「愛してる」の気持ちが伝わるフランス語の表現の読み方と発音、翻訳とは?

抱き合うカップル

ここでは「愛してる」という気持ちをフランス語で伝える表現について紹介していきます。

フランス語には、愛情表現が豊かな美しい言葉やフレーズが数多くあり、音声として聞いても美しい響をもった言葉が多くありますが、数多くの愛情表現の言葉があるがゆえ、使い方や使う場面を間違えてしまうと、自分が意図しない方向で気持ちが伝わってしまったりします。

自分が相手に伝えたい気持ちの大きさやニュアンス、そこに恋愛感情があるのかないのか、などによっても使う言葉や表現は変わってきます。

ここでは相手との関係性や伝えたい意思に応じた表現を紹介していますので、しっかりと覚えて、正しく自分の気持ちを表現し、伝えられるようになりましょう。

目次

「愛してる」と伝えるフランス語の表現の読み方と発音

筆記体のI love you

ここでは「愛してる」と気持ちを伝えるためのフランス語の表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方について紹介していきます。

愛してる

loveの文字の風船

フランス語で

Je t’aimeジュ テェーンム

という表現になり、「好きです」というニュアンスでも使う表現になります。

「je(ジュ)」は「私は」という意味の人称代名詞になります。

「t’aime(テェーンム)」は、「te(トゥ)」と「aime(エェーンム)」の組み合わせになり、ここでは「te(トゥ)」の直後の単語の語頭が母音のため、エリジオンとなり「t’aime(テェーンム)」の形になっています。

「te(トゥ)」は「君を」「おまえを」や「君に」「おまえに」、「君のために」「おまえのために」という意味の人称代名詞になります。

「aime(エェーンム)」は、「aimer(エメ)」が原形の「(人)〜を愛する」「〜が好きである」「〜を大切に思う」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

あなたがたを愛しています

フランス語で

Je vous aimeジュ ヴ ゼェーンム

という表現になります。

「vous(ヴ)」は「あなた」「あなたがた」「君たち」という意味の人称代名詞になり、「te(トゥ)」よりも関係が深くない相手に対して使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

私も愛してる

ひまわり畑の恋人同士

フランス語で

Moi, aussiモワ オゥスィ

という表現になります。

「moi(モワ)」は「私」「僕」という意味の人称代名詞の強勢形になり、文頭に置いて強調をしたいときの形になります。

「aussi(オゥスィ)」は、ここでは「同じく」「〜と同じくらいに」「〜と同様に」という意味の副詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「好き」の気持ちを伝えるフランス語の表現の読み方と発音

愛の告白

ここでは相手に「好き」という気持ちを伝えるためのフランス語の表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

あなたが好き

フランス語で

J’aime vousジェーンム ヴ

という表現になります。

「J’aime(ジェーンム)」は、「Je(ジュ)」と「aime(エェーンム)」 の組み合わせになります。

「Je(ジュ)」の語尾が母音「e」、「aime(エェーンム)」の語頭が母音「a」になり、この場合エリジオンとなり、「Je(ジュ)」の「e」が文字、発音ともに省略され、「J’aime(ジェーンム)」になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

私のこと好き?

フランス語で

Tu m’aimes?テュ メェーンム

という表現になります。

「tu(テュ)」は「君」「あなた」という意味の人称代名詞になります。

「m’aimes(メェーンム)」は「me(ンム)」と「aimes(エェーンム)」の組み合わせになり、ここではエリジオンとなり、「me(ンム)」の語尾が母音「e」が文字、発音ともに省略されて「m’aimes(メェーンム)」の形になっています。

「me(ンム)」は「私を」「私に」「私のために」という意味の人称代名詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

これが好き

好きな本を手に取る

フランス語で

J’aime çaジェーンム サ

という表現になります。

「j’aime(ジェーンム)」は「je(ジュ)」と「aime(エェーンム)」の組み合わせになり、ここではエリジオンとなって、最初の「je(ジュ)」の語尾の母音「e」が省略されて「j’aime(ジェーンム)」の形になっています。

「ça(サ)」は「これ」「あれ」「それ」という意味の指示代名詞になり、英語の「this」「that」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

食べることが好き

食べることを楽しむ女性

フランス語で

J’aime mangerジェーンム マォンジェ

という表現になります。

「manger(マォンジェ)」は、ここでは「食べること」「食事」「食べ物」という意味の男性名詞の単語で使われており、主に会話の中で「食事」や「食べ物」を表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

歌うことが好き

歌うことを楽しむ女性

フランス語で

J’aime chanterジェーンム シャォンテェ

という表現になります。

「chanter(シャォンテェ)」は「歌う」「〜を歌う」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

車が好き

フランス語で

J’aime les voituresジェーンム レ ヴォワテュール

という表現になり、「私は車が好きです」という意味の表現でもあります。

「les(レ)」は複数形の名詞に付く定冠詞になります。

「voiture(ヴォワテュール)」は「車」「自動車」という意味の女性名詞の単語になり、ここでは「s」が付き、複数形「voitures(ヴォワテュール)」となり、「s」は発音しません。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

犬が好き

犬が好きな夫婦

フランス語で

J’aime les chiensジェーンム レ シヤン

という表現になり、「私は犬が好きです」という意味の表現でもあります。

「les(レ)」は複数形の名詞に付く定冠詞になります。

「chien(シヤン)」は「犬」という意味の名詞になり、ここでは複数形「chiens(シヤン)」になっており、「s」は発音しません。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

美しい花が好きです

美しい花を描く女性

フランス語で

J’aime les belles fleursジェーンム レ ベェル フルァール

という表現になります。

「belle(ベェル)」は「美しい」「きれいな」「素晴らしい」や「見事な」「立派な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「fleur(フルァール)」が女性名詞であるため女性形の形になっています。

「fleur(フルァール)」は「花」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

君が好き(恋愛感情がある)

フランス語で

Je vous aime bienジュ ヴ ゼェーンム ビヤン

という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

君が好き(恋愛感情がない)

フランス語で

Je t’aime beaucoupジュ テェーンム ボクゥ

という表現になり、友達として「君のことが大好き」という意味の表現になります。

「Je t’aime(ジュ テェーンム)」が入っているので、恋愛感情を伝える表現と間違えそうですが、「beaucoup(ボクゥ)」が付くと、ニュアンスが「君のことが好き」となり、恋愛感情はないけど友達として好き、と伝える表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

君のことが好き(少し恋愛感情あり)

フランス語で

Je t’aime bienジュ テェーンム ビヤン

という表現になります。

「bien(ビヤン)」は「よく」「とても」「大変」という意味の副詞になりますが、「Je t’aime(ジュ テェーンム)」を強調する役割ではなく、愛情表現の強さを弱める働きになっています。

この表現を使うのに適切な関係性は、付き合い始めの恋人同士、またフレンドリーな異性の相手に対して気持ちを伝えるときに適した表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「大好き」の気持ちを伝えるフランス語の表現の読み方と発音

ラブレター

ここでは「大好き」と気持ちを伝えるフランス語の表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

あなたのことが大好き

フランス語で

Je t’adoreジュ タァドォール

という表現になります。

「t’adore(タァドォール)」は「te(トゥ)」と「adore(アドォール)」の組み合わせになり、ここではエリジオンとなって「te(トゥ)」の語尾の母音「e」が省略されています。

「te(トゥ)」は「お前を」「君を」や「君に」「おまえに」という意味の人称代名詞になり、「vous(ヴ)」より関係性の近い相手に対して使う単語になります。

「adore(アドォール)」は、「adorer(アドォレ)」が原形の「〜を熱愛する」「〜が大好きだ」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

あなた方が大好き

フランス語で

Je vous adoreジュ ヴ ザドォール

という表現になります。

「vous(ヴ)」は「あなた」や「あなたがた」「人々」という意味の人称代名詞になり、目の前にいる人や目の前にいる複数の人を表すときに使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「愛してる」と愛情を表現するさまざまな表現の読み方と発音、翻訳

 

写真を撮る子供とお母さん

ここでは相手に「愛してる」という気持ちや愛情を伝えるフランス語のさまざまな表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

心から君を愛している

フランス語で

Je t’aime de tout mon cœurジュ テェーンム ドゥ トゥ モン クェール

という表現になります。

「tout(トゥ)」は、ここでは「すべての」「〜全体」や「完全な」という意味の形容詞になります。

「mon(モン)」は「私の」という意味の所有を表す形容詞になります。

「cœur(クェール)」は、ここでは異性に対する「愛情」「気持ち」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

何よりも君を愛している

フランス語で

Je t’aime plus que toutジュ テェーンム プリュ ク トゥ

という表現になります。

「plus que tout(プリュ ク トゥ)」の形で「何よりも」「何にもまして」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

君に夢中だ

フランス語で

Tu me fais craquerテュ ム フェ クラケェ

という表現になり、「君にメロメロだ」という意味でも使います。

「tu(テュ)」は「おまえ」「君」という意味の人称代名詞になります。

「me(ム)」は「私を」「私の」という意味の人称代名詞になります。

「fais(フェ)」は「faire(フェール)」が原形となり、ここでは人の態度などが「〜を引き起こす」「〜させる」という意味の動詞になります。

「craquer(クラケェ)」は、ここでは人が欲望などに「負ける」「まいる」や人の魅力に「惚れ込む」という意味の動詞になり、よく使われるのは「ポキッと折れる」「失敗する」という意味で使われます。

そのため、「君の魅力に負けた」という意味合いの表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

私はあなたに恋しています

フランス語で

Je suis amoureuse de toiジュ スュィ ザムゥルーズ ドゥ トゥワ

という表現になります。

「de(ドゥ)」はここでは「〜に」という意味の前置詞になります。

「toi(トゥワ)」は「君」「おまえ」という意味の人称代名詞の強勢形になり、前置詞の後ろに付くときの形になります。

「amoureuse(アムゥルーズ)」は「恋をしている」「夢中の」「惚れている」という意味の女性形の形容詞になり、ここでは主語となる「私」が女性であることがわかります。

【形容詞 amoureuxの変化】

  • amoureux(アムゥル)    男性形  男性が女性に恋をしているときに使う形
  • amoureuse(アムゥルーズ)    女性形  女性が男性に恋をしているときに使う形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️amoureuxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️amoureuseの発音の確認はこちら⬇️

 

ずっと一緒にいよう

恋人同士の人形

フランス語で

Je vous suis attachéジュ ヴ スュィ ザタッシェ

という表現になり、「私はあなたに深い愛情を持っている」というニュアンスになります。

「suis(スュィ)」は、「être(エトル)」が原形の「〜である」という意味の動詞になり、英語の「be動詞」と同じ役割の単語になります。

「attaché(アタッシェ)」は「〜に愛着がある」「〜に専念した」「〜に執着した」という意味の形容詞になり、ここでは主語となる「Je(私)」が男性であるため、男性形の形になっています。

【形容詞 attachéの変化】

  • attaché(アタッシェ)   男性形  男性が主体となって気持ちを伝えるときに使う形
  • attachée(アタッシェ)    女性形  女性が主体となって気持ちを伝えるときに使う形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️attachéとattachéeの発音の確認はこちら⬇️

 

あなたといると私は幸せです

フランス語で

Je suis heureux avec toiジュ スュィ ズゥルゥ アヴェク トゥワ

という表現になります。

「heureux(ウゥルゥ)」は「幸せな」「幸福な」「嬉しい」という意味の形容詞になり、ここでは主語の「Je(ジュ)」が男性であるため、男性形の形になっています。

「avec(アヴェク)」は「〜と一緒に」「〜とともに」という意味の前置詞になります。

「toi(トゥワ)」は「おまえ」「君」という意味の人称代名詞の強勢形になり、前置詞の後ろに来るときの人称代名詞の形になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

永遠に愛している

フランス語で

Je t’aime pour toujoursジュ テェーム プゥール トゥジュール

という表現になります。

「pour(プゥール)」は、ここでは予定の期間や時期を前提として「〜に」「〜の間」「〜の予定で」という意味の前置詞になります。

「toujours(トゥジュール)」は「いつも」「ずっと」「常に」や「今もなお」という意味で「永遠」を表す副詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「愛してる」と伝える表現のまとめ

ここではフランス語で「愛してる」という気持ちを表現するフレーズや言葉について紹介してきました。

愛情表現に関わる言葉は、大切な家族や恋人、友人との関係をよりよくするために必要ですが、使い方を間違えると、誤解を生んで関係が意図しない方向に向かってしまうこともありえます。

フランス語には愛情表現に関連する美しい言葉が数多くありますが、それぞれの言葉から相手に伝わる気持ちまでを理解をしていないと、自分の思いとは異なって伝わってしまう可能性があります。

相手と良い関係性を保つ、相手との関係性をより発展させていくために、フランス語の愛情表現について、正しい意味とニュアンスをしっかり理解して使っていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須