フランス語で「月」を表す単語とフレーズの読み方と発音、意味とは?

夜空に浮かぶ金色の月

ここではフランス語で天体としての「月」を表す単語や関連するさまざまな表現について紹介していきます。

フランス人は「満月」に対して、「何か不吉なことが起こる前兆」という考えというか、意識があるようで、その証拠にフランスの人の多くは、満月の夜の友達との別れ際には、「気をつけてね!」という言葉をかける人が多いようです。

「満月の夜は狼男が出る」というような言い伝えであったり、小さい頃に聞いた童話などの記憶が大人になっても、少し残っていたりするためなのかもしれません。

フランス語で「月」を表す単語や表現を覚えるのに合わせて、フランスの人々が「月」に対してどのような印象や意識を持っているのか、日本人の感覚とどう違うのか、という点も含めて知っていきましょう。

 

フランス語で「月」を表す単語の読み方と発音

夜空の満月

ここではフランス語で「月」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

月①

夜空の明るい月

フランス語で

luneリュヌ

という女性名詞の単語になります。

「月」は世界で1つしかないため、単数形のみになります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月②

フランス語で

la luneラ リュヌ

という女性名詞の単語になります。

定冠詞「la(ラ)」は女性名詞につく定冠詞の形になり、世界に1つしかないものを表現する役割で付いています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月の

フランス語で

lunaireリュネール

という形容詞の単語になり、「月に関する」という意味や文章でよく使う表現として、「夢想的な」「現実離れした」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語の「月」に関連する表現の読み方と発音、意味

月の満ち欠け

ここではフランス語で天体の「月」に関連する表現について、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

月の光

水面に反射する月の光

フランス語で

clair de luneクレィア ドゥ リュヌ

という表現になります。

「clair(クレィア)」はここでは「光」「明かり」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

美しい月

夜明け前の美しい月

フランス語で

la belle luneラ ベェル リュヌ

という表現になります。

「belle(ベェル)」はここでは「きれいな」「美しい」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「lune(リュヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 beauの変化(単数形のとき)】

  • beau(ボ)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • belle(ベェル)  女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️beauの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️belleの発音の確認はこちら⬇️

 

満月

満月

フランス語で

pleine luneプレーヌ リュヌ

という表現になります。

「pleine(プレーヌ)」はここでは月や潮が「満ちた」という意味の形容詞の単語になり、ここでは就職している名詞「lune(リュヌ)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 pleinの変化】

  • plein(プラン)   男性形  男性名詞を修飾する形
  • pleine(プレーヌ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️pleinの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️pleineの発音の確認はこちら⬇️

 

新月

フランス語で

nouvelle luneヌゥヴェル リュヌ

という表現になります。

「nouvelle(ヌゥヴェル)」はここでは「新しい」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞「lune(リュヌ)」が女性名詞であるため、女性形の形になります。

【形容詞 nouveauの変化】

  • nouveau(ヌゥーヴォー)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • nouvelle(ヌゥヴェル)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️nouveauの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️nouvelleの発音の確認はこちら⬇️

 

三日月

三日月

フランス語で

croissant de la luneクロワッソン ドゥ ラ リュヌ

という表現になります。

「croissant(クロワッソン)」は「三日月」や「上弦の月」「下弦の月」という意味の男性名詞の単語になります。

またご存知の通り、フランスのパンの種類の1つである「クロワッサン」を表すときにも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が輝く

フランス語で

la lune brillerラ リュヌ ブリヒエ

という表現になります。

「briller(ブリヒエ)」はここでは「輝く」「光る」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が満ちる

フランス語で

la lune croîtreラ リュヌ クロワートルフ

という表現になります。

「croître(クロワートルフ)」は「増加する」「増大する」という意味の動詞の単語になります。

ここでは徐々に月に当たる光の部分が大きくなっていく様子を表した表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が欠ける

フランス語で

la lune décroîtreラ リュヌ デクロワートルフ

という表現になります。

「décroître(デクロワートルフ)」は「減少する」「減っていく」という意味の動詞の単語になります。

ここでは月に光が当たる部分が徐々に減っていく様子を表現しています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が出る

月が出る

フランス語で

la lune apparaîtreラ リュヌ アパレートルフ

という表現になります。

「apparaître(アパレートルフ)」は「出現する」「現れる」「姿を見せる」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が昇る

フランス語で

la lune se leverラ リュヌ ス ルヴェ

という表現になります。

「se lever(ス ルヴェ)」は月や太陽が「昇る」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が隠れる

フランス語で

la lune se cacherラ リュヌ ス カッシェ

という表現になります。

「se cacher(ス カッシェ)」は「隠れる」「身を隠す」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月が雲に隠れる

雲に隠れる月

フランス語で

la lune derrière nuagesラ リュヌ デリエール ニュアージュ

という表現になります。

「derrière(デリエール)」はここでは「〜の後ろに」「〜の裏に」という意味の前置詞の単語になります。

「nuages(ニュアージュ)」は「雲」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「月」を表すフランス語を使った表現の読み方と発音、翻訳

ここでは「月」を表すフランス語の単語を使った表現んいついて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

ハネムーン

ハネムーン

フランス語で

lune de mielリュヌ ドゥ ミエル

という表現になります。

「miel(ミエル)」は「蜜(みつ)」「蜂蜜(はちみつ)」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

上弦の月

上弦の月

フランス語で

premier quartier de la Luneプルフミエ カハルティエ ドゥ ラ リュヌ

という表現になり、満月を基準として、徐々に満月に近づいていく月の最初の頃を表すときに使います。

「quartier(カハルティエ)」はここでは「月の弦」を表す男性名詞の単語になります。

「premier(プルフミエ)」は「最初の」「初期の」「初めの方の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「quartier(カハルティエ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 premierの変化】

  • premier(プルフミエ)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • première(プルフミエール)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️premierの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️premièreの発音の確認はこちら⬇️

 

下弦の月

下弦の月

フランス語で

dernier quartier de la Luneデルフニエ カハルティエ ドゥ ラ リュヌ

という表現になります。

「dernier(デルフニエ)」は「最後の」「終わりの方の」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「quartier(カハルティエ)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

【形容詞 dernierの変化】

  • dernier(デルフニエ)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • dernière(デルフニエール)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dernierの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️dernièreの発音の確認はこちら⬇️

 

月明かり

月明かりに照らされた湖と桟橋

フランス語で

clarté lunaireクラハルテ リュネール

という表現になります。

「clarté(クラハルテ)」はここでは「明かり」「明るいこと」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

月食

フランス語で

éclipse de Luneエクリプス ドゥ リュヌ

という表現になります。

「éclipse(エクリプス)」はここでは天文学における太陽や月の「食」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「月」を表す単語とフレーズのまとめ

ここではフランス語で天体の「月」を表す単語や関連するさまざまな表現やフレーズを紹介してきました。

フランス人は「満月」の夜は、何か不吉なことが起こるのではないか、という意識を持っています。

それは映画や童話などの影響による「満月の夜は狼男が出る」というものや、「満月」は人間の意識に何かしら影響を及ぼす可能性がある、というものまで、さまざまあります。

また、私たちの住む地球から見える「月」の模様を見て、日本では「うさぎが住んでいる」「うさぎが餅つきをしている」という表現をすることが多く、そう聞かされてきた方が多いと思います。

フランスでは「月」の模様について明確な言い伝えはないのですが、ヨーロッパ全体では「大きなはさみのカニ」や「本を読んでいるおばあさん」、「横向きの女性」など、ざまざまな言い伝えがあります。

フランス語で「月」を表す単語や表現と一緒に、フランスでの「月」に対する印象や言い伝えについても頭に入れておくことで会話のきっかけにもなりますね。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須