16分 seize minutes セーズ ミニュトゥ
17分 dix-sept minutes ディセッ ミニュトゥ
18分 dix-huit minutes ディズュイ ミニュトゥ
19分 dix-neuf minutes ディズ ナフ ミニュトゥ
20分 vingt minutes ヴァン ミニュトゥ
21分 vingt-et-une minutes ヴァンテユヌ ミニュトゥ
22分 vingt-deux minutes ヴァンドゥ ミニュトゥ
23分 vingt-trois minutes ヴァントワ ミニュトゥ
24分 vingt-quatre minutes ヴァンキャトル ミニュトゥ
25分 vingt-cinq minutes ヴァンサン ミニュトゥ
26分 vingt-six minutes ヴァンシ ミニュトゥ
27分 vingt-sept minutes ヴァンセッ ミニュトゥ
28分 vingt-huit minutes ヴァンテュイッ ミニュトゥ
29分 vingt-neuf minutes ヴァンナフ ミニュトゥ
30分 trente minutes トラント ミニュトゥ
31分 trente-et-une minutes トランテユヌ ミニュトゥ
32分 trente-deux minutes トラントゥドゥ ミニュトゥ
33分 trente-trois minutes トラントゥトワ ミニュトゥ
34分 trente-quatre minutes トラントゥカトル ミニュトゥ
35分 trente-cinq minutes トラントゥサン ミニュトゥ
36分 trente-six minutes トラントゥシス ミニュトゥ
37分 trente-sept minutes トラントゥセッ ミニュトゥ
38分 trente-huit minutes トランテュイ ミニュトゥ
39分 trente-neuf minutes トラントゥナフ ミニュトゥ
40分 quarante minutes カラォントゥ ミニュトゥ
41分 quarante-et-une minutes カラォンテユヌ ミニュトゥ
42分 quarante-deux minutes カラォントゥドゥ ミニュトゥ
43分 quarante-trois minutes カラォントゥトワ ミニュトゥ
44分 quarante-quatre minutes カラォントゥカトル ミニュトゥ
45分 quarante-cinq minutes カラォントゥサン ミニュトゥ
46分 quarante-six minutes カラォントゥシス ミニュトゥ
47分 quarante-sept minutes カラォントゥセッ ミニュトゥ
48分 quarante-huit minutes カラォンテュイ ミニュトゥ
49分 quarante-neuf minutes カラォントゥ ナフ ミニュトゥ
50分 cinquante minutes サンカントゥ ミニュトゥ
51分 cinquante-et-une minutes サンカンテユヌ ミニュトゥ
52分 cinquante-deux minutes サンカントゥドゥ ミニュトゥ
53分 cinquante-trois minutes サンカントゥトワ ミニュトゥ
54分 cinquante-quatre minutes サンカントゥカトル ミニュトゥ
55分 cinquante-cinq minutes サンカントゥサン ミニュトゥ
56分 cinquante-six minutes サンカントゥシス ミニュトゥ
57分 cinquante-sept minutes サンカントゥセッ ミニュトゥ
58分 cinquante-huit minutes サンカンチュイ ミニュトゥ
59分 cinquante-neuf minutes サンカントゥナフ ミニュトゥ

 

フランス語で「時間」や「時刻」を表す言い方、表現のまとめ

ここではフランス語で「時間」や「時刻」を表す単語や表現について詳しく紹介してきました。

この記事で紹介した内容をまとめると、フランス語で時刻を伝えるのには「12時間制」と「24時間制」の2通りの伝え方があり、「12時間制」を使って伝えるケースはざっくりと大まかな時間を伝えたいときに使い、「24時間制」を使って伝えるケースは、相手に時刻を正確に伝えたいときに使います。

「12時間制」と「24時間制」の伝え方は、時間を伝える場面や相手、状況に応じて使い分けられるようになれるのが理想です。

時間をたずねたり時刻を伝えるのは基本的には会話が中心になります。

まずは口に出して発音をしながら覚えていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須