「仕事」を表すフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味とは?

オフィスで働く人

ここでは「仕事」を表すフランス語の単語や、「仕事」に関連するフランス語のさまざまな表現について紹介していきます。

フランス語で「仕事」という表現に使う単語には以下の3つがあります。

【フランス語で「仕事」を意味する3つの単語】

  • travail   労働者からの視点で、雇用主から与えられる仕事を表すときに使う
  • emploi     雇用主からの視点で、労働者へ割り振る仕事を表すときに使う
  • affaire      実業家やビジネスマンが、自分がやるべきことを仕事として表現するときに使う

それぞれの単語に対応する英語を見ていくと、意味合いの違いがより理解しやすくなります。

  • travail   英語のworkに対応する意味の単語
  • emploi     英語のemploymentに対応する意味の単語
  • affaire      英語のbusinessに対応する意味の単語

「仕事」に関する3つの単語の意味の違いをしっかりと覚えることで、会話や文章を通じて、「仕事」について聞き手や読み手に伝えたいことをしっかりと伝えることができるようになります。

3つの単語とその使い分け方について覚えていきましょう。

 

目次

フランス語で「仕事」を表す単語「travail」の読み方と発音

オフィスでの会議の様子

ここでは「仕事」という意味のフランス語の単語「travail」について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

仕事

フランス語で

travailトラヴァイユ

という男性名詞の単語になり、「労働」「作業」や「職」「働き口」、「勉強」という意味でも使います。

英語の「work」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

仕事をする

朝一仕事をする人

フランス語で

travaillerトラヴァイエ

という動詞の単語になり、「働く」「勤務する」「勉強する」「練習する」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

労働者

PCを扱う人の手元

フランス語で

travailleurトラヴァイユゥル

travailleuseトラヴァイユゥズ

という名詞と形容詞の単語になります。

名詞では「労働者」「勤労者」や「働き者」「勤勉な人」という意味、形容詞では「労働者の」「勤勉な」「よく働く」という意味で使います。

2つの単語の使い分けは以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • travailleur(トラヴァイユゥル)  男性形  男性の労働者を表す、または男性名詞を修飾するときの形
  • travailleuse(トラヴァイユゥズ)   女性形  女性の労働者を表す、または女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️travailleurの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️travailleuseの発音の確認はこちら⬇️

 

「仕事」を表すフランス語「travail」に関連する表現の読み方と発音、意味

会議室でのミーティング

ここではフランス語で「仕事」という意味の単語の「travail」に関連するさまざまな表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

仕事をする

ホワイトボードでのブレスト

フランス語で

effectuer un travailエフェクテュエ アン トラヴァイユ

という表現になります。

「effectuer(エフェクテュエ)」は難しい作業やスキルが必要な機械の操作など「〜を行う」「〜を実行する」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

仕事を終える

フランス語で

terminer un travailテルミネ アン トラヴァイユ

という表現になります。

「terminer(テルミネ)」は「〜をやり終える」「終了する」という意味の動詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

仕事を続ける

フランス語で

continuer un travailコンティニュエ アン トラヴァイユ

という表現になります。

「continuer(コンティニュエ)」は「〜を続ける」「〜を続行する」や「〜を延ばす」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

仕事を探す

ネットで仕事を探す

フランス語で

chercher du travailシェルシェ デュ トラヴァイユ

という表現になります。

「chercher(シェルシェ)」は「〜を探す」「〜を探し求める」や「〜を知ろうと務める」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

労働時間

フランス語で

heures de travailェウール ドゥ トラヴァイユ

という表現になります。

「heure(ェウール)」は「時間」や時計の「時刻」「〜時」という意味の女性名詞の単語になり、ここでは仕事や授業など、ある活動の「時間」を表す意味になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

職場

お洒落なオフィス

フランス語で

lieu de travailリユ ドゥ トラヴァイユ

という表現になります。

「lieu(リユ)」は「場所」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「仕事」を表す単語「emploi」の読み方と発音

フリースペースでミーティングしている会社員

ここではフランス語で「仕事」という意味を持つ2つ目の単語である「emploi」について、日本語の読み方からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

仕事

フランス語で

emploiアォンプロワ

という男性名詞の単語になり、「職」「働き口」「雇用」や「利用」「使用」「用途」という意味でも使います。

「emploi(アォンプロワ)」は雇用主側からの視点で「仕事」という意味の単語として使われ、英語の「employment」や「use」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

雇う

人を雇う

フランス語で

employerアォンプロワイエ

という動詞になり、人を「〜を雇う」「〜を使う」という意味でも使われます。

英語の「employ」や「use」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

雇用主

フランス語で

employeurアォンプロワイユゥル

employeuseアォンプロワイユゥズ

という名詞の単語になり、「雇用者」「雇い主」という意味でも使います。

2つの単語の使い分けは以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • employeur(アォンプロワイユゥル)  男性名詞  男性の雇用主を表す形
  • employeuse(アォンプロワイユゥズ)   女性名詞  女性の雇用主を表す形

男性名詞と女性名詞で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️employeurの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️employeuseの発音の確認はこちら⬇️

 

従業員

従業員

フランス語で

employéアォンプロワイエ

employéeアォンプロワイエ

という名詞の単語になり、「勤め人」「会社員」や、主に「ホワイトカラー」「サラリーマン」という意味で使います。

英語の「employee」と同じ意味の単語になります。

2つの単語の使い分け方は以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • employé(アォンプロワイエ)  男性名詞  男性の会社員を表す形
  • employée(アォンプロワイエ)   女性名詞  女性の会社員を表す形

男性名詞と女性名詞で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️employéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️employéeの発音の確認はこちら⬇️

 

「仕事」を表すフランス語「emploi」に関連する表現の読み方と発音、意味

ミーティング中のテーブルの上

ここではフランス語で「仕事」をという意味の単語「emploi」を使ったさまざまな表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

仕事(職)を見つける

フランス語で

trouver un emploiトォルヴェ アン アォンプロワ

という表現になります。

「trouver(トォルヴェ)」は「〜を見つける」「〜と会う」「出会う」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

仕事(職)につく

仕事に就く

フランス語で

prendre un emploiプラホーンドル アン アォンプロワ

という表現になります。

「prendre(プラホーンドル)」はここでは人を「〜を採用する」「雇う」や「〜を選ぶ」という意味の動詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

求人

フランス語で

offre d’emploiオォフル ダォンプロワ

という表現になります。

「offre(オォフル)」は「提供」「申し出」「提案」「供給」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

会社員

会社員

フランス語で

employé de bureauアォンプロワイエ ドゥ ビュゥロォ

という表現になります。

「bureau(ビュゥロォ)」は、ここでは「会社」「オフィス」「事務所」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「仕事」を表す単語「affaire」の読み方と発音

外で話し合う実業家

ここではフランス語で「仕事」という意味の3つ目の単語「affaire」について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

仕事

一人で考え事をする人

フランス語で

affaireアフェール

という女性名詞の単語になり、ここでは「事業」「会社」や「ビジネス」「商売」「実業」という意味で使います。

英語の「business」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

忙しい

忙しく働く人

フランス語で

affairéアフェレェ

affairéeアフェレェ

という形容詞の単語になり、「忙しそうな」という意味でも使います。

2つの単語の使い分けについては以下になります。

【2つの単語の使い分け】

  • affairé(アフェレェ)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • affairée(アフェレェ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️affairéの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️affairéeの発音の確認はこちら⬇️

 

忙しさ

フランス語で

affairementアフェアルムォン

という男性名詞の単語になり、「慌ただしさ」「せわしなさ」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

忙しく働く

忙しく働いている人々

フランス語で

affairerアフェレェ

という動詞の単語になり、「〜に忙しい」「忙しく〜する」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「仕事」を表すフランス語「affaire」に関連する表現の読み方と発音、意味

ミーティング中の3人

ここではフランス語で「仕事」という意味を持つ単語「affaire」を使ったさまざまな表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

実業家(男性)

フランス語で

homme d’affaireオム ダフェール

という表現になります。

「homme(オム)」はここでは「男性」「一人前の男」や「人」「人間」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

実業家(女性)

フランス語で

femme d’affaireファム ダフェール

という表現になります。

「femme(ファム)」は「女性」「一人前の女」「成人した女性」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ビジネスに携わっている

フランス語で

être dans les affairesエトルフ ダォン レ ザフェール

という表現になります。

「être(エトルフ)」は、ここでは「〜である」「〜の状態にある」「〜している」という意味になり、英語の「be動詞」と同じ働きの単語になります。

「dans(ダォン)」は、ここでは「〜の状態に」「〜の中に」という意味の前置詞になり、英語の「in」や「into」と同じ意味の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

私は急ぎの用件がある

フランス語で

J’ai une affaire urgenteジェ ユナ アフェール ユルジャォントゥ

という表現になります。

「urgente(ユルジャォントゥ)」は「急を要する」「緊急の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「affaire(アフェール)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 urgentの変化】

  • urgent(ユルジャォン)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • urgente(ユルジャォントゥ)   女性形  女性名刺を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️urgentの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️urgenteの発音の確認はこちら⬇️

 

「仕事」に関連するフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味

PCで仕事をしている人の手元

ここでは「仕事」に関連するフランス語の単語やさまざまな表現で、先に紹介した単語や表現以外について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

職業

フランス語で

professionプロフェスィヨン

という女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

職業の

フランス語で

professionnelプロフェスィヨネル

professionnelleプロフェスィヨネル

という形容詞の単語になり、「職業上の」「本職の」「プロの」という意味でも使います。

また、名詞としての働きもあり、その場合「本職」「プロ」や「プロスポーツ選手」という意味でも使います。

2つの単語の使い分け方は以下の通りになります。

【2つの単語の使い分け】

  • professionnel(プロフェスィヨネル)  男性形  男性のプロを表す、または男性名詞を修飾するときの形
  • professionnelle(プロフェスィヨネル)  女性形  女性のプロを表す、または女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️professionnelの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️professionnelleの発音の確認はこちら⬇️

 

本職の

フランス語で

de professionドゥ プロフェスィヨン

という表現になり、「プロの」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

ご職業は何ですか?

フランス語で

Quelle est votre profession?ケェル エ ヴォトルフ プロフェスィヨン

という表現になります。

「votre(ヴォトルフ)」は「あなたの」や「あなたがたの」という意味の所有を表す形容詞になり、英語の「your」と同じ意味の単語になります。

「quelle(ケェル)」は「何」「どんな」「どの」や「誰」という意味の疑問の形容詞になり、英語の「what」や「which」と同じ意味の単語になります。

ここでは修飾する名詞の「profession(プロフェスィヨン)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

【形容詞 quelの変化】

  • quel(ケェル)  男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • quelle(ケェル)  女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「仕事」を表す単語や関連する表現のまとめ

ここではフランス語で「仕事」を意味するさまざまな単語や、「仕事」を意味するフランス語の単語に関連するさまざまな表現について紹介してきました。

「仕事」という意味で使われる単語には以下の3つがあり、それぞれ意味合いが異なっています。

【「仕事」という意味で使う3つのフランス語】

  • travail   労働者からの視点で、会社などから与えられることを仕事と表現するときに使う
  • emploi     会社からの視点で、労働者に対して与える作業などを仕事と表現するときに使う
  • affaire      会社員や実業家などが、自分に与えられた責任を仕事と表現するときに使う

上記のように、「仕事」を表す3つの単語とそれぞれの単語の持つ意味をしっかりと理解して使うことにより、コミュニケーションの相手に対して、正しい意味と意図を持ってしっかりと伝えることができるようになりますので、ぜひ覚えましょう。

 

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須