「音楽(おんがく)」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味

お母さんと一緒にピアノを弾く子供

ここでは「音楽(おんがく)」を意味するフランス語の単語や、「音楽(おんがく)」に関連するフランス語の表現について紹介をしていきます。

「音楽(おんがく)」に関連する単語や表現には、専門的なことも含めていくと非常に数多くのものがありますが、ここでは基本的な単語や、日常の会話の中で使うことが多そうな表現をピックアップして紹介しています。

ぜひ楽しみながら覚えてみましょう。

 

フランス語で「音楽(おんがく)」を表す単語の読み方と発音

楽譜

ここでは「音楽(おんがく)」を意味する単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

音楽

音楽のライブの様子

フランス語で

musiqueミュズィックュ

という女性名詞の単語になり、「楽曲」「曲」「メロディ」や「楽譜」「楽団」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽の

管楽器での演奏

フランス語で

musicalミュズィカル

musicaleミュズィカル

という形容詞の単語になり、「音楽的な」「音楽付きの」という意味でも使います。

⬇️musicalの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️musicaleの発音の確認はこちら⬇️

 

 

音楽家

バイオリンを弾く女性

フランス語で

musicienミュズィスィヤン

musicienneミュズィスィエンヌ

という名詞の単語になり、「音楽愛好家」や「ミュージシャン」という意味でも使います。

また、形容詞としての働きもあり、「音楽のわかる」「音楽に対して造詣のある」という意味でも使います。

2つの単語の使い分けは以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • musicien(ミュズィスィヤン)   男性形  男性の音楽家を表す、または男性名詞を修飾するときの形
  • musicienne(ミュズィスィエンヌ) 女性形  女性の音楽家を表す、または女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️musicienの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️musicienneの発音の確認はこちら⬇️

 

音楽性

フランス語で

musicalitéミュズィカャリテ

という女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

「音楽(おんがく)」に関連するフランス語の表現の読み方と発音、翻訳

黄色いバックと黒いヘッドフォン

ここではフランス語で「音楽(おんがく)」に関連するさまざまな表現について、日本語の翻訳や意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

ミュージックホール

ミュージックホール

フランス語で

music-hallミュズィコォール

という男性名詞の単語になり、「演芸場」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

映画音楽

映画音楽のレコード

フランス語で

musique de filmミュズィック ドゥ フィルム

という表現になります。

「film(フィルム)」は「映画」や写真や映画などの「フィルム」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

私は音楽が好きです

フランス語で

J’aime la musiqueジェンム ラ ミュズィックュ

という表現になります。

「J’aime(ジェンム)」は、「Je(ジュ)」と「aime(エンム)」を組み合わせた形になります。

「Je(ジュ)」は「私は」という意味の人称代名詞になり、ここでは直後に来る単語「aime(エンム)」の語頭が母音であるため、縮約系の「J’」に変化しています。

「aime(エンム)」は、原形が「aimer(エメ)」となる物事など「〜を好む」「〜を愛好する」や、人を「〜を愛する」「〜が好き」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

どんな音楽が好きですか?

フランス語で

Quel genre de musique préfères-tu?ケェル ジャォーンル ドゥ ミュズィック プレフェァル テュ

という表現になります。

「quel(ケェル)」は「何」「どれ」「どの」という意味の疑問形を表す形容詞になり、英語の「what」と同じ意味の単語になります。

「genre(ジャォーンル)」は「種類」や音楽など芸術の中の「ジャンル」「様式」、「やり方」「マナー」「流儀」という意味の男性名詞の単語になります。

「préfères(プレフェァル)」は、原形が「préférer(プレフェレ)」となり、「〜をより好む」「〜の方を好きで選ぶ」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽を聞く

フランス語で

écouter de la musiqueエクゥテ ドゥ ラ ミュズィックュ

という表現になります。

「écouter(エクゥテ)」は「〜を聞く」「〜に耳を傾ける」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽を演奏する

音楽のライブ

フランス語で

jouer de la musiqueジュエ ドゥ ラ ミュズィックュ

という表現になります。

「jouer(ジュエ)」は、ここでは「〜を演奏する」という意味で、他に「〜で遊ぶ」「〜を使って遊ぶ」という意味を持つ動詞になり、英語の「play」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽を作る

フランス語で

composer de la musiqueコンポゥゼ ドゥ ラ ミュズィックュ

という表現になります。

「composer(コンポゥゼ)」は、曲など「〜を作曲する」や作品など「〜を制作する」、「〜を組み立てる」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽の才能がある

フランス語で

être musicalement douéエトル ミュズィカルムォン ドゥエ

という表現になります。

「musicalement(ミュズィカルムォン)」は「音楽的に」という意味の副詞の単語になります。

「doué(ドゥエ)」は「才能に恵まれた」「生まれ持った才能のある」「頭がいい」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

音楽を変える

フランス語で

changer de musiqueションジェ ドゥ ミュズウィックュ

という表現になり、「話題を変える」や「意見を変える」という意味でも使います。

「changer(ションジェ)」は「〜を変える」「〜を変化させる」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「音楽(おんがく)」を表す単語や表現のまとめ

ここではフランス語で「音楽(おんがく)」という意味の単語や、「音楽(おんがく)」に関連するフランス語のさまざまな表現について紹介してきました。

日常生活の中で「音楽(おんがく)」についての会話をする機会が、多かれ少なかれあるのではないかと思います。

ここで紹介している単語や表現は、日常の会話の中で役に立つ単語や表現をピックアップして紹介していますので、ぜひ覚えておきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須