野菜の「なす(茄子)」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味とは?

マルシェの店頭に並ぶなすや他の野菜

ここでは「なす(茄子)」を表すフランス語の単語や、「なす(茄子)」に関連するフランス語の表現について紹介していきます。

フランス語で「なす(茄子)」は、「aubergine(オゥベルジィーヌ)」という単語になります。

「aubergine(オゥベルジィーヌ)」はフランス語が由来となる単語ですが、実はフランス以外にも、「なす(茄子)」を表す単語として「aubergine(オゥベルジィーヌ)」を使っている国があり、それはイギリスになります。

英語には、「なす(茄子)」を表す単語として「eggplant」があるのですが、この単語を使うのはアメリカ英語になります。

「なす(茄子)」には紫色の「なす」と白色の「なす」があり、白色の「なす」の見た目が鶏の卵のように見えることから、「なす」を表す英語は「eggplant」が使われるようになったと言われています。

アメリカでは「なす」を表すときの単語として「eggplant」を使い、イギリスでは「aubergine」を使います。

フランス語の話とは少しずれてしまいましたが、「なす(茄子)」を表すときに「aubergine」を使うのはフランス人の他にイギリス人もいる、ということを知っておきましょう。

 

フランス語で「なす(茄子)」を表す単語の読み方と発音

山積みのなす

ここではフランス語で「なす(茄子)」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

なす(茄子)

畑になるなす

フランス語で

aubergineオゥベルジィーヌ

という女性名詞の単語になります。

また「aubergine(オゥベルジィーヌ)」には、会話や小説、物語のセリフ中で、以前のパリの「女性の駐車違反取締り員」という意味でも使われます。

 

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

なす紺色の

なすの紺色

フランス語で

aubergineオゥベルジィーヌ

という形容詞の単語になり、「紫色の」「なす色の」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「なす(茄子)」を使った料理を表すフランス語の読み方と発音、意味

鍋の中のグリルしたなす

ここでは「なす(茄子)」を使った料理を表現するフランス語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

なすのキャビア風

なすのキャビア風

フランス語で

caviar d’aubergineキャヴィア ドゥベルジィーヌ

という表現になります。

「caviar(キャヴィア)」は「キャビア」という意味の男性名詞になり、チョウザメの卵の塩漬けを表す単語になります。

「caviar d’aubergine(キャヴィア ドゥベルジィーヌ)」は、別名で「貧乏人のキャビア」とも言われることがあります。

キャビアは高価な食材であり、普段の食事で食べることが少ないため、なすの種の食感がキャビアに似ているとして、普段の食事でキャビアを食べているような感覚を楽もうとするところから生まれた料理と言われています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

なすの肉詰め

フランス語で

aubergine farcieオゥベルジィーヌ ファルスィ

という表現になります。

「farcie(ファルスィ)」は料理で使う表現で「詰め物をした」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「aubergine(オゥベルジィーヌ)」が女性名詞の単語であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 farciの変化】

  • farci(ファルスィ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • farcie(ファルスィ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️farciの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️farcieの発音の確認はこちら⬇️

 

なすのグリル

なすのグリル

フランス語で

aubergine grillée au fourオゥベルジィーヌ グリィエ オゥ フゥール

という表現になります。

「four(フゥール)」は「オーブン」「窯(かま)」「かまど」という意味の男性名詞の単語になります。

「grillée(グリィエ)」は「焼かれた」「炒られた」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「aubergine(オゥベルジィーヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 grilléの変化】

  • grillé(グリィエ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • grillée(グリィエ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️grilléの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️grilléeの発音の確認はこちら⬇️

 

なすのクリーム煮

フランス語で

aubergine à la crèmeオゥベルジィーヌ ア ラ クレヘム

という表現になります。

「crème(クレヘム)」は「クリーム」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「なす(茄子)」を表す単語や表現のまとめ

ここでは「なす(茄子)」を表すフランス語の単語や関連する表現について紹介してきました。

「なす(茄子)」を表すとき、「aubergine(オゥベルジィーヌ)」を使っている国がフランスの他にあり、それはイギリスになります。

英語には、「なすを表す単語として“eggplant”があるのになぜ?」と思われるかもしれませんが、「なす(茄子)」を表すときに「eggplant」を使うのはアメリカ英語になります。

まとめると、アメリカ英語では「なす」を表すとき「eggplant」という単語を使い、イギリス英語ではフランス由来の単語の「aubergine」を使って表現します。

「なす(茄子)」を表すときに「aubergine」を使って表現するのはフランス人とイギリス人、ということを知っておきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須