フランス語で「羽」を表す単語や関連するフレーズの読み方と発音、意味とは?

白鳥の羽

ここではフランス語で「羽」を表す単語や「羽」というフランス語を使ったさまざまな表現やフレーズについて紹介していきます。

ここで紹介していく「羽」や「羽根」という単語は、主に鳥の「羽」や「羽毛」を表しており、特に鳥の「羽」を使ったものを表現したいときに使います。

「翼」と意味や使い方を区別して覚えていくことで、コミュニケーションの相手に対し、より的確に伝えたいことを伝えることができるようになりますので、ぜひ覚えてみましょう。

 

フランス語で「羽」を表す単語の読み方と発音

尾の羽を広げた雄の孔雀

ここではフランス語で「羽」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

朱色の鳥の羽

フランス語で

plumeプリュム

という女性名詞の単語になり、「羽根」「羽毛」という意味としても使われます。

また「羽」の他に、「ペン」「ペン先」や昔使っていた「羽ペン」という意味としても使われる単語です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羽(複数)

フランス語で

plumesプリュム

という女性名詞の単語になります。

発音は単数形の「plume(プリュム)」と同じです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「羽」に関連するさまざまな単語やフレーズの読み方、発音、翻訳

水面に浮かぶ2羽の白鳥

ここではフランス語の「羽」に関連するさまざまな単語やフレーズについて、日本語の翻訳や意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

小さな羽

フランス語で

petite plumeプチィトゥ プリュム

という表現になります。

「petite(プチィトゥ)」はここでは「小さな」「小さい」という意味の形容詞の単語で、ここでは修飾する名詞「plume(プリュム)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 petitの変化】

  • petit(プチィ)    男性形  男性名詞を修飾する形
  • petite(プチィトゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️petitの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️petiteの発音の確認はこちら⬇️

 

羽ぼうき

フランス語で

plumeauプリュモゥ

という男性名詞の単語になり、「羽根ばたき」や「羽毛の束」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羽飾り

羽飾りのついたドリームキャッチャー

フランス語で

plumetプリュメ

という男性名詞の単語になり、帽子についている「羽飾り」や軍帽の前についている「羽の前立て」を表す単語としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羽毛布団

羽毛

フランス語で

édredon de plumesエドルフドン ドゥ プリュム

という表現になります。

「édredon(エドルフドン)」は「羽根布団」「キルト」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羽飾りのついた帽子

羽飾りのついた帽子を被る女性

フランス語で

chapeau à plumesシャポゥ ア プリュム

という表現になります。

「chapeau(シャポゥ)」は縁のついた「帽子」を表す男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羽のように軽い

1枚の鳥の羽

フランス語で

comme une plumeコォム ユン プリュム

という表現になります。

「comme(コォム)」は「〜のように」「〜のような」という比較や似ている物を表現する接続詞の単語になります。

「une(ユヌ)」はここでは「1つの」「1枚の」という意味の形容詞の単語で、ここでは修飾する名詞の「plume(プリュム)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 unの変化】

  • un(アン)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • une(ユヌ)    女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、会話と文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️unの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️uneの発音の確認はこちら⬇️

 

文筆家

羽ペンと文字が書かれた紙

フランス語で

homme de plumeオム ドゥ プリュム

という表現になります。

「homme(オム)」はここでは「人」「人間」や身分や職業を表すときに「〜の人」という表現で使われます。

「plume(プリュム)」はここでは「文筆」という意味で使われています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フェザー級

リングへ向かうボクサーの後ろ姿

フランス語で

poids plumeポワ プリュム

という表現になり、ボクシングなどの階級の1つを表す表現です。

「poids(ポワ)」はここでは体重別の「〜級」という意味で使われており、他に「体重」「重さ」「重量」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

万年筆

万年筆

フランス語で

stylo à plumeスティロ ア プリュム

という表現になります。

「stylo(スティロ)」は「ペン」「ボールペン」「万年筆」という意味の男性名詞の単語で、「stylo(スティロ)」の1語でも「万年筆」という意味がありますが、より正しく「万年筆」を伝えたいときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

髪が薄くなる

フランス語で

perdre ses plumesペルフドル セェ プリュム

という表現になります。

「perdre(ペルフドル)」はここでは「〜を失う」「〜をなくす」という意味の動詞の単語になります。

「ses(セェ)」は「彼の」「彼女の」「その」という意味の所有を表す形容詞の単語になります。

ここではそのまま翻訳すると「彼の羽がなくなる」という意味になり、「髪」を「羽」に喩(たと)えた表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

羽ばたく

羽ばたくふくろう

フランス語で

battant des ailesバタォン デ ゼル

という表現になります。

「aile(エル)」は「翼」という意味の男性名詞の単語になります。

「battant(バタォン)」は「たたく」「打つ」「はためく」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「aile(エル)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 battantの変化】

  • battant(バタォン)    男性形  男性名詞を修飾する形
  • battante(バタォントゥ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️battantの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️battanteの発音の確認はこちら⬇️

 

天使の羽

天使の羽の壁画の前で写真を撮る子供

フランス語で

ailes d’angeエル ドォーンジュ

という表現になります。

「d’ange(ドォーンジュ)」は「de(ドゥ)」の直後の単語「ange(アーンジュ)」の語頭が母音のため短縮形となり、「天使の」という意味の単語です。

「de(ドゥ)」は「〜を持った」という物の性質や特徴を表す前置詞の単語、「ange(アーンジュ)」は「天使」「天使のような人」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「羽」を表す単語やフレーズのまとめ

ここではフランス語で「羽」を表す単語や「羽」という単語を使ったさまざまなフレーズや表現について紹介してきました。

ここで紹介している「羽」を表すフランス語は、主に鳥類の「羽」や「羽毛」を表すとき、また鳥の「羽」や「羽毛」を使ったものを表すときに使います。

 

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須