「宇宙」を表すフランス語の単語や関連する表現の読み方と発音、意味とは?

宇宙から見た地球

ここでは「宇宙」を表すときに使うフランス語の単語や、「宇宙」に関連するさまざまなフランス語の単語や表現について紹介していきます。

フランス語で「宇宙」という意味で使う単語には、以下の3つがあります。

【「宇宙」を表すフランス語の単語】

  • univers(ユニヴェール)  天文学用語で「宇宙」や「地球全体」を表すときに使う
  • espace(エスパァス)    「宇宙空間」という意味で「空間」を表すときに使う
  • cosmos(コスモース)   「宇宙」そのもの、また哲学、物理学としての「宇宙」を表すときに使う

同じ「宇宙」という意味を持つ単語ですが、それぞれが含む意味、また使う領域をしっかりと理解して使い分けられるようにしましょう。

フランス語で「宇宙」を表す単語の読み方と発音

星と星雲

ここではフランス語で「宇宙」という意味の単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

宇宙①

フランス語で

universユニヴェール

という男性名詞の単語になり、天文学用語で「宇宙」という意味で使います。

他に「天地万物」「万有」や「地球全体」「全世界」「世界の人々」という意味でも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

宇宙②

フランス語で

espaceエスパァス

という男性名詞の単語になり、「宇宙空間」という意味でも使います。

他に「スペース」「空間」や物を置く場所や人がいる「場所」「地域」、「空中」、広告などを出すための「枠」「時間」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

宇宙③

フランス語で

cosmosコスモース

という男性名詞の単語になり、「宇宙空間」や哲学や物理学の意味での「宇宙」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

宇宙の

オーロラ

フランス語で

universelユニヴェルセル

universelleユニヴェルセル

という形容詞の単語になり、学術的な用語で「宇宙の」「万有の」という意味で使います。

他に「全世界的な」「万国の」や「一般的な」「普遍的な」「すべての人(物)に当てはまる」「全知の」「全能の」という意味でも使う単語になります。

2つの単語の使い分けは以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • universel(ユニヴェルセル)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • universelle(ユニヴェルセル)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️universelとuniverselleの発音の確認はこちら⬇️

 

「宇宙」に関連するフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味

人工衛星から見た地球

ここでは「宇宙」に関連するさまざまなフランス語の単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

月光

フランス語で

clair de luneクレィア ドゥ リュヌ

という表現になり、「月の光」「月明かり」という意味でも使います。

「lune(リュヌ)」は「月」という意味の女性名詞の単語になります。

「clair(クレィア)」は「光」や「明かり」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で

étoileエトワル

という女性名詞の単語になり、ここでは夜空に輝いている「星」という意味になります。

他に「運勢」や俳優やタレントを「スター」と表現したり、ホテルやレストランのグレードを表す「星印」、軍隊で階級を表す「星章」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

星空

砂漠の星空

フランス語で

ciel étoiléスィエル エトワレ

という表現になります。

「ciel(スィエル)」は「空」「天」という意味の男性名詞の単語になります。

「étoilé(エトワレ)」は「星を散りばめた」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「ciel(スィエル)」が男性名詞のため、男性形の形になっています。

直接翻訳をすると「星が散りばめられた空」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

天の川

天の川

フランス語で

la Voie lactéeラ ヴォワ ラクテェ

という表現になり、「銀河」や「ミルキーウェイ」という意味でも使います。

「voie(ヴォワ)」は「道」「道路」「交通路」という意味の女性名詞の単語になり、英語の「way」や「lane」、「track」と同じ意味の単語になります。

「lactée(ラクテェ)」は「ミルクの」「ミルクを含んだ」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「voie(ヴォワ)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 lactéの変化】

  • lacté(ラクテェ)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • lactée(ラクテェ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️lactéとlactéeの発音の確認はこちら⬇️

 

宇宙人

フランス語で

extraterrestreエクストラテレストル

という名詞の単語になり、「地球外生物」や「E.T」という意味でも使います。

また形容詞として「地球外の」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

太陽系

フランス語で

Système solaireスィステーム ソレール

という表現になります。

「système(スィステーム)」は、ここでは天文学の「系」という意味の男性名詞になり、他に「システム」「方式」「やり方」「体系」「体制」という意味でも使います。

「solaire(ソレール)」は「太陽の」「太陽に関する」という意味の形容詞になり、修飾する名詞の性による変化がない形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

銀河

銀河系

フランス語で

galaxieガャラクシィ

という女性名詞の単語になり、「天の川」という意味でも使います。

また天文学の言葉として「星雲」や「銀河系星雲」という意味でも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

惑星

大気圏突入する宇宙船

フランス語で

Planèteプラネットゥ

という女性名詞の単語になり、「遊星」や「地球」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

天体

フランス語で

corps célesteコォール セレストゥ

という表現になります。

「corps(コォール)」は、ここでは「物体」という意味の男性名詞になり、他に「体」「身体」や「本体」「団体」「部隊」という意味でも使います。

「céleste(セレストゥ)」は「天の」「空の」「天空の」「天上の」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

恒星

恒星

フランス語で

étoile fixeエトワル フィクス

という表現になります。

「étoile(エトワル)」は、ここでは「星」という意味の女性名詞の単語になります。

「fixe(フィクス)」は「一定の」「固定の」という意味の形容詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

衛星

フランス語で

Satelliteサテリィトゥ

という男性名詞の単語になり、「人工衛星」という意味でも使います。

また周囲の「取り巻き」や「衛星国」、空港などの「サテライト」という意味でも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

流星

流星

フランス語で

météoreメテオール

という男性名詞の単語になります。

他に「大気現象」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

流星群

フランス語で

nuage météoriqueニュアージュ メテオリーク

という表現になります。

「nuage(ニュアージュ)」は「雲」「雲状のもの」という意味の男性名詞の単語になります。

「météorique(メテオリーク)」は「流星の」という意味の形容詞になります。

そのまま翻訳をすると「流星の雲」や「雲状の流星」という意味の表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

隕石

落下した隕石

フランス語で

pierre météoriqueピエール メテオリーク

という表現になります。

「pierre(ピエール)」は「石」「石ころ」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ブラックホール

ブラックホール

フランス語で

Trou noirトルゥ ノワール

という表現になります。

「trou(トルゥ)」は「穴」「くぼみ」という意味の男性名詞になり、他に服などの「裂け目」、会計などの「赤字」「欠損」、ゴルフの「ホール」という意味でも使います。

「noir(ノワール)」は「黒い」という意味の形容詞になります。

天文学用語でブラックホールは「trou noir(トルゥ ノワール)」を覚えておきましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

宇宙ステーション

フランス語で

Station spatialeスタスィヨン スパスィアル

という表現になります。

「station(スタスィヨン)」は、ここでは「基地」「施設」という意味の女性名詞の単語になります。

「spatiale(スパスィアル)」は「宇宙空間の」や「空間の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「station(スタスィヨン)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 spatialの変化】

  • spatial(スパスィアル)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • spatiale(スパスィアル)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️spatialの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️spatialeの発音の確認はこちら⬇️

 

宇宙飛行士

宇宙飛行士

フランス語で

astronauteアストロノォートゥ

という名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「宇宙」を表す単語や関連する表現のまとめ

ここではフランス語で「宇宙」を表すときに使う単語や、関連するさまざまな単語や表現について紹介してきました。

フランス語で「宇宙」という意味で使う単語には3つがあり、それぞれの単語が含む意味や、用語として使う領域があるため、可能な範囲で正しく覚えておきましょう。

【フランス語で「宇宙」という意味の単語】

  • univers(ユニヴェール)  天文学用語で「宇宙」や「地球全体」を表すときに使う
  • espace(エスパァス)    「宇宙空間」という意味で「空間」を表すときに使う
  • cosmos(コスモース)   「宇宙」そのもの、また哲学、物理学としての「宇宙」を表すときに使う

まずは「宇宙」を表すフランス語の単語は3つある、ということだけでも覚えておきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須