「石」を表すフランス語の単語や関連するさまざまな表現の読み方と発音、意味とは?

海の波打ち際の石

ここでは「石」を表すフランス語の単語や、「石」に関連するフランス語のさまざまな単語や表現について紹介していきます。

「石」と大きく一括りにしても、大きい石や小さい石、岩や鉱石など、細かく見ていくとさまざまな「石」があり、それぞれを表す単語や表現があります。

コミュニケーションの相手に伝えたいことを正しく伝え、また相手の伝えたいことを正しく理解するためには、それぞれの単語を覚えることが大切です。

ここで紹介している「石」を表すさまざまな単語や表現をしっかりと覚えて、理解できるようにしていきましょう。

 

フランス語で「石」を表す単語の読み方と発音

ここでは「石」を表すフランス語の単語や、「石」に関連するフランス語の単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

フランス語で

pierreピエール

という女性名詞の単語になり、「石ころ」「石材」という意味や、石という枠の中で「宝石」という意味でも使います。

また投資などの対象として「不動産」を表す意味や、医学用語で「結石」という意味でも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

岩

フランス語で

rocロック

という男性名詞の単語になります。

主に小説や物語などの文章の中で「岩」「岩石」「岩盤」や人の性格などを指して「頑固な人」という意味で使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

岩石

フランス語で

rocheロッシュ

という女性名詞の単語になり、「岩」や「岩床」「岩盤」や建物に使う硬い「石材」という意味で使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

鉱石

オパールの原石

フランス語で

mineraiミヌレ

という男性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

宝石

ダイヤモンド

フランス語で

gemmeジェム

という女性名詞の単語になり、鉱物や石というくくりの中での「宝石」という意味で使います。

また「松やに」という意味でも使う単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

貴石

フランス語で

pierres précieusesピエール プレスィューズ

という表現になります。

「précieuse(プレスィューズ)」は「価値の高い」「貴重な」「高価な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「pierre(ピエール)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 précieuxの変化】

  • précieux(プレスィユ)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • précieuse(プレスィューズ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

「貴石」とは、ダイヤモンド、サファイヤ、ルビー、エメラルド、アレキサンドライトなど、希少価値、品質ともに高く、硬度が7以上の宝石のことを指します。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️précieuxの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️précieuseの発音の確認はこちら⬇️

 

準貴石

フランス語で

pierres finesピエール フィーヌ

という表現になり、「準宝石」「半宝石」という意味でも使います。

「fine(フィーヌ)」は、ここでは「純粋な」「上質の」「上等な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「pierre(ピエール)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 finの変化】

  • fin(ファン)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • fine(フィーヌ)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

「準貴石」とは、一般的には希少価値や価格があまり高くなく、貴石ほどの硬度もない宝石のことを指します。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️finの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️fineの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「石」に関連するさまざまな単語や表現の読み方と発音、意味

赤い石の塀

ここではフランス語の「石」に関連するさまざまな単語や表現について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説をしていきます。

小石

小石

フランス語で

caillouカイユゥ

という男性名詞の単語になり、「砂利」という意味でも使います。

また、水晶などの「原石」という意味や、会話の中で「ダイヤモンド」や「宝石」という意味として使われることもある単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

岩山

フランス語で

rocherロシェ

という男性名詞の単語になり、「岩壁」や海面に出ている「岩礁」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

大きい石

積み上げられた大きい石

フランス語で

gros rocherグロ ロシェ

という表現になります。

「gros(グロ)」は、ここでは「大きい」「大きな」という意味の形容詞になり、修飾する名詞の「rocher(ロシェ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

【形容詞 grosの変化】

  • gros(グロ)     男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • grosse(グロース)  女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️grosの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️grosseの発音の確認はこちら⬇️

 

白い石

積まれた白い石

フランス語で

pierre blancheピエール ブラォンシュ

という表現になります。

「blanche(ブラォンシュ)」は「白い」「白っぽい」「無色の」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「pierre(ピエール)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

黒い石

黒い石

フランス語で

pierre noireピエール ノワール

という表現になります。

「noire(ノワール)」は「黒」「黒い」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「pierre(ピエール)」が女性名詞のため、女性形の形になっています。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

石ころ

フランス語で

rocailleロカイユ

という女性名詞の単語になり、地面に散らばっている「石ころ」や、「石ころだらけの土地」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

落石

フランス語で

chute de pierresシュットゥ ドゥ ピエール

という表現になり、「落ちてくる石」という意味の表現になります。

「chute(シュットゥ)」は「落下」「転落」や「下落」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

試金石

フランス語で

pierre de toucheピエール ドゥ トゥーシュ

という表現になります。

「touche(トゥーシュ)」は、絵画などの「タッチ」「色彩効果」「筆使い」や、パソコンの「キー」、ピアノの「鍵盤」、釣りなどの「当たり」、人や物の「格好」「様子」、ボクシングの「パンチ」、ビリヤードなどの「突き」「ヒット」という意味の女性名詞の単語になります。

ここでは「pierre de touche」で「試金石」という意味で覚えましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

天然石

自然の石

フランス語で

pierre naturelleピエール ナチュレル

という表現になります。

「naturelle(ナチュレル)」は「自然の」「天然の」「自然のままの」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞の「pierre(ピエール)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 naturelleの変化】

  • naturel(ナチュレル)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • naturelle(ナチュレル)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️naturelとnaturelleの発音の確認はこちら⬇️

 

墓石

フランス語で

pierre tombaleピエール トンバァル

という表現になります。

「tombale(トンバァル)」は「墓の」や、小説など文章の中で「陰気な」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「pierre(ピエール)」が女性名詞であるため、女性形の形になっています。

【形容詞 tombaleの変化】

  • tombal(トンバァル)   男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • tombale(トンバァル)    女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが、発音は同じであるため、文章で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️tombalとtombaleの発音の確認はこちら⬇️

 

石器時代

フランス語で

âge de pierreアァジュ ドゥ ピエール

という表現になります。

「âge(アァジュ)」は、ここでは歴史上の「時代」という意味の男性名詞になり、他に「年」「年齢」や人生の「時期」「年代」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

石造りの家

石造の白い家の壁

フランス語で

maison en pierreメゾン アォン ピエール

という表現になります。

「maison(メゾン)」は、ここでは一戸建ての「家」や「家屋」という意味の女性名詞になり、他に「家族」や「会社」「職場」という意味でも使います。

「en(アォン)」は、ここでは物の材質や構成要素として「〜でできた」「〜から作られた」「〜からなる」という意味の前置詞になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

砂利道

砂利道

フランス語で

pierrailleピエライユ

という女性名詞の単語になり、集合的な意味で「小石」「砕石」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

石を投げる

川に石を投げる子供

フランス語で

lancer une pierreラォンセ ユヌ ピエール

という表現になります。

「lancer(ラォンセ)」は、ここでは「〜を投げる」「〜を放つ」という意味の動詞になり、他にロケットなどを「打ち上げる」「発射する」や商品や芸能人など「〜を売り出す」「〜を世に出す」という意味でも使います。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

パワーストーン

フランス語で

pierre de puissanceピエール ドゥ ピュイサォンス

という表現になります。

「puissance(ピュイサォンス)」は「力」「強さ」や「出力」という意味の女性名詞の単語になります。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

輝く宝石

フランス語で

bijou brillantビジュゥ ブリリヨン

という表現になります。

「brillant(ブリリヨン)」は「輝く」「光る」という意味の形容詞になり、ここでは修飾する名詞「bijou(ビジュゥ)」が男性名詞であるため、男性形の形になっています。

【形容詞 brilliantの変化】

  • brillant(ブリリヨン)    男性形  男性名詞を修飾するときの形
  • brillante(ブリリヨントゥ)   女性形  女性名詞を修飾するときの形

男性形と女性形で単語のスペル、発音ともに異なりますので、文章と会話で変化に注意して使いましょう。

⬇️発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️brillantの発音の確認はこちら⬇️

 

⬇️brillanteの発音の確認はこちら⬇️

 

フランス語で「石」を表す単語や関連する表現のまとめ

ここではフランス語で「石」という意味の単語や、「石」に関連するさまざまな単語や表現について紹介をしてきました。

大きく「石」と表現されるものの中には、「岩」や「鉱石」もあれば、大きさが大きい「石」や小さな「石」もあり、正しく伝えようとするとそれぞれの単語や表現をしっかり覚えて使う必要があります。

会話の中で正しく伝え、また正しく理解して聞くために、ここで紹介している単語や表現を覚えて使えるようにしていきましょう。

LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須