フランス語で「キャラメル」を表す単語や表現の読み方と発音、意味とは?

キャラメルのりんご飴

ここではフランス語で「キャラメル」または「カラメル」を表す単語と、関連する表現について紹介していきます。

「キャラメル」というと、私たちが真っ先に思い浮かべるのは、ワックスペーパーに包まれたキャンディの「キャラメル」ではないでしょうか。

「キャラメル 」は、もともと「カラメル」を表すフランス語の単語「caramel」からきていて、「caramel」を英語圏に取り入れ、英語読みをすると「キャラメル 」という発音になります。

日本へはアメリカを通じて伝わったため、「キャラメル 」が浸透しているのではないかと思います。

 

フランス語で「キャラメル 」を表す単語の読み方と発音

キャラメルのケーキ

ここではフランス語で「キャラメル 」、または「カラメル」を表す単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。

 

キャラメル

キャラメル

フランス語で

caramelキャラハメル

という男性名詞の単語になり、お菓子の「キャラメル 」や、カスタードプリンに使う「カラメル」を表すときにも使います。

一番最初に日本に「キャラメル」を持ち込んだのは、森永製菓の創始者で、アメリカで製法を学び日本に広めました。

もともとは、カスタードプリンにかける「カラメル」が語源になっており、洋菓子の本場フランスで作られ、伝わったものです。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

キャラメル色の

フランス語で

caramelキャラハメル

という形容詞の単語になり、「淡褐色の」「カラメル色の」という意味としても使います。

形容詞としての「caramel(キャラハメル)」は、修飾する名詞が男性名詞、女性名詞にかかわらず不変になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

キャラメルにする

キャラメルがけのポップコーン

フランス語で

caraméliserキャラハメリゼ

という動詞の単語になり、砂糖を「カラメルにする」「〜にカラメルをかける」「〜をカラメル色にする」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

キャラメルになる

フランス語で

se caraméliserス キャラハメリゼ

という動詞になり、「カラメルにする」という意味としても使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

「キャラメル」に関連するフランス語の単語や表現の読み方と発音、意味

キャラメルソースをかけたホイップクリーム

塩キャラメル

フランス語で

caramel au selキャラハメル ォウ セェル

という表現になります。

「sel(セェル)」は「塩」という意味の男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

カスタードプリン

カスタードプリン

フランス語で

crème caramelクレヘム キャラハメル

という表現になります。

「crème(クレヘム)」はここでは「クリーム状のお菓子」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「キャラメル 」と「カラメル」を表す単語や表現のまとめ

ここではフランス語で「キャラメル 」または「カラメル」を表す単語や表現について紹介してきました。

「キャラメル 」は、フランス語の単語「caramel」を英語の単語として取り入れられていて、「caramel」は英語で「キャラメル 」と発音します。

日本へはアメリカを経由して伝わったため、「キャラメル 」として馴染みがありますが、実際には、「キャラメル 」は飴、「カラメル」はプリンや洋菓子に使われる材料、という認識の方が多いのではないかと思います。

日本では「キャラメル 」と「カラメル」をうまく使い分けているのではないでしょうか。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須