「世界」を表すフランス語の単語や関連する表現の読み方と発音、意味とは?

世界地図が壁紙のカフェ

ここでは「世界」という意味で使うフランス語の単語や、関連するさまざまな単語や表現について紹介をしていきます。

また、よく使う世界の国名や国に関連するフランス語の単語についても紹介をしていますので、ぜひ覚えて使えるようにしておきましょう。

目次

フランス語で「世界」を表す単語や表現の読み方と発音

地球儀

ここでは「世界」という意味で使うフランス語の単語や関連する言葉について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

世界

フランス語で

mondeモォーンドゥ

という男性名詞の単語になり、地球上に存在するさまざまな国をまとめて「世界」と表すときに使う単語になります。

他に「社会」「世の中」「世間」や「社交界」、特定の分野やジャンルを「〜の世界」「〜界」と表すときにも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

世界の

地球儀

フランス語で

mondialモンディアル

mondialeモンディアル

という形容詞になり、「世界的な」という意味でも使います。

2つの単語の使い分けは以下の通りです。

【2つの単語の使い分け】

  • mondial(モンディアル)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • mondiale(モンディアル)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️mondialとmondialeの発音の確認はこちら⬇️

 

全世界で

フランス語で

mondialementモンディアルマォン

という副詞になり、「世界的に」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

世界化

フランス語で

mondialisationモンディアリザスィヨン

という女性名詞の単語になり、他に「世界規模化」や「グローバリゼーション」という意味でも使います。

また「世界的な問題」や「世界的な拡大」という表現で使うこともあります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

全世界に広める

フランス語で

se mondialiserスゥ モンディアリゼ

という動詞の単語になり、「全世界に広がる」や「世界規模化する」という意味でも使います。

「se(スゥ)」がなく、「mondialiser(モンディアリゼ)」のみの場合、「〜を世界に広める」「〜を世界規模化する」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「世界」に関連するさまざまな表現の読み方と発音、意味

街の建物の外観

ここではフランス語の「世界」を表す言葉に関連するさまざまな単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

世界同時中継

テレビ中継の現場

フランス語で

mondovisionモンドヴィズィヨン

という女性名詞の単語になり、「テレビの世界同時中継」という意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

世界中で①

フランス語で

du mondeデュ モォーンドゥ

という表現になり、「この世で」「世界の中で」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

世界中で②

フランス語で

dans le mondeダォン ル モォーンドゥ

という表現になり、「世界のあらゆるところで」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

国連

フランス語で

Organisation des Nations Uniesオルガニザスィヨン デ ナスィヨンズ ユニィ

という表現になり、「国際連合」という意味で使う表現になります。

「organisation(オルガニザスィヨン)」は、「組織」「組織化」「機構」「協会」「機関」という意味の女性名詞の単語になります。

「nation(ナスィヨン)」は、「国」「国家」や「国民」という意味の女性名詞の単語になります。

「unies(ユニィ)」は、「連合した」「統一された」や「一つに結ばれた」という意味の形容詞の複数形になり、ここでは修飾する名詞の「nation(ナスィヨン)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 uniの変化】

  • uni(ユニィ)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • unie(ユニィ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️uniとunieの発音の確認はこちら⬇️

 

公用語

国連の会議場

フランス語で

langue officielleラォーングゥ オフィスィエル

という表現になります。

「langue(ラォーングゥ)」は、ここでは個別の「言語」「〜語」「国語」という意味の女性名詞になり、他に「舌」「舌状のもの」「話す人」という意味もあります。

「officielle(オフィスィエル)」は「公式の」「公的な」や「正式な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「langue(ラォーングゥ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 officielの変化】

  • officiel(オフィスィエル)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • officielle(オフィスィエル)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️officielとofficielleの発音の確認はこちら⬇️

 

世界のどこかに

フランス語で

de par le mondeドゥ パァ ル モォーンドゥ

という表現になり、「世界のいたるところに」という意味でも使います。

「par(パァル)」は、ここでは広がりなど「〜中を」「〜中に」「〜のあらゆるところに」という意味の前置詞になり、他に「〜を通って」「〜から」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

すべての人

世界の人々の顔写真

フランス語で

tout le mondeトゥ ル モォーンドゥ

という表現になり、「みんな」「誰も」という意味でも使います。

「tout(トゥ)」は「〜全体」「すべての」「あらゆる」「〜のすべて」という意味の形容詞または名詞の単語になります。

名詞の役割では「tout(トゥ)」だけで「すべての人々」「誰でも」「みんな」という意味がありますが、少しかしこまった表現や丁寧な表現をしたいときに「tout le monde(トゥ ル モォーンドゥ)」を使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

世界にはいろんな人がいる

フランス語で

Il fait de tout pour faire un mondeイル フェ ドゥ トゥ プゥ フェール アン モォーンドゥ

という表現になります。

「fait(フェ)」は「faire(フェール)」が原形の動詞になり、「Il fait 〜」で「〜である」「〜だ」という意味でよく使われます。

「pour(プール)」は、ここでは理由や原因を表す「〜であるが故に」「〜のために」や因果関係を表す「したがって〜」という意味の前置詞になります。

「faire(フェール)」は「〜を作る」「〜を構成する」「〜を形成する」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

世界を一周する

空港から旅立つ人

フランス語で

faire le tour du mondeフェール ル トゥール デュ モォーンドゥ

という表現になり、「世界を回る」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「世界」の国名に関連する単語や表現の読み方と発音、意味

世界地図

ここではよく使う世界の国名や国に関連するフランス語の単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

日本

富士山と茅葺き屋根の家

フランス語で

Japonジャポン

という男性名詞の固有名詞になり、国として「日本」を表すときに使います。

また「日本製の陶磁器」や「和紙」という意味でも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

日本語

フランス語で

Japonaisジャポネ

という男性名詞の単語になり、他に男性の「日本人」という意味でも使います。

また、女性の「日本人」を表すフランス語は「japonaise(ジャポネェーズ)」になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️japonaiseの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス

モンサンミッシェル

フランス語で

Franceフラォーンス

という女性名詞の固有名詞になり、国として「フランス」と表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語

フランス語で

Françaisフラォンセ

という男性名詞の単語になり、他に男性の「フランス人」という意味でも使います。

また、女性の「フランス人」を表すフランス語は「française(フラォンセェーズ)」になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️françaiseの発音の確認はこちら⬇️

 

ドイツ

ノイシュバンシュタイン城

フランス語で

Allemagneアルマーニュ

という女性名詞の固有名詞になり、国として「ドイツ」と表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ドイツ語

フランス語で

Allemandアルマォン

という男性名詞になり、他に男性の「ドイツ人」を表すときにも使います。

また、女性の「ドイツ人」を表すフランス語は「allemande(アルマォーンドゥ)」になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️allemandeの発音の確認はこちら⬇️

 

イタリア

ベネチア

フランス語で

Italieイタリィ

という女性名詞の固有名詞になり、国として「イタリア」と表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

イタリア語

フランス語で

Italienイタリヤン

という男性名詞の単語になり、他に男性の「イタリア人」という意味でも使います。

また、女性の「イタリア人」を表すフランス語は「italienne(イタリエンヌ)」になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️italienneの発音の確認はこちら⬇️

 

スペイン

スペインの街並み

フランス語で

Espagneエスパーニュ

という女性名詞の固有名詞になり、国として「スペイン」を表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

スペイン語

フランス語で

Espagnolエスパニョール

という男性名詞の単語になり、他に男性の「スペイン人」を表すときに使います。

また、女性の「スペイン人」を表すフランス語は「espagnole(エスパニョール)」になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️espagnoleの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「世界」を表す単語や表現のまとめ

ここではフランス語で「世界」という意味で使う単語と「世界」に関連する単語や表現、よく使う「国名」などについて紹介をしてきました。

思っているイメージと違う綴りの単語もあるため、しっかりと覚えて相手の伝えたいことをしっかりと理解し、また自分が伝えたいことを正しく正確に伝えられるようにしていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須