フランス語で「砂糖(シュクレ)」を表す単語やフレーズの読み方と発音、意味とは?

ここではフランス語で「砂糖」を表す単語や「砂糖」の種類を表すフレーズ、また「砂糖」に関連するさまざまなフレーズについて紹介をしていきます。

フランスで使われる砂糖は、サトウキビから作る砂糖とテンサイから作る砂糖の2種類が主に使われます。

フランスでパンやお菓子、スイーツでよく使われる砂糖の種類は以下になります。

【フランスでお菓子やパン作りによく使う砂糖の種類】

  • グラニュー糖(sucre semoule)
  • 粉糖(sucre glace)
  • 赤砂糖(cassonade)

赤砂糖は日本ではブラウンシュガーや黒砂糖と呼ばれることもあります。

フランスで砂糖を購入しようと思ったとき、ここで紹介する単語やフレーズを覚えて活用してみてください。

 

フランス語で「砂糖(シュクレ)」を表す単語の読み方と発音、意味

砂糖

ここではフランス語で「砂糖」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

砂糖

フランス語で

sucreスュクハ

という男性名詞の単語になり、化学や生理学用語の「糖」という意味でも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

砂糖入りの

フランス語で

sucréスュクレへ

という形容詞の単語になり、「甘い」という意味としても使われます。

また、修飾する名詞が男性名詞なのか女性名詞なのかによって、下記のように変化します。

【形容詞 sucréの変化】

  • sucré(スュクレへ)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • sucrée(スュクレへ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なっていますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️sucréの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️sucréeの発音の確認はこちら⬇️

 

甘いもの

入れ物に入ったキャンディ

フランス語で

sucréスュクレへ

という男性名詞の単語になり、「甘味」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

甘くする

フランス語で

sucrerスュクレヘ

という動詞の単語になり、「〜に砂糖を入れる」という意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

製糖業者

フランス語で

sucrierスュクリエ

という単語になり、名詞の働きと「砂糖製造の」という形容詞の働きがあります。

名詞の場合、その対象が男性なのか女性なのかによって、また形容詞の場合、修飾する名詞が男性名詞なのか女性名詞なのかによって下記のように変化します。

【名詞および形容詞 sucrierの変化】

  • sucrier(スュクリエ)    男性形  男性の製糖業者を表す、または男性名詞を修飾する形
  • sucrière(スュクリエール)   女性形     女性の製糖業者を表す、または女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペル、発音ともに異なっていますので、文章と会話両方で変化に注意して使いましょう。

⬇️sucrierの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️sucrièreの発音の確認はこちら⬇️

 

製糖工場

フランス語で

sucrerieスュクルリィ

という女性名詞の単語になり、「甘いもの」「お菓子」を表すときにも使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

砂糖入れ

入れ物に入った角砂糖

フランス語で

sucrierスュクリエ

という男性名詞の単語になり、「シュガーポット」と意味としても使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

砂糖でできた

フランス語で

en sucreアォン スュクハ

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「砂糖」の種類を表す単語やフレーズの読み方と発音、意味

ティーカップの氷砂糖

ここではフランス語で「砂糖」の種類を表すフレーズについて、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

グラニュー糖

机の上のグラニュー糖

フランス語で

sucre semouleスュクハ スムゥーレ

という表現になります。

「semoule(スムゥーレ)」は「セモリナ」という小麦の粗い粒を表す女性名詞の単語になりますが、「sucre semoule(スュクハ スムゥーレ)」で「グラニュー糖」という意味として使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

赤砂糖

瓶の中のブラウンシュガー

フランス語で

cassonadeキャソナードゥ

という女性名詞の単語になり、「粗糖」という意味としても使われます。

サトウキビから作られる茶色い精製されていない砂糖になり、日本ではこれを黒砂糖と呼ぶこともあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

角砂糖

角砂糖

フランス語で

sucre en cubeスュクハ アォン キュゥブ

という表現になります。

「cube(キュゥブ)」は「立方体」「立方体の物」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

氷砂糖

スティックについた氷砂糖

フランス語で

sucre candiスュクハ カォンディ

という表現になります。

「candi(カォンディ)」は「(砂糖が)結晶化した」という意味の形容詞の単語となり、ここでは修飾する名詞「sucre(スュクハ)」が男性名詞となるため、男性形の形になっています。

【形容詞 candiの変化】

  • candi(カォンディ)  男性形  男性名詞を修飾する形
  • candie(カォンディ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形でスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️candiの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️candieの発音の確認はこちら⬇️

 

粉糖

粉糖

フランス語で

sucre glaceスュクハ グラス

という表現になり、「パウダーシュガー」という意味としても使われます。

「glace(グラス)」はここでは「糖衣」という意味の女性名詞の単語で、「sucre glace(スュクハ グラス)」で「粉糖」という意味として使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

はちみつ

瓶に入った蜂蜜

フランス語で

mielミエル

という男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「砂糖」に関連するさまざまなフレーズの読み方と発音、意味

お菓子にかけた粉糖

ここでは「砂糖」に関連するフランス語のフレーズについて、日本語の意味、翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

砂糖水

フランス語で

eau de sucréeオゥ ドゥ スュクレへ

という表現になります。

「eau(オゥ)」は「水」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

甘い果物

絞った生オレンジジューズ

フランス語で

fruit sucréフリュイ スュクレへ

という表現になります。

「fruit(フリュイ)」は「フルーツ」「果物」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

甘口のワイン

テーブルの上のワイン

フランス語で

vin sucréヴァン スュクレへ

という表現になり、「甘口ワイン」は「vin doux(ヴァン ドゥ)」という表現を使うときもあります。

「vin(ヴァン)」は「ワイン」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️vin douxの発音の確認はこちら⬇️

 

サトウキビ

フランス語で

canne à sucreキャンヌ ア スュクハ

という表現になります。

「canne(キャンヌ)」はここでは植物の「アシ」「ヨシ」またはそのような形状の植物を表す女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

コーヒーに砂糖を入れる

コーヒーに砂糖を入れる

フランス語で

sucrer son caféスュクレへ ソン キャフェ

という表現になります。

「café(キャフェ)」は「コーヒー」という意味の男性名詞の単語となります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「砂糖(シュクレ)」を表す単語や関連するフレーズのまとめ

ここではフランス語で「砂糖」を表す単語や「砂糖」の種類を表すフレーズ、また「砂糖」に関連するさまざまなフレーズについて紹介をしてきました。

フランスでは、お菓子やパン、スイーツ、料理にサトウキビやテンサイから作られる砂糖を主に使っており、下記3種類の砂糖がよく使われています。

【フランスでスイーツやお菓子、パンを作るときに使う砂糖の種類】

  • グラニュー糖(sucre semoule)
  • 粉糖(sucre glace)
  • 赤砂糖(cassonade)

フランスの「砂糖」をお土産などで買ってみようかと思ったとき、ここで紹介する単語やフレーズがきっと役に立つと思います。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須