「セラヴィ(C’est la vie)」はフランス語でどんな意味の言葉?

崖の頂点で点を仰ぐ人

ここでは「セラヴィ(C’est la vie)」というフランス語の言葉について、どんな意味の言葉なのか、どんな使い方があるのかについて詳しく紹介していきます。

「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉は、フランス人がたびたび口にする決まり文句のような言葉です。

フランス人は、さまざまな場面でさまざまな感情を伴って「セラヴィ(C’est la vie )」という言葉を使いますが、そこにはどんな意味や感情が込められているのかについても紹介していきますので、フランス語ネイティブのようにかっこよく使ってみましょう。

 

フランス語で「セラヴィ(C’est la vie)」は「これが人生」という意味

遊んでいる子供

ここでは「セラヴィ(C’est la vie)」というフランス語について詳しく紹介していきます。

C’est la vieセ ラ ヴィ

フランス語で「これが人生」「これこそ人生だ」という意味の言葉になります。

「セラヴィ(C’est la vie)」は、使う場面や表情、雰囲気や言い方によってポジティブな意味になったり、ネガティブな意味になったりします。

例えば、「こういうこともある、これもまた人生」や「人生にはいろんなことがあるさ」というニュアンスを持つ言葉でもあります。

「C’est(セ)」は「ce + est」の組み合わせになり、「ce(ス)」の直後の単語の「est(エ)」の語頭が母音であるため、エリズィヨンとなって「C’est(セ)」の形となっています。

「ce(ス)」は「これ」「あれ」という意味の指示代名詞になり、英語の「it」「this」「that」と同じ働きの単語になります。

「est(エ)」は「être(エトル)」が原形になり、「〜である」「〜になる」「〜にある」という意味の動詞になり、英語の「be動詞」と同じ働きの単語になります。

「la(ラ)」は女性名詞に付く定冠詞になり、ここでは抽象化や概念として「〜というもの」という表現をする働きになります。

「vie(ヴィ)」は「一生」「生涯」「人生」や「命」「生活」という意味の女性名詞になります。

「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉を英語で表現すると「It is the life」となります。

 

フランス人の「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉の使い方

夕焼けの風景と人

フランス人はこの「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉を本当によく使います。

ではどんなときに使うのかというと、どうにもできない出来事が起きたときや思い通りにいかないことに見舞われたとき、フランス人は「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉を使います。

例えば、バスや電車が遅れて来ないとき、予期しない出来事で予定が狂ってしまったとき、子供が欲しいものを買ってもらいたくて駄々をこねているのをなだめるときなど、予定通りや思い通りにならない状況のときに使う言葉です。

祈る女性の横顔

このように見てみると、使う状況がネガティブなので「セラヴィ(C’est la vie)」は諦めの感情やマイナスな感情が入った言葉なのかというと、決してそうではありません。

フランス人が「セラヴィ(C’est la vie)」と言う言葉には、「人生には思い通りにならないこともある。それでも前を向いて進んで行こう」というポジティブな思いがこもっています。

思い通りにならないことに腹を立てたり、くよくよと思い悩んでいても時間がもったいないだけです。

人生の大切な時間を少しでも前向きな気分で過ごすため、素早く気持ちを切り替えるスイッチになる言葉なのかもしれません。

 

フランス語の「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉のまとめ

ここではフランス語の「セラヴィ(C’est la vie)」という言葉について詳しく紹介してきました。

フランス人がとてもよく口にする言葉「セラヴィ(C’est la vie)」について、どんな気持ちを込めて言っているのかなんとなくでもわかったのではないでしょうか。

フランス語に少し馴染んできたら、普段の生活の中で「セラヴィ(C’est la vie)」を使ってみましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須