フランス語で「蝶(チョウ)」を表す単語やフレーズの読み方と発音、意味とは?

花に止まる蝶

ここではフランス語で「蝶(チョウ)」を表す単語や「蝶(チョウ)」に関連するさまざまなフレーズ、表現について紹介していきます。

フランスでは「蝶(チョウ)」や「蛾(ガ)」はどちらも「パピヨン」と言われ、感情的な面においても、日本人の多くの方が抱くような、「蝶」=綺麗な虫と「蛾」=気持ち悪い虫という違いはあまりありません。

「蝶」と「蛾」をあえて区別して表現するときの言葉も特徴的で、物は言いようという言葉がぴったりです。

【フランス語の「蝶」と「蛾」の表現の違い】

  • 蝶 papillon de jour(パピヨン ドゥ ジュールフ) 「昼間の蝶」という意味
  • 蛾 papillon de nuit(パピヨン ドゥ ニュイ) 「夜の蝶」という意味

また、フランス語で「蝶」を表す単語は、虫そのものを表すとき以外にも使われることがあります。

例えば、「パピヨン」と名付けられたスペインの犬は、耳の形が蝶の羽が開いたように見えるために「パピヨン」と名付けられていたり、身のこなしが軽やかな人を表現する例えや、恋愛などのドキドキ感を例える表現としても使われます。

フランス人との会話の中で使うこともありますので、言葉の意味や使い方を覚えてみましょう。

 

フランス語で「蝶(チョウ)」を表す単語の読み方と発音、意味

青空に舞う蝶

ここではフランス語で「蝶(チョウ)」を表す単語や関連する表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

蝶①

フランス語で

papillonパピヨン

という男性名詞の単語になり、「蝶(チョウ)」「蛾(ガ)」を表すときに使われ、英語で「蝶(チョウ)」を表す単語の「butterfly」と同じ意味の単語になります。

また、「蝶(チョウ)」の他に、「駐車違反の通告書」「付箋」「蝶ネジ」を表す単語としても使われます。

複数形は「papillons(パピヨン)」となり、発音は単数形と同じになります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蝶②

2匹の白い蝶

フランス語で

papillon de jourパピヨン ドゥ ジュールフ

という表現になり、「蛾(ガ)」と区別して伝えたいときに使います。

「jour(ジュールフ)」はここでは「昼間」「日中」「昼」という意味の男性名詞の単語になり、「昼間の蝶(チョウ)」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蛾(ガ)

保護色の蛾

フランス語で

papillon de nuitパピヨン ドゥ ニュイ

という表現になり、「蝶(チョウ)」と区別して伝えたいときに使います。

「nuit(ニュイ)」は「夜」「夜間」という意味の女性名詞の単語になり、「夜の蝶(チョウ)」という表現になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「蝶(チョウ)」に関連するさまざまな表現の読み方と発音、翻訳

ラベンダー畑の蝶

ここでは「蝶(チョウ)」の種類を表すフランス語や「蝶(チョウ)」を表す単語を使ったさまざまな表現について、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

アゲハ蝶

アゲハチョウ

フランス語で

papillon machaonパピヨン マカオン

という表現になります。

「machaon(マカオン)」は昆虫の「キアゲハ」を表す男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

モンシロチョウ

モンシロチョウ

フランス語で

papillon du chouパピヨン デュ シュゥ

という表現になります。

「chou(シュゥ)」は「キャベツ」を表す男性名詞の単語になります。

「モンシロチョウ」がキャベツに代表されるアブラナ科の植物で幼虫が育ち、キャベツ畑でよく見られるためにこのように呼ばれています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蝶の幼虫

フランス語で

larve de papillonラァーヴ ドゥ パピヨン

という表現になります。

「larve(ラァーヴ)」はここでは昆虫などの「幼虫」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蝶のさなぎ

フランス語で

nymphe papillonナァフ パピヨン

という表現になります。

「nymphe(ナァフ)」はここでは「さなぎ」「若い虫」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

青い蝶

青い蝶

フランス語で

papillon bleuパピヨン ブルゥ

という表現になります。

「bleu(ブルゥ)」はここでは「青い」という意味の形容詞に単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

幸せの蝶

ウェディングパーティーの蝶の飾り

フランス語で

le papillon de bonheurル パピヨン ドゥ ボヌァール

という表現になります。

「bonheur(ボヌァール)」は「幸せ」「幸福」「幸運」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蝶ネクタイ

黒い蝶ネクタイをする女性

フランス語で

nœud papillonンヌ パピヨン

という表現になります。

「nœud(ンヌ)」はネクタイやリボンの「結び目」「飾り結び」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

虫取り網

捕虫網を持って蝶を追いかける女の子

フランス語で

filet à papillonsフィレェ ア パピヨン

という表現になります。

「filet(フィレェ)」は「網(あみ)」「ネット」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

バタフライ

バタフライ

フランス語で

brasse papillonブラハス パピヨン

という表現になり、水泳の競技、泳法の1つの「バタフライ」を表すときに使われます。

「brasse(ブラハス)」は「平泳ぎ」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

どきどきする

フランス語で

avoir des papillons dans le ventreアヴォワ デ パピヨン ドォン ル ヴォントフ

という表現になり、緊張感や恋愛感情によって胸がドキドキする感覚を表現するフレーズです。

「avoir(アヴォワールフ)」は精神的な状態が「〜である」「〜している」や感情や思考について「〜を抱く」「〜状態である」という意味の動詞の単語になります。

「dans(ドォン)」は「〜の中に」「〜で」という意味の前置詞の単語になります。

「ventre(ヴォントフ)」は「腹部」「腹」を意味する男性名詞の単語になります。

ここではそのまま翻訳をすると、「お腹の中に蝶々がいるような状態」という表現になり、胸がどきどきする様子を表現するときに使われます。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

蝶のように身軽な

フランス語で

léger comme un papillonレジェ コォム アン パピヨン

という表現になります。

「comme(コォム)」は「」

「léger(レジェ)」は「軽い」「軽やかな」「軽快な」という意味の形容詞の単語になり、ここでは修飾する名詞の「papillon(パピヨン)」が男性名詞のため、形容詞の男性形の形になっています。

【形容詞 légerの変化】

  • léger(レジェ)     男性形  男性名詞を修飾する形
  • légère(レジェールフ)   女性形  女性名詞を修飾する形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️légerの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️légèreの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「蝶(チョウ)」を表す単語やフレーズのまとめ

ここではフランス語で「蝶(チョウ)」を表す単語や「蝶(チョウ)」の種類を表す表現や関連するさまざまなフレーズについて紹介してきました。

フランスでは「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」を「papillon(パピヨン)」で表現し、日本人の多くの方が抱くような、「蝶」は好ましい生き物、「蛾」は不愉快な生き物という感覚があまりありません。

「蝶」と「蛾」をあえて区別するときには、「蝶」は「昼の蝶」、「蛾」は「夜の蝶」という表現をしています。

さらに、身軽な人を例えるときや、恋愛の胸のドキドキや緊張でドキドキするという状況を表現するときにも「蝶」を表す単語「papillon(パピヨン)」を使いますので、ぜひ覚えてみましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須