フランス語で「銀」や「銀色」を表す単語やさまざまなフレーズとその発音、読み方

メルセデスF1のフロントノーズ

ここではフランス語で「銀」や「銀色」を表す単語やフレーズ、また、「銀」という単語を使ったさまざまなフレーズや表現について紹介していきます。

フランス語で「銀」を表す単語は「argent」になり、この単語の持つ意味は3つあります。

【「銀」を表す単語「argent」の持つ意味】

  • 「お金」「金銭」を表す意味で使われ、英語で「money」と同じ意味を持つ。
  • 「銀製品」など金属の「銀」から作られたものを表す意味で使われ、英語で「silver」と同じ意味を持つ。
  • 「銀色」を表す意味で使われ、英語で「silver」と同じ意味を持つ。

このように同じ「銀」を表す単語でも状況や場面により、「お金」や「財産」を表すときもあれば、金属の「銀」から作られた食器や装飾品などを表したり、「銀」という色を表すこともあります。

フランス語で「銀」を表す単語「argent」を覚えるとき、この単語で表すことができるものの違いも一緒に覚えましょう。

 

フランス語で「銀」や「銀色」を表す単語とその発音、読み方

銀の宝石箱

ここではフランス語で「銀」や「銀色」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

フランス語で

argentアハルジョン

という男性名詞の単語になり、本来は「お金」や「金銭」「財産」を表すときに使われます。

英語の「money」や「silver」と同じ意味を表す単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀の

銀色の車

フランス語で

d’argentダハルジョン

という単語になり、「銀でできた」という表現や、「金銭の」「お金の」という表現としても使われます。

「d’argent(ダハルジョン)」は金属の銀から作られたコインや指輪、食器などを表現するときに使う単語です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀のような

フランス語で

argentéアハルジョンテ

という形容詞の単語になり、「銀めっきの」「銀箔を貼った」という意味としても使われます。

また、修飾する名詞が男性名詞か女性名詞かによって、下記のように変化します。

【形容詞 argentéの変化】

  • argenté(アハルジョンテ)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • argentée(アハルジョンテ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意して使いましょう。

⬇️argentéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️argentéeの発音の確認はこちら⬇️

 

銀色にする

フランス語で

argenterアハルジョンテ

という動詞の単語になり、「〜を銀めっきする」や「〜を銀張りにする」という表現としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀色になる

フランス語で

s’argenterサハルジョンテ

という動詞の単語になり、「白くなる」という表現としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「銀」を表す単語を使ったさまざまなフレーズ

クロームメッキの収録マイク

ここではフランス語で「銀」や「銀色」を表す単語を使ったさまざまなフレーズについて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

銀のスプーン

銀のスプーン

フランス語で

cuiller en argentキュイエール オン ナハルジョン

という表現になり、「銀の匙(さじ)」という意味でも使われます。

「cuiller(キュイレール)」はここでは「スプーン」「さじ」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀貨

銀貨

フランス語で

pièce d’argentピエス ダハルジョン

という表現になります。

「pièce(ピエス)」はここでは「硬貨」という意味の女性名詞の単語になり、そのまま翻訳すると「銀の硬貨」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀製品

フランス語で

argenterieアハルジョントリ

という女性名詞の単語になり、「銀の器」や「銀食器」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀食器

銀製のティーポット

フランス語で

vaisselle d’argentヴェィセル ダハルジョン

という表現になります。

「vaisselle(ヴェィセル)」は「食器」を表す女性名詞の単語になり、そのまま翻訳をすると「銀製の食器」「銀で作られた食器」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀メダル

銀メダル

フランス語で

médaille d’argentメダイユ ダハルジョン

という表現になります。

「médaille(メダイユ)」は「メダル」や「メダリスト」という意味の女性名詞の単語になり、そのまま翻訳すると「銀製のメダル」「銀で作られたメダル」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀髪①

銀色の髪の女性

フランス語で

cheveux argentésシュヴ ザハルジョンテ

という表現になります。

「cheveux(シュヴー)」は「髪の毛」「頭髪」という意味の男性名詞の単語になり、そのまま翻訳すると「銀色の髪の毛」という表現になり、白髪や白い髪を表現するときに使われる表現です。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀髪②

フランス語で

cheveux d’argentシュヴ ダハルジョン

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

白銀の世界

雪景色

フランス語で

le monde de l’argentル モン ドゥ ラハルジョン

という表現になります。

「monde(モンドゥ)」はここでは「世界」という意味の男性名詞の単語となり、雪で真っ白になった景色を表現するときに使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

時は金なり

フランス語で

Le temps, c’est de l’argent.ル トォン セ ドゥ ラハルジョン

という表現になります。

「temps(トォン)」はここでは「時間」「時」という意味の男性名詞の単語になります。

ことわざで「時間はお金と同じか、それ以上に貴重なもので、時間を無駄にすることなく有効に使うべきだ」ということわざのフランス語での表現になります。

英語では「Time is money」という表現で知られています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「銀」を表す単語やフレーズのまとめ

ここではフランス語で「銀」や「銀色」を表す単語、その単語を使ったさまざまなフレーズについて紹介してきました。

フランス語で「銀」を表す単語は「argent(アハルジョン)」ですが、この単語が表す意味は3つあります。

【「銀」を表す単語「argent」が持つ3つの意味】

  • 「お金」や「財産」を表す意味、英語の「money」と同じ意味で使われる。
  • 「銀食器」「銀メダル」など金属の「銀」から作られたものを表す意味、英語の「silver」と同じ意味で使われる。
  • 「銀色」という色を表す意味、英語の「silver」と同じ意味で使われる。

「argent(アハルジョン)」を覚えるとき、この3つの意味があることも一緒に覚えて、場面や状況に応じて使い分けていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須